お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード3周年

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


有限会社劇団かかし座 3人の魔法つかいが繰り広げる、カラフルで不思議な影絵劇!! 魔法つかいのおとぎばなし

公演期間

2018年9月2日 (日)

会場

宝塚ソリオホール

取扱チケット

前売:大人:1,800円、中学生以下:1,500円
※0〜2歳児入場無料
(全席自由・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

アンダルシアの風 〜音楽と舞〜のチラシ画像

アンダルシアの風 〜音楽と舞〜

2018年7月22日 (日)

横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール

第13回奥川恒治の会のチラシ画像

第13回奥川恒治の会

2018年9月30日 (日)

宝生能楽堂

大人のけんかが終わるまでのチラシ画像

大人のけんかが終わるまで

2018年7月10日 (火)

岩手県民会館大ホール

サンクトペテルブルグ国立舞台サーカス【相模女子大学グリーンホール】のチラシ画像

サンクトペテルブルグ国立舞台サーカス【相模女子大学グリーンホール】

2018年7月25日 (水)

相模女子大学グリーンホール 大ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 世界の不思議な魔法つかいのお話2編を、美しい影絵でお届けします。
「魔法つかいビーストと少年ウィリー」(アメリカの昔話)
少年ウィリーが森の中を歩いていると、恐ろしい笑い声が聞こえてきました。そう、ウィリーを狙う魔法つかい「ビースト」が現れたのです! ウィリーの運命やいかに!
「魔法の呪文、ムタボール!」(ペルシャの昔話)
どんな動物にも姿を変えられる魔法の薬を手に入れた王様は、早速コウノトリに変身! でも気をつけて! 変身中は決して笑ってはいけません。魔法の呪文を忘れて、二度と元の姿には戻れなくなってしまうのです。それなのに、ついつい笑ってしまったからさあ大変…。
お話の後は、参加型の手影絵体験コーナーもありますよ。影絵の世界にいらっしゃいませ!
さらに、終演後の特別企画「『影絵のひみつ』大公開!」もお楽しみに!
公演ホームページ http://www.kakashiza.co.jp/index.html
出演 劇団かかし座
スタッフ 脚色・構成・演出: 花輪充 / 音楽: 石川洋光 / 舞台美術: 齋藤浩樹 / 衣装: 小林巨和 / 影絵美術監修: 後藤圭 / 影絵美術製作: 劇団かかし座 美術部 / 音響プラン: 都藤守(Sound Method) / 照明プラン: 金子佳裕(シアター・ブレーン) / 制作: 劇団かかし座 企画営業部
公演スケジュール <公演日>
2018年9月2日 (日)

<公演日・開演時間>
2018年9月2日(日) 10:30/13:30

※開場は開演の30分前
チケット 前売:大人:1,800円、中学生以下:1,500円
当日:大人:2,300円、中学生以下:2,000円
※0〜2歳児入場無料
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
前売:大人:1,800円、中学生以下:1,500円
※0〜2歳児入場無料
(全席自由・税込)
会場 宝塚ソリオホール
備考
団体概要 劇団かかし座は、1952年創立。日本で最初にできた現代影絵の専門劇団です。影絵の世界は人々の心を無限の想像へ駆り立てる、ふしぎな性質と魅力をもっています。
この性質と魅力をもって「たくさんの人々の心に夢を育てたい」という思いで、創立以来独自の手法で影絵の世界を拓き、多くの作品を生み出してきました。

現在は、影絵の技術を更に発展させた新たな舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品、シャドウ・アート(影絵展示物)などの総合エンターテイメントを国内外に発信しています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ