お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

メインチラシ画像

「熱海殺人事件」CROSS OVER 45

公演期間

2018年2月17日 (土) 〜2018年3月5日 (月)

会場

紀伊國屋ホール

取扱チケット

28名限定!6,500円(全席指定・税込) → 5,500円 さらに3,000Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で1,000Pゲット!(2/22 19時00分更新)

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 新春です!つかです!熱海です!
つかこうへい復活祭!

1973年に文学座に書き下ろされ、発表された「熱海殺人事件」はつかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、 つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれる程になった。東京に出て来たら、紀伊國屋でつかこうへいの熱海を見る!!当時の学生達のあこがれの演劇だった。
つかこうへい事務所解散後も、1986年に映画化、1989年の演劇活動再開時も、紀伊國屋ホールでの「熱海殺人事件」だけは、本人の手で上演され続けてきた作品である。
タイトルを「売春捜査官」「モンテカルロイリュージョン」などと、変化しながら「熱海殺人事件」は紀伊國屋ホールで上演され続けた。主演も、三浦洋一、風間杜夫をはじめ、阿部寛、池田成志、山崎銀之丞、馬場徹 など、名だたる俳優陣が、歴史を作って来た。
これまで約40年間、紀伊國屋ホールだけで350ステージ以上を数え、15万人を動員している。
2010年、つかこうへいは肺ガンで永遠の眠りについた。
演劇界の巨匠が宇宙へと旅立った。
しかし、紀伊國屋の「熱海殺人事件」は終わらない。
今年は45周年記念作品。今回のテーマはクロスオーバー。
演出は、日本エンタテインメント演劇の巨匠、つかこうへいの懐刀、岡村俊一があたる。
 この作品だけは、つかこうへいの遺志として、キャスト・スタッフも変貌を遂げながら上演し続ける予定である。
「熱海殺人事件」は生き続ける。
公演ホームページ http://ow.ly/LtqH30hq6IL
出演 味方良介木アゆりあ敦貴(α-X's/Wキャスト) / 匠海(α-X's/Wキャスト) / 石田明
スタッフ 作: つかこうへい / 演出: 岡村俊一
公演スケジュール <期間>
2018年2月17日 (土) 〜2018年3月5日 (月)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演対象
02月17日(土) 18:00◎
02月21日(水) 13:00◎
02月22日(木) 19:00◎
02月23日(金) 19:00●
02月24日(土) 18:00◎
03月01日(木) 19:00●
03月02日(金) 19:00●
各4名 計28名

【大山金太郎Wキャスト】※2人共全公演出演いたします
◎:匠海
●:敦貴

※開場は開演の30分前
チケット 6,500円(全席指定・税込)


<理由あってなっトク価格!チケット>
28名限定!6,500円(全席指定・税込) → 5,500円 さらに3,000Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で1,000Pゲット!(2/22 19時00分更新)
会場 紀伊國屋ホール
備考 ※未就学児入場不可
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ