お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

特定非営利活動法人チームいただきます/一粒萬倍制作委員会 日本の美と心を伝えるプロジェクト 一粒萬倍 A SEED

公演期間

2018年5月14日 (月) 〜2018年5月15日 (火)

会場

観世能楽堂

取扱チケット

SS席(前売):12,000円
S席(前売):10,000円
A席(前売):8,500円
B席(前売):7,500円
C席(前売):5,500円
C席(学生):4,000円
(税込)

  • 追加販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊るのチラシ画像

ベートーヴェン交響曲第5番『運命』全楽章を踊る

2018年6月22日 (金) 〜2018年6月24日 (日)

スパイラルホール

東京能楽囃子科協議会定式能 九月夜能のチラシ画像

東京能楽囃子科協議会定式能 九月夜能

2018年9月12日 (水)

国立能楽堂

ESTAMOS AQUIのチラシ画像

ESTAMOS AQUI

2018年5月12日 (土)

横浜市戸塚区民文化センター さくらプラザホール

能舞音楽劇 「義経記」のチラシ画像

能舞音楽劇 「義経記」

2018年6月16日 (土)

ティアラこうとう 大ホール

関内寄席ねくすとvol.4のチラシ画像

関内寄席ねくすとvol.4

2018年8月5日 (日)

横浜市吉野町市民プラザ


公演情報詳細・注意事項

公演内容 2017年1月、ロサンゼルス上演で喝采を受けた舞台が再び日本で上演!八百万の神々と五穀の種である稲穂が誕生するまでのストーリーを、能・狂言・日本舞踊・現代舞踊・生け花が一つにつながり、八百万の神々と稲穂が誕生するまでの物語を、邦楽囃子・笛・筝・チェロ・バイオリンによるライブ演奏のなか繰り広げる、豪華絢爛ビジュアル絵巻。国内最高峰の演者が織りなす奇跡の共演を実現しました。

公演ホームページ http://itadakimasu.tv/
出演 [能楽]観世流シテ方: 八田達弥(重要無形文化財(総合指定)保持者) / 観世流シテ方: 武田文志 / 和泉流狂言方: 高澤祐介(重要無形文化財(総合指定)保持者) / [日本舞踊]: 泉秀樹(泉流三代目家元)、泉秀彩霞、花柳茂義実、鈴木ちなみ、西川綾乃、玉利麻衣子、木倉直美 / [現代舞踊]: 金光進陪(全日本ラテンアメリカンチャンピオン)、松本希望、横山晴巳、曽又奈々、肥後芳美 / [花生け]: 宮永英之 / [演奏]小鼓: 望月左武郎 / 和太鼓: 石塚由有、大川真史、本山游平(太鼓プロジェクトindra-因陀羅) / 大皷: 重草由美子 / 能管/笛: 鳳聲晴久 / 尺八: 原郷界山 / 箏: 日吉章吾 / チェロ: 谷口賢記 / バイオリン: 那須亜紀子 / 特別演奏: 千人皷の会 / 一粒万倍
スタッフ 演出: 松浦靖 / 振付け: 八田達弥、泉秀樹、金光進陪、石原正敏 / 音楽: 石塚由有、織川ヒロタカ / 照明: (株)ライトスタッフ / 一粒万倍
公演スケジュール <期間>
2018年5月14日 (月) 〜2018年5月15日 (火)

<公演日・開演時間>
2018年5月14日(月)19時
2018年5月15日(火)14時/19時

※上演時間:約2時間
※開場は開演の30分前
チケット 前売:SS席 12,000円 S席 10,000円 A席 8,500円 B席 7,500円 C席 一般5,500円 C席 学生 4,000円
当日:SS席 12,000円 S席 10,000円 A席 8,500円 B席 7,500円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
SS席(前売):12,000円
S席(前売):10,000円
A席(前売):8,500円
B席(前売):7,500円
C席(前売):5,500円
C席(学生):4,000円
(税込)
会場 観世能楽堂
備考
団体概要 「いただきます」の言葉に込められた私達日本人の感謝の心、精神性、伝統を日本と他国の人たちと共有できる情報やコンテンツを提供し、豊かな社会づくりに貢献して行きます。 「いただきます」で日本と世界を笑顔で繋げていきたいと思います。

この公演のクチコミ

何度でも見たい!日本神話の世界★★★★★

Atsuko Hotta - 2018年03月29日

ロサンゼルス公演を観ました。 現地では、「もう一度見たい!」という声がアメリカ人からも日本人からも異口同音に聞かれました。日本人として外国人に自慢したくなるようなとびきりかっこいい日本文化と神話の世界です。 異ジャンルのコラボでありながらチープな感じが全くないのは、すべての演者がそれぞれ...

すべてのクチコミを見る >(公演クチコミサイトRECに移動します)

関連情報

関連サービス


ページトップへ