お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団俳小 劇団俳小第43回本公演「袴垂れはどこだ」

公演期間

2017年12月13日 (水) 〜2017年12月17日 (日)

会場

シアターX(シアターカイ)

取扱チケット

全席自由(前売):4,000円
1,000円割引!4,000円 → カンフェティ席:3,000円!
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 どこにいるのか、袴垂れ。
どこへ行くのか、袴垂れ。

平安から室町のいつの時か。圧政に苦しむ寒村の村人たち。
ある日飢えてやせ衰えた旅の坊主がやってきた。
村人の介抱にかかわらず、やがて彼は死んだ。
その際に彼は、いつの日か義賊「袴垂れの党」が現れ、村を救うとの予言を残す。
それ以来、村人たちは袴垂れの到来をいまかと待ち続けているが、いっこうに現れない。
そんな折に、村でとある事件が起こり、村人たちは袴垂れに会うべく、旅に出るが・・・・・・
公演ホームページ http://haishou.co.jp
出演 田中壮太朗山崎薫(ワタナベエンターテインメント) / 【以上2名客演】 / 斎藤真 / 勝山了介大川原直太手塚耕一駒形亘昭佐京翔也宮崎祐介成澤菜穂川崎正絵荒井晃恵小池のぞみ橘颯北郷良廣瀬大智板倉章太郎諸角真奈美松本晟歩 / ※山崎薫の「崎」は正式には旧字。「大」が「立」になります
スタッフ 作: 福田善之 / 演出: シライケイタ(温泉ドラゴン) / 美術: 松村あや / 照明: 阿部康子 / 音響: 木下勝哉 / 音楽: 的場英也 / 振付: 福沢亜希子 / 舞台監督: 大島健司(Pカンパニー) / 衣裳: 中村洋一(東京衣裳) / 宣伝美術: 竹田恒司 / 舞台写真: 平早勉 / 制作: 西本さおり / 主催: 株式会社劇団俳小
公演スケジュール <期間>
2017年12月13日 (水) 〜2017年12月17日 (日)

<公演日・開演時間>
12月13日(水) 19:00
12月14日(木) 14:00/19:00
12月15日(金) 14:00/19:00
12月16日(土) 14:00/19:00
12月17日(日) 14:00
チケット 前売: 4,000円
当日: 4,500円
(全席自由/税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(前売):4,000円
1,000円割引!4,000円 → カンフェティ席:3,000円!
(税込)
会場 シアターX(シアターカイ)
備考
団体概要 昭和46(1971)年、早野寿郎(故人)・小沢昭一等が中心となって活動していた劇団俳優小劇場が解散を余儀なくされた為、演出家・早野寿郎を主宰者として、昭和49年1月現在の劇団俳小が創立された。
ヨーロッパ・アメリカ演劇から、日本の古典、新作、あるいは、詩や小説をそのまま舞台にのせたりと、一定の演劇理念にとらわれず、幅広い演劇活動を続けながら、舞台芸術の原点を探る演劇創造集団として再出発した。
数々の賞を受賞し、また、文化庁主催公演に数多く取り上げられるなど、意欲的な活動を続ける中、近年では、平成2年に藤田傳 作、演出による『檻の中の国境』がNHKニュースにもなり話題となったり、平成7年にジェームス三木 作、演出による『上杉鷹山』を山形県米沢市の協力で上演して注目を浴びたり、平成17年に水上勉 原作、入谷俊一 演出による『金閣炎上』で第17回池袋演劇祭大賞を受賞したりしている。

関連サービス


ページトップへ