お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

泥棒対策ライト 泥棒対策ライト◎12号機設置公演 夕暮れメトロノーム

公演期間

2018年1月31日 (水) 〜2018年2月4日 (日)

会場

浅草九劇

取扱チケット

全席自由(一般):3,800円
全席自由(学生(要学生証呈示)):3,000円
全席自由(台東区民割引(要証明書呈示)):3,300円
全席自由(小〜高校生):1,000円
全席自由(未就学児(3歳以上)):500円
1,000円割引!3,800円 → カンフェティ席2,800円!
【全席自由・税込】

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

ロミオとジュリエット=断罪のチラシ画像

ロミオとジュリエット=断罪

2018年3月20日 (火) 〜2018年3月25日 (日)

スタジオ空洞

BDC THE LIVE Vol. 2 〜 I HAVE A DREAM 〜のチラシ画像

BDC THE LIVE Vol. 2 〜 I HAVE A DREAM 〜

2018年1月26日 (金) 〜2018年1月28日 (日)

渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

久保田万太郎作「夜長」「あしかび」よりのチラシ画像

久保田万太郎作「夜長」「あしかび」より

2018年1月26日 (金) 〜2018年1月29日 (月)

浅草見番

アベサダ:リローデッド〜ゼクシィよりも駆け落ちしましょう〜のチラシ画像

アベサダ:リローデッド〜ゼクシィよりも駆け落ちしましょう〜

2018年1月10日 (水) 〜2018年1月14日 (日)

下北沢 OFFOFFシアター

山の声 ある登山者の追想 〜完全版〜のチラシ画像

山の声 ある登山者の追想 〜完全版〜

2018年1月6日 (土) 〜2018年1月8日 (月・祝)

下北沢「劇」小劇場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 揺れて滲んでまた明日。

終わらないものなんてないんだなとふと立ち止まった午後。
陽は暮れて影が傾いていき、伸びて染まって夜になる。
翌朝には通り過ぎてこんにちは。
止まったつもりも、ぐるんぐるんゆーらゆーら。
昨日と今日も変わらず元気ですか?
もう見えない時間に手を振る、手を振る、体いっぱい持ち上げて。
そうしてきっと何回目かのはじめの一歩。

見落としてしまいそうな心の機微を基に日常を描き続ける泥棒対策ライト。
2016年『一寸先ワルツ』『日々ルルル』『ドラマティック横丁』と立て続けに上演したのち一年ぶりの本公演。
どうにもならない今日と心をダンスと芝居、あの手この手を使って描きます。
公演ホームページ http://dorotai.com/
出演 織田圭祐 / 近藤彩香佐々木富貴子萩原亮介的場祐太 / 依田朋子 / 下司尚実
スタッフ 舞台監督: 筒井昭善 / 照明: 坂本明浩(One Drop Office) / 音響: 島猛(ステージオフィス) / 題字: 安田有吾 / 絵: 田谷野歩 / 宣伝美術: 阿部太一(GOKIGEN) / 写真: 大塚歩 / 記録映像: 大竹正悟
公演スケジュール <期間>
2018年1月31日 (水) 〜2018年2月4日 (日)

<公演日・開演時間>
1月31日(水)19:30
2月1日(木)19:30
2月2日(金)14:00/19:30
2月3日(土)14:00/19:30
2月4日(日)14:00
※上演時間 約90分
チケット 前売
一般:3,800円
学生:3,000円(要学生証提示)
台東区民割引:3,300円(要証明書提示)
小〜高校生:1,000円
未就学児(3歳以上):500円

当日
当日はそれぞれ300円UP
【全席自由・税込】


<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(一般):3,800円
全席自由(学生(要学生証呈示)):3,000円
全席自由(台東区民割引(要証明書呈示)):3,300円
全席自由(小〜高校生):1,000円
全席自由(未就学児(3歳以上)):500円
1,000円割引!3,800円 → カンフェティ席2,800円!
【全席自由・税込】
会場 浅草九劇
備考
団体概要 振付家・演出家・ダンサーの下司尚実による自由形ユニット。
ダンサー、タップダンサー、役者、人形使いなどジャンルを超えた仲間と公演を重ねている。ドラマになりきる前の誰もが感じたり、かすったりしているくすぶりを、独自の動きや言葉、芝居にした作品創りが特徴。その作風は「なんだかよくわからないけど、明日が少し頑張れる」と評判を呼んでいる。
主宰・下司尚実は野田秀樹、近藤良平などの作品にも参加し、その信頼は厚い。

関連情報

関連サービス


ページトップへ