お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード新規入会で一生分のチケットが当たる!

メインチラシ画像

Theatre Company カクシンハン ハムレット

公演期間

2018年4月14日 (土) 〜2018年4月22日 (日)

会場

シアターグリーン BIG TREE THEATER

取扱チケット

S席:6,500円
A席:5,500円
U22席:3,500円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

立川談笑 月例独演会 其の194回のチラシ画像

立川談笑 月例独演会 其の194回

2018年7月15日 (日)

国立演芸場

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜のチラシ画像

立川志らく 落語大全集 <2018年:秋> 〜テーマ:色〜

2018年10月10日 (水)

渋谷区立文化総合センター大和田 伝承ホール

観世九皐会 若竹能7月公演のチラシ画像

観世九皐会 若竹能7月公演

2018年7月22日 (日)

矢来能楽堂


公演情報詳細・注意事項

公演内容 ■あらすじ
「穢れなき魂とは何か?」を観るものに突き付け、数々の名台詞を生んだシェイクスピア悲劇の最高傑作。

叔父に毒殺された、と王子ハムレットに告げる変死した父親の亡霊。叔父への復讐を固く誓い、真実を掴むために装った狂気は、やがて本物の狂気となって国中を大混乱に巻き込んでいく。非業の死を遂げる美しい恋人オフィーリア。その怒りに燃える兄レアティーズ。戦争で父親を失い、隣国から進軍してくる王子フォーティンブラス。復讐が復讐を呼び、滅びと喪失が当たり前になった世界で、愛するものを失い続けるものたちの、伸ばした手の先にある光とは・・・


「憶測は時に事実を超える」
公演ホームページ http://kakushinhan.org/
出演 河内大和真以美岩崎MARK雄大のぐち和美(以上、カクシンハン) / 有田杏子(劇団鹿殺し・野生児童) / 伊藤壮太郎(オーチャード) / 小田伸泰(俳優座) / 大洞雄真兼本得義(俳優座) / 小林春世(演劇集団キャラメルボックス) / 里村孝雄鈴木彰紀(さいたまネクスト・シアター) / 島田惇平(スターダストプロモーション) / 高橋克明(文学座) / 高橋司 / 竹本優介寺田みなみ遠山悠介西村蒼二ノ戸新太宮田幸輝(山田ジャパン・株式会社レジェンドステージ) / 吉村健洋(イッツフォーリーズ) / ※五十音順
スタッフ 美術: 乘峯雅寛(文学座) / 照明: 中山奈美 / 音響 : 林あきの / 映像 : 松澤延拓 / 演出補・ステージング: 河内大和 / 演出助手: 木内希 / 舞台監督: 中井尋央(ステージワークURAK) / コーディネーター: 岩崎MARK雄大 / 票券: 島崎翼 / 制作: 北田万里子(カクシンハン) / 宣伝・PR・クリエイティブディレクション: 佐藤りんだ with L.LovesR. / キョウハンシャ: 丸山夏歩原川浩介高尾萌子Sunny冨山望 / 書生: 井上哲 / 企画・製作: カクシンハン / プロデューサー: 木村龍之介 / 主催 : カクシンハン株式会社トゥービー
公演スケジュール <期間>
2018年4月14日 (土) 〜2018年4月22日 (日)

<公演日・開演時間>
4月14日 土 14:00★ 19:00
4月15日 日 13:00☆ 18:00
4月16日 月 19:00
4月17日 火 14:00★ 19:00
4月18日 水 19:00
4月19日 木 14:00★
4月20日 金 14:00 19:00
4月21日 土 13:00 18:00
4月22日 日 13:00
☆イベント予定
★アフタートーク予定
※イベント・アフタートーク詳細は特設HPにてご確認下さい。


イベントについて
https://www.1101.com/gakkou_event/kakushinhan/2018-02-23.html


アフタートークについて
http://kakushinhan.org/
チケット S席:6,500円
A席:5,500円
U22席:3,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:6,500円
A席:5,500円
U22席:3,500円
(全席指定・税込)
会場 シアターグリーン BIG TREE THEATER
備考
団体概要 木村龍之介が主宰する演劇集団。現在のメンバーは演出家・木村龍之介、俳優・河内大和、真以美、岩崎MARK雄大、のぐち和美。情報の多様化した現代にこそ際立つエンターテイメントとしてシェイクスピア戯曲の連続上演を行い、注目を集めている。2016年度シアター風姿花伝プロミシングカンパニーに選出。「ヘンリー六世 三部作」「リチャード三世」の同時上演で2700人を動員。東京芸術劇場に「マクベス」で進出後、吉祥寺シアターで「タイタス・アンドロニカス」を上演。シェイクスピアの本質を追求した創作で、The Japan Timesの特集記事、「中央公論」、シェイクスピア学会誌、糸井重里氏の「ほぼ日」など、国内外の様々なメディアに取り上げられている。

この公演のクチコミ

この公演にはまだクチコミがありません。
公演クチコミサイトRECにクチコミを投稿しませんか?

関連情報

関連サービス


ページトップへ