お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

ASSH Annex #1 君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ

公演期間

2018年3月24日 (土) 〜2018年4月1日 (日)

会場

サンモールスタジオ

取扱チケット

S席:(前方二列)6,300円 A席:4,800円(税込)
※最前列はちび椅子となります

  • 先着先行

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

3月の週末を素敵にする演劇「アワーグラスと桜の木」★当日引換券★のチラシ画像

3月の週末を素敵にする演劇「アワーグラスと桜の木」★当日引換券★

2018年3月24日 (土) 〜2018年3月25日 (日)

座・高円寺2

月に歌えばのチラシ画像

月に歌えば

2018年3月28日 (水) 〜2018年4月1日 (日)

シアターグリーン BOXinBOX

立川談笑 月例独演会 其の191回のチラシ画像

立川談笑 月例独演会 其の191回

2018年4月1日 (日)

東京芸術劇場 シアターイースト

春暁−しゅんぎょう−【前売一般・学割】のチラシ画像

春暁−しゅんぎょう−【前売一般・学割】

2018年3月29日 (木) 〜2018年4月2日 (月)

「劇」小劇場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 白き肌に紅き眼を持ち白子として生まれた白狐丸は仲間の外道丸とともに「鬼」と呼ばれ、さすらっていた。

ある時、土蜘蛛(つちぐも)との戦いで実の妹を亡くした上に実の父をその手で斬り、傷を癒すことのできず外道丸の元を離れ、白狐丸は消息を絶った。
そして一方で、白狐丸の物語を語り継ぐ謎の女がいた。その女の前に姿を見せた盲目の男と謎の少年。
二人に女が語る白狐丸の物語・・・。

白狐丸が消息を絶った後、外道丸と和泉は白狐丸を探して旅を続けていたが、若狭国で「白き鬼」が現れるという噂を耳にし、刀鍛冶の吠丸と再会して「白き鬼」を待ち伏せする。
そこに姿を見せたのはまごう事なき白狐丸だったのだが・・・

「俺は・・・白鬼(びゃっき)」

自らを「鬼」と名乗った白狐丸に驚く外道丸。

闇に落ちた白狐丸は、元に戻れるのか。

外道丸と和泉の2人が訪れていた若狭国には、戦乱に明け暮れる都より逃れてきた謎の陰陽師 土御門元徳(つちみかど げんとく)がいた。若狭国を手に入れようとする野心家の逸見昌経(へんみまさつね)は、政敵を暗殺しようと土御門に持ちかけ内紛が勃発する。

逸見と政略結婚した幼なき妻の玉依(たまより)は暴走する逸見を止められなく苦悩し、また陰陽師 土御門の術を破ることのできるという弓の名手の烏摩勒伽(うまろきゃ)、その弟子の荼毘(だび)も現れ若狭国をめぐる内紛が白狐丸と外道丸を巻き込んでいく…。

盲目の男、謎の少年、女…全員の正体がわかったとき、運命の歯車が動き出す。

叫べ。そのサガの在るが儘に・・・。
公演ホームページ https://assh-annex.wixsite.com/kimisaga
出演 小栗諒(ASSH) / 瀬戸啓太 / ヒロヤ(ASSH) / 夏目愛海紅葉美緒持田千妃来門野翔(@emotion) / 高橋茉琴一条龍之介(TRIBE) / 南千紗登(アイドルカレッジ) / 新木美優菅本いくみ小倉江梨花(ASSH) / 花岡芽佳(ASSH) / 丸山雷電(ASSH) / 梅田祥平(ASSH-Next) / 石原麗相原美月廣野凌大渡井瑠耶大田早紀(ASSH-Next) / 梅原サエリ田中宏輝増田悠那(アイドルカレッジ) / 駒江由香熊谷里音
スタッフ 公式HPにてご確認ください
公演スケジュール <期間>
2018年3月24日 (土) 〜2018年4月1日 (日)

<公演日・開演時間>
2018年3月24日〜4月1日 全14公演 (一部ダブルキャスト)
24(土)18時〜(a)
25(日)13時〜(b)/18時〜(b)
26(月)19時〜(a)
27(火)14時〜(a)/19時〜(b)
28(水)14時〜(b)/19時〜(a)
29(木)19時〜(a)
30(金)19時〜(b)
31(土)13時〜(a)/18時〜(b)
1(日)12時半〜(b)/16時半〜(a)
チケット S席:(前方二列)6,300円 A席:4,800円(税込)
※最前列はちび椅子となります

<カンフェティ取扱チケット>
S席:(前方二列)6,300円 A席:4,800円(税込)
※最前列はちび椅子となります
会場 サンモールスタジオ
備考
団体概要 「ACTOR'S TRASH」は、「ゴミ溜めから花束を」という詩が元になっている。
“名もない集団が「花」を咲かせて行く”というコンセプトのもと結成され、
旗揚げ当初は演劇の経験のないメンバーが中心だった。
「ASSH」は造語で「ACTOR'S TRASH」を省略して『ASSH』と表記している。

2002年旗揚げ

この公演のクチコミ

この公演にはまだクチコミがありません。
公演クチコミサイトRECにクチコミを投稿しませんか?

関連サービス


ページトップへ