お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


百々目色学園御戯レ部 真・女子がほぼ裸のチラシに釣ラレテ見に来たんだがもうダメ限界。〜御伽戯の国のマナブ君〜

公演期間

2017年12月22日 (金) 〜2017年12月24日 (日)

会場

高田馬場ラビネスト

取扱チケット

指定席引換券(前売):3,800円
指定席引換券(学生(U-22)):3,000円
1,000円割引!3,800円 → カンフェティ席2,800円!
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

葵上/班女のチラシ画像

葵上/班女

2017年12月14日 (木) 〜2017年12月17日 (日)

絵空箱

音楽劇「チンチン電車と女学生」のチラシ画像

音楽劇「チンチン電車と女学生」

2017年12月2日 (土) 〜2017年12月3日 (日)

東京芸術劇場 プレイハウス

雀去冬来(チュエ・チュイ・ドン・ライ) すずめ さりて ふゆ きたるのチラシ画像

雀去冬来(チュエ・チュイ・ドン・ライ) すずめ さりて ふゆ きたる

2017年11月30日 (木) 〜2017年12月3日 (日)

座・高円寺2

松風[新制作・日本初演]のチラシ画像

松風[新制作・日本初演]

2018年2月16日 (金) 〜2018年2月18日 (日)

新国立劇場 オペラパレス

ダイハツ キュリオス 東京公演 【土・日・祝日公演】のチラシ画像

ダイハツ キュリオス 東京公演 【土・日・祝日公演】

2018年2月7日 (水) 〜2018年4月8日 (日)

お台場ビッグトップ


公演情報詳細・注意事項

公演内容 〜平凡を愛するマナブ君に突如課せられたのは、絵本の中でドンチャン騒ぎの大冒険〜(!?)
大好きな平凡な世界に戻るために絶対に手に入れなければならない一枚のとある「パンツ」。
それを手にいれるために共に迷いこんだ愛犬・白太郎と共に一癖も二癖もある登場人物たちと協力したり足を引っ張られたりしながら頑張るマナブ君に明かされる、その世界に迷いこんでしまったまさかの真相とはーー。

大阪でたった一度の公演をしたきり沈黙していたプロデュースユニット百々目色学園御戯レ部がまさかの東京初公演!

ドドガクの嬉し恥ずかしの第二回公演は東西の役者達を引き連れて、「赤ずきん」「シンデレラ」「不思議の国アリス」等の童話を題材に、一枚のパンツをめぐる壮大でポップなファンタジーサクセスコメディをお届け!

さらに今回は個性弾けるシンガーやバーレスクダンサーが作中にゲスト出演っ!!
得体のしれない団体に臆すことなく出演してくれるゲストという名の猛者様たちは特設サイト、blogにて随時情報解禁っ!

ーードドガクは間違っても演劇史に爪痕は残しません。でもエグるような爪痕(キオク)をアナタの中に残したいですーー(by主宰)
公演ホームページ http://dodogaku.wixsite.com/dodogaku
出演 小林ウイ笹暮ととchacchaDEW寺村拓也トヨザワトモコ中尾綺夏浜崎正太郎(SEPT) / ナカバシマリナ
スタッフ 原案: イイジマショウタ(劇団ベイビーベイビーベイベー)、中尾綺夏 / 演出: 浜崎正太郎(SEPT) / 舞台監督: ナカバシマリナ、田中新一(東京メザマシ団) / 照明: 小野健(next lighting/壱劇屋) / 音響: 藤原圭佑 / 制作: 野田紅貴(劇団ベイビーレイズベイビーベイベー) / スチール撮影: モリシタエイト / 宣伝美術: せきぐち
公演スケジュール <期間>
2017年12月22日 (金) 〜2017年12月24日 (日)

<公演日・開演時間>
12月22日(19時)
12月23日(13時/18時)
12月24日(12時/16時)
※上演時間 約二時間

チケット 前売:3,800円
当日:4,500円
その他:学生(U-22)3,000円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
指定席引換券(前売):3,800円
指定席引換券(学生(U-22)):3,000円
1,000円割引!3,800円 → カンフェティ席2,800円!
(税込)
会場 高田馬場ラビネスト
備考
団体概要 2014年に関西で旗揚げしたプロデュースユニット。
旗揚げでは女子キャストのみで男子顔負けにパワフルで汗だくでポップでキュート(だったはず)なアイドルオーデション型コメディ「女子がほぼ裸のチラシに釣ラレテ見に来たんだがもうダメ限界。」を上演。有り難くもまさかの連日満員御礼で幕を閉じそこから沈黙の約3年半を経て、色んなご縁に恵まれたりそそのかされたりしたドドガク主宰は東京公演を一大決心。
心強い個性弾ける仲間を引き連れて12月、第二回公演を上演!

関連情報

関連サービス


ページトップへ