お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

第469回日経ミューズサロン 小澤真智子withグラミー賞受賞ピアニスト アロン・ヤブナイ  旅するヴァイオリン

公演期間

2018年2月19日 (月)

会場

日経ホール

取扱チケット

12名限定!一般3,800円 (全席指定・税込) → 3,200円さらに1,600Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で600Pゲット!(2/16 14時35分更新)

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

山田和樹指揮 東京混声合唱団 音楽で描く世界地図のチラシ画像

山田和樹指揮 東京混声合唱団 音楽で描く世界地図

2018年2月20日 (火)

東京オペラシティ コンサートホール

藤村実穂子 メゾソプラノのチラシ画像

藤村実穂子 メゾソプラノ

2018年2月22日 (木)

青葉区民文化センターフィリアホール

ディミトリ・コルチャック テノール・リサイタルのチラシ画像

ディミトリ・コルチャック テノール・リサイタル

2018年3月15日 (木)

東京オペラシティ コンサートホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 【プログラム】
ピアソラ/ブエノスアイレスの四季(全曲)
ロドリゲス/ラ・クンパルシータ
マルケス/ダンソン 第2番
グアスタビーノ/
ラス・プレセンシアス 第7番 「ロシータ・イグレシアス」
ピシンギーニャ&ラセルダ/
ウン・ア・セロ(1対0)
ヤブナイ/ズリハ
小澤/シャバット・スイートIV
ピアソラ/オブリビオン、リベルタンゴ
公演ホームページ http://www.nikkei-events.jp/concert/
出演 小澤真智子(ヴァイオリン) / アロン・ヤブナイ(ピアノ)
スタッフ 主催: 日本経済新聞社 / 協賛: ファンケル
公演スケジュール <公演日>
2018年2月19日 (月)

<公演日・開演時間>
2018年2月19日(月)18:30開演

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約2時間
チケット 前売:全席指定 一般3,800円 (税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!一般3,800円 (全席指定・税込) → 3,200円さらに1,600Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で600Pゲット!(2/16 14時35分更新)
会場 日経ホール
備考 ※取扱対象公演
2018年2月19日(月)18:30開演
計12名

※未就学児童のご入場はお断りします。
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
団体概要 〜南米音楽の夕べ タンゴ&ビヨンド〜
2015年3月の日経ミューズサロン「小澤真智子NYアーバンタンゴ・トリオ」は完売公演となった。今回は、イスラエル出身でグラミー賞受賞、ラテン・ジャズピアニストであるアロン・ヤブナイとの共演で、ジャンルの壁を超えたダイナミックなピアノとヴァイオリンのデュオの世界を追求する。プログラムの目玉は、ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」。16年に米ワシントンDCにてオーケストラと共演し絶賛され、17年秋米リリースのニューアルバムに収録予定の小澤自身によるピアノとのアレンジが完成。斬新なる四季がおおいに楽しみ。17年は愛され続けたタンゴの名曲ラ・クンパルシータを作曲したロドリゲス生誕120周年の記念の年。
名曲の妙味溢れる演奏も期待されるところ。

小澤真智子Machiko Ozawa(ヴァイオリン):
東京藝術大学卒業後、ロンドン・ギルドホール音楽院にてアーティスト・ディプロマ、ニューヨーク・ジュリアード音楽院にて修士号取得。卒業後、メキシコ・シナロア州立交響楽団第一コンサートマスターとしてメキシコで活躍。プラシド・ドミンゴらと共演。2002年、カーネギーワイルリサイタルホールでソロデビュー以来、NYを拠点に、独自のプロジェクトでオリジナリティ溢れる音楽を追求。独自のスタイル「タップヴァイオリン」を開発。タンゴ・ヴァイオリニストとして、パブロ・シーグレルやアービン・シュロットと共演。08年、自身のタンゴトリオ「URBAN TANGO TRIO」を結成し来日公演も成功させる。15〜16年、米ワシントンDCのS&R財団のアーティスト・イン・レジデンスとして、ケネディセンター等で精力的に演奏活動を展開。米ヤマハのパフォーミングアーティストとして、ヤマハのエレキヴァイオリンYEV-104NTを使用。

アロン・ヤブナイAlon Yavnai(ピアノ):
イスラエル出身。2001年NYに移住。キューバ出身のクラリネット奏者パキート・デ・リベラのピアニストとして活躍した。チェリストのヨーヨー・マと共にブラームス・クラリネット・トリオをカーネギーホールで演奏。08年にはアルバム「Funk Tango」で米グラミー賞を受賞する。ビッグバンドのリーダーとして作曲や編曲を手がけ、これまでに多くのアルバムをリリース。

この公演のクチコミ

日経ホールでタンゴ!

haru - 2018年02月15日

ピアノとヴァイオリンだけのピアャ堰I初めての演奏者です。日経ミューズサロンは間違いないので楽しみです。

ヴァイオリンとジャズピアノ★★★★★

たつのすけ28号 - 2018年02月16日

ヴァイオリンとジャズピアノ、そしてタンゴ。 とても楽しそうな企画ですね。仕事帰りに楽しみたいです。

アロン・ヤブナイのピアャ★★★★★

たっちゃん - 2018年02月18日

アロン・ヤブナイのピアャ堰uブエノスアイレスの四季」が楽しみ!

タンゴヴァイオリニストとジャズピアニスト★★★★★

たつのすけ28号 - 2018年02月18日

タンゴヴァイオリニストの小澤真智子さんとジャズピアニスト アロン・ヤブナイとの共演。とても楽しみです。

すべてのクチコミを見る >(公演クチコミサイトRECに移動します)

関連情報

関連サービス


ページトップへ