お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン オペラ「ホフマン物語」/ジャック・オッフェンバック

詩人ホフマンの3つの恋物語

公演期間

2018年2月28日 (水) 〜2018年3月10日 (土)

会場

新国立劇場 オペラパレス

取扱チケット

先着限定!
S席:21,600円 → カンフェティ特別価格!
A席:16,200円 → カンフェティ特別価格!
B席:10,800円 → カンフェティ特別価格!
(特別価格はチケット購入ページにて公開!)

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

神韻2018日本公演のチラシ画像

神韻2018日本公演

2018年4月17日 (火) 〜2018年5月2日 (水)

文京シビックホール 大ホール

大駱駝艦・天賦典式 「罪と罰」のチラシ画像

大駱駝艦・天賦典式 「罪と罰」

2018年3月17日 (土) 〜2018年3月18日 (日)

新国立劇場 中劇場

それいけ!アンパンマン ミュージカル まもれ!黄金の炎 [文京シビックホール]のチラシ画像

それいけ!アンパンマン ミュージカル まもれ!黄金の炎 [文京シビックホール]

2018年4月6日 (金) 〜2018年4月8日 (日)

文京シビックホール 大ホール

赤道の下のマクベスのチラシ画像

赤道の下のマクベス

2018年3月6日 (火) 〜2018年3月25日 (日)

新国立劇場 小劇場

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜のチラシ画像

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜

2018年10月10日 (水)

渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン
オペラ「ホフマン物語」/ジャック・オッフェンバック
Les Contes d'Hoffmann / Jacques OFFENBACH
全5幕〈フランス語上演/字幕付〉

観るものを幻想の世界へ誘う、詩人ホフマンの3つの恋物語

詩人ホフマンの恋の遍歴を幻想的に描いた『ホフマン物語』。主人公ホフマンの歌う「クラインザックの歌」、オランピアの華麗なコロラトゥーラによる「人形の歌」、本作中最も有名で官能的な「ホフマンの舟歌」など、洒落た美しい音楽が魅力のフランス・オペラ珠玉の名作です。19世紀パリで大活躍したオペレッタの巨匠オッフェンバックは、最晩年に本作品を作曲しました。フィリップ・アルローの独特な色彩感溢れる舞台は、皆様を夢の世界へ誘うことでしょう。

人気テノールのコルチャックをはじめ、ベルキナ、コニエチュニーなど豪華歌手が出演

タイトルロールを歌うのは、2016年「ウェルテル」で一躍脚光を浴び、人気、実力ともに注目のディミトリー・コルチャックです。ニクラウス/ミューズ役にはベルカントのスター、レナ・ベルキナ、悪役4役には世界的なワーグナー・バリトンのトマス・コニエチュニーなど豪華キャストを迎えました。ホフマンが恋する3人の女性には、安井陽子、砂川涼子、横山恵子という日本を代表するソプラノ歌手が出演します。指揮は、フランス音楽の正統派指揮者セバスティアン・ルランが務めます。

ものがたり
【第1幕(プロローグ)】歌劇場の隣の酒場で、歌姫ステッラを待つホフマンは友人のニクラウス達に、三つの失恋物語を語り始める。

【第2幕】オランピアは科学者スパランツァーニが作った自動人形。人形師コッペリウスに売りつけられた不思議な眼鏡をかけると、その人形が生きているように見え、すっかり夢中になったホフマンは愛を告白。ホフマンと狂ったようにワルツを踊ったあげく、オランピアはコッペリウスに壊されてしまう。ホフマンはこの時初めて、彼女が人形だったことを知る。

【第3幕】楽器職人クレスペルの娘アントニア。名歌手だった母譲りの素養を持っていたが、胸を病み父親から歌うことを禁じられていた。しかし、悪魔のような医者ミラクルが亡き母親の亡霊を呼び寄せ、アントニアが歌うよう誘惑する。歌い続けるアントニアは、ついに死んでしまった。

【第4幕】ヴェネツィアの娼婦ジュリエッタ。彼女は魔術師ダペルトゥットからホフマンを誘惑して影を盗めと命じられていた。賭けですべてを失ったホフマンは魂と命と影をジュリエッタに渡してしまう。恋敵シュレーミルと決闘して勝利するが、当のジュリエッタは下僕と駆け落ちする。

【第5幕(エピローグ)】酒場。数奇な愛の遍歴を語り終えたホフマンの元に歌姫ステッラが現れるが、彼女の崇拝者である上院議員リンドルフと腕を組んで立ち去る。酔いつぶれたホフマンは詩の女神ミューズの幻影を見る。

★《3月10日(土) 14:00公演はレクチャー付!》
ご観劇前に、作品の見どころ聴きどころなどを新国立劇場の音楽スタッフによる解説を付けてご案内!
また1,000円相当のプログラム付!
この機会をぜひご利用ください。
・3月10日(土) 14:00公演のチケットが対象となります。
・当日のスケジュールについてはチケット券面でご確認ください。
公演ホームページ http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_009640.html
出演 ホフマン: ディミトリー・コルチャック / ニクラウス/ミューズ: レナ・ベルキナ / オランピア: 安井陽子 / アントニア: 砂川涼子 / ジュリエッタ: 横山恵子 / リンドルフ/コッペリウス/ミラクル/ダペルトゥット: トマス・コニエチュニー / アンドレ/コシュニーユ/フランツ/ピティキナッチョ: 青地英幸 / ルーテル/クレスペル: 大久保 光哉 / スパランツァーニ: 晴雅彦 / シュレーミル: 森口賢ニ / アントニアの母の声/ステッラ: 谷口睦美 / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
スタッフ 指揮: セバスティアン・ルラン / 演出・美術・照明: フィリップ・アルロー / 衣裳: アンドレア・ウーマン / 振付: 上田遙
公演スケジュール <期間>
2018年2月28日 (水) 〜2018年3月10日 (土)

<公演日・開演時間>
02月28日(水) 18:30
03月03日(土) 14:00 託児サービス利用可
03月06日(火) 14:00 託児サービス利用可
03月10日(土) 14:00 ★レクチャー付!

※開場は、開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
※予定上演時間:約3時間45分(休憩含む))
チケット S席:21,600円
A席:16,200円
B席:10,800円
C席:6,480円
D席:3,240円
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
S席:21,600円 → カンフェティ特別価格!
A席:16,200円 → カンフェティ特別価格!
B席:10,800円 → カンフェティ特別価格!
(特別価格はチケット購入ページにて公開!)
会場 新国立劇場 オペラパレス
備考 ※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
団体概要

この公演のクチコミ

この公演にはまだクチコミがありません。
公演クチコミサイトRECにクチコミを投稿しませんか?

関連サービス


ページトップへ