お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

日経公演事務局 第477回日経ミューズサロン ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団 日本デビュー・リサイタル

公演期間

2018年10月10日 (水)

会場

日経ホール

取扱チケット

全席指定(前売):3,800円(税込)

  • 追加販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 【プログラム】
ハイドン/弦楽四重奏曲 第77番 ハ長調作品76-3 Hob.3(3はローマ数字)-77「皇帝」、
モーツァルト/弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387「春」、
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第7番 へ長調 作品59-1「ラズモフスキー第1番」
※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
公演ホームページ http://www.nikkei-events.jp/concert
出演 ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(第1ヴァイオリン) / ベンジャミン・モリソン(第2ヴァイオリン) / ゲルハルト・マルシュナー(ヴィオラ) / ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク(チェロ)
スタッフ 主催: 日本経済新聞社 / 協賛: ファンケル
公演スケジュール <公演日>
2018年10月10日 (水)

<公演日・開演時間>
2018年10月10日(水) 18:30開演

※開場は、開演の30分前です。
チケット 前売:3,800円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):3,800円(税込)
会場 日経ホール
備考
団体概要 ウィーン・フィルの創始者「オットー・ニコライ」の名前に由来し、その名を冠するに相応しい伝統を引き継ぎ、そして進化させるために結成された、ウィーン室内楽の最高の薫陶を受けた弦楽四重奏団。全メンバーがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団そして、ウィーン国立歌劇場で演奏を重ねるが故の、その経験から織りなすサウンドはまさにウィーンの鼓動。日本初公演となる今回は、最も彼らが心血を注ぎ、手中に収めるウィーン楽派の作品。新たなる「ウィーンの響き」をお聴き逃しなく!

ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団 Wien Nicolai Quartett:
ウィーンを拠点に演奏を重ねたメンバーで結成された「ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団」。室内楽の最高の薫陶を受けた弦楽四重奏団である。主にウィーン楽派そしてウィーンにおける初期のロマン派の音楽〜ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスなど〜をレパートリーに様々な作品に取り組んでいる。ソリストや室内楽の経験はもちろん、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン国立歌劇場でのオーケストラ奏者として活躍するメンバーひとり一人の経験が、とても豊かでそして印象深いサウンドを創りあげている。ウィーン国立歌劇場におけるウィーン・フィルハーモニー室内楽シリーズでの公演だけでなく、ヨーロッパやアジアなど各地の音楽祭、公演を重ね、北京国立劇場の中国国家大劇院や上海の上海東方芸術センターなどの公演も高い評価を受けている。

関連サービス


ページトップへ