お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

託児8周年

メインチラシ画像

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団 「眠れる森の美女」「リーズの結婚」

これぞ英国バレエの真髄!3年ぶりの来日!

公演期間

2018年5月18日 (金) 〜2018年5月27日 (日)

会場

東京文化会館(大ホール)

取扱チケット

S席:19,000円
A席:17,000円
B席:15,000円
C席:12,000円
D席:9,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜のチラシ画像

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜

2018年10月10日 (水)

渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

ロシア・バレエ・ガラ2018のチラシ画像

ロシア・バレエ・ガラ2018

2018年9月1日 (土) 〜2018年9月2日 (日)

文京シビックホール 大ホール

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』来日公演 2018のチラシ画像

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』来日公演 2018

2018年8月15日 (水) 〜2018年8月26日 (日)

東急シアターオーブ

ロイヤル・エレガンスの夕べ 2018のチラシ画像

ロイヤル・エレガンスの夕べ 2018

2018年8月30日 (木) 〜2018年9月1日 (土)

めぐろパーシモンホール 大ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 目覚めたらそこは、英国の香りあふれる夢の世界。

“ロイヤル・バレエ・ファミリー”ならではの、自慢の二つのプログラム!

英国が誇る2大バレエ団の一つ、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団(BRB)が、3年ぶりの来日をはたします。今回披露されるのは、ロイヤル・バレエ団の姉妹カンパニーとして英国独自のバレエ文化を築きあげてきたBRBならではの2つのプログラム。一つは、ロシアで生まれたクラシック・バレエをヨーロッパでいち早く受け継いだ英国が、古典の継承者を任じて“十八番”と誇る「眠れる森の美女」。そして清々しい美に溢れたダンス・シーンを満載しながら、ウィットに富むコミカルな芝居で物語を大団円へと結ぶ、英国のもうひとつの伝統──演劇性をご堪能いただける、フレデリック・アシュトンの代表作の一つ「リーズの結婚」です。

かつてロイヤル・バレエ団のトップ・プリマとして絶大な支持を受け、同じロンドンのイングリッシュ・ナショナル・バレエに移籍してなおも愛され続けるアリーナ・コジョカルが「眠れる森の美女」に、またパリ・オペラ座バレエ団でいま絶頂期のエトワールとして輝いているマチアス・エイマンが「リーズの結婚」にゲスト出演。BRBの実力派プリンシパルたちも、身に染みついた英国的なスタイルを、優雅さと威厳、清々しさをもって魅せてくれるはずです。これぞ英国バレエの真髄とよべる豪華で美しい舞台をご堪能ください。


◆◆◆英国バレエの伝統いきづく、これぞ“ロイヤル”の誇り!◆◆◆
「眠れる森の美女」全3幕プロローグ付
振付:ピーター・ライト/マリウス・プティパ
音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー

05月18日(金) 18:30
オーロラ姫:アリーナ・コジョカル / 王子:マチアス・ディングマン
05月19日(土) 14:00
オーロラ姫:デリア・マシューズ / 王子:ブランドン・ローレンス
05月20日(日) 14:00
オーロラ姫:アリーナ・コジョカル / 王子:マチアス・ディングマン

童話をもとにしながらも、クラシック・バレエの中でもっとも豪華にして様式美にあふれた「眠れる森の美女」。英国ではロイヤル・バレエ団が創設時から、ロシアから受け継いだ伝統を磨き上げ、自慢のレパートリーとしています。

英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の芸術監督を長らく務めたピーター・ライトによるこの演出版は、そのロシア=英国の伝統に連なる正統派のヴァージョン。深みのある黄金色で彩られた重厚な舞台美術のなかで、クラシックの純粋なスタイルと美そのものを魅せます。オーロラ姫を守るリラの精を、ロシアの古い上演にのっとってカラボスと同様のマイム役としたことは、古典を尊重するライトならではの”復興“。またオーロラ姫が王子のキスで目覚めた後に、二人の美しいパ・ド・ドゥがヴァイオリンの独奏にのって踊られる場面は、この演出ならではの見どころの一つです。

今回の公演では、愛らしさと深みのある演技でバレエ・ファンの心をつかんで離さないアリーナ・コジョカルがゲストで出演。またバーミンガムを代表するダンサーたちが、十八番の作品で華を競います。

【あらすじ】
王と王妃は、オーロラ姫の命名式に妖精たちを招いたが、ただ一人カラボスだけを忘れていた。憤慨したカラボスは糸紡ぎの“つむ”(心棒)を祝いとして贈る。姫はやがてその針で指を刺して死ぬという呪いをかけて…。だがリラの精は、姫は死ぬのではなく眠り続け、百年後に王子のキスで目覚めると告げる。時が過ぎ、姫の誕生日に4人の王子が求婚に来るが、カラボスのたくらみによって、姫は呪い通りに針に刺されて崩れ落ちる。リラの精は約束を果たすために城全体に魔法をかけ眠らせる。

百年後、若い王子が森にやってくる。リラの精が姫の幻を見せると、彼は姫のもとに連れていくよう懇願し、森の奥深くの城で姫を見つけるとキスをして彼女を目覚めさせる。王子とオーロラ姫の婚礼の祝いが行われ、おとぎ話の登場人物たちの踊りや王子と姫のパ・ド・ドゥが踊られる。全員によるグランドフィナーレで、あたりは歓喜に包まれる。


◆◆◆ロイヤル・スタイルで贈る、 見ればぜったい幸せになれるバレエ!◆◆◆
「リーズの結婚」全2幕
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:フェルディナン・エロール

5月25日(金)19:00
リーズ:平田 桃子 /コーラス:マチアス・エイマン
5月26日(土)14:00
リーズ:セリーヌ・ギッテンス / コーラス:タイロン・シングルトン
5月27日(日)14:00
リーズ:平田 桃子 /コーラス:マチアス・エイマン

愛らしいダンスの数々と、笑いに満ちた芝居。それらを包み込む、英国画家コンスタブルが描く絵にも似た詩的な田園風景。見ればぜったいハッピーになれるバレエ。それが「リーズの結婚」です。勝気な少女リーズが、彼女を大農園主の息子と結婚させたい母親を出しぬいて、恋人コーラスとの結婚にめでたくこぎつけるまでの騒動を描きます。

もとは18世紀末、南仏で生まれた歴史的なバレエですが、英国バレエの創始者フレデリック・アシュトンによってさまざまなアイデアを盛りこまれて現代に蘇りました。リーズと恋人コーラスが愛を奏でる、リボンを使った技巧的で美しいパ・ド・ドウ。その愛の主題は、やがて収穫祭の華やかなリボンのダンスに展開されていきます。ゆかいな脇役も登場。強圧的だけど、祭りではみごとな木靴のタップダンスで沸かせる母親シモーヌ(男性が演じます)。オツムが少々弱いのに威張りやで、でも愛用の傘だけが友だちの寂しがりやの婚約者アラン。そして、みごとな超絶技巧ダンスで幕開けを飾る雄鶏(おんどり)と雌鳥(めんどり)たち! 初演当初から大人気を博した、英国が誇る自慢のバレエをどうぞお楽しみください。

【あらすじ】
裕福な農園主の一人娘リーズはコーラスと恋仲。リーズの母親の目を盗んでは、お互いの愛を確かめ合っている。そこにぶどう園主が息子アランと一緒にやってきて、リーズを嫁にほしいと申し入れる。母親シモーヌは大歓迎。リーズはもちろん大迷惑! アランはちょっと頭が弱くて、おかしな事ばかりするのだから。収穫祭の場で、リーズはアランに恋人コーラスの存在を宣言。アランは農夫たちにからかわれてひどい目に合う。それでも母のシモーヌは許さない。家に閉じ込められて仕事を言いつけられるリーズ。そこに忍び込むコーラス。アランも父親とやってきて、いよいよリーズとの結婚の契約が交わされるが…。
公演ホームページ http://www.nbs.or.jp/stages/2018/brb/index.html
出演 アリーナ・コジョカル(イングリッシュ・ナショナル・バレエ) / マチアス・エイマン(パリ・オペラ座バレエ団) / ツーチャオ・チョウマチアス・ディングマンサマラ・ダウンスセリーヌ・ギッテンス平田桃子イアン・マッケイデリア・マシューズセザール・モラレスジェンナ・ロバーツ佐久間奈緒タイロン・シングルトンブランドン・ローレンス
スタッフ 芸術監督/振付家: デヴィッド・ビントリー
公演スケジュール <期間>
2018年5月18日 (金) 〜2018年5月27日 (日)

<公演日・開演時間>
05月18日(金) 18:30★
05月19日(土) 14:00★
05月20日(日) 14:00★
05月25日(金) 19:00☆
05月26日(土) 14:00☆
05月27日(日) 14:00☆
★:「眠れる森の美女」
☆:「リーズの結婚」
※公演日毎に演目が異なります。

※開場は、開演の40分前です。
チケット S席:19,000円
A席:17,000円
B席:15,000円
C席:12,000円
D席:9,000円
(全席指定・税込)

※カンフェティでのサタデー親子券、エコノミー券、学生券、ペア割引、親子ペア割引の取扱はございません。

<カンフェティ取扱チケット>
S席:19,000円
A席:17,000円
B席:15,000円
C席:12,000円
D席:9,000円
(全席指定・税込)
会場 東京文化会館(大ホール)
備考 ※未就学児童のご入場はお断りします。
※記載の配役は2017年11月22日現在の予定です。ダンサーの怪我、カンパニーの都合等で変更になる場合がありますので、ご了承の上、チケットをお求めください。出演者変更にともなうチケットの払い戻し、公演日・券種の変更はお受けできません。正式な配役は公演当日に発表いたします。
団体概要

関連サービス


ページトップへ