お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

両国門天ホール メシアン生誕110年、中川賢一・野村誠生誕50年記念/2台ピアノコンサート オリヴィエ・メシアンに注ぐ20のまなざし

公演期間

2018年9月4日 (火)

会場

両国門天ホール

取扱チケット

全席自由(一般):3,000円
全席自由(学生):2,500円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

川島素晴 works vol.2 by 神田佳子のチラシ画像

川島素晴 works vol.2 by 神田佳子

2018年8月9日 (木)

豊洲シビックセンターホール

クロード・ドビュッシー、現代音楽への前奏曲のチラシ画像

クロード・ドビュッシー、現代音楽への前奏曲

2018年8月26日 (日)

両国門天ホール

ルネサンス・フルートとサクバットで綴る オデカトン〜史上初の印刷楽譜〜のチラシ画像

ルネサンス・フルートとサクバットで綴る オデカトン〜史上初の印刷楽譜〜

2018年8月22日 (水)

横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール

馬車道 陽だまりコンサートvol.35のチラシ画像

馬車道 陽だまりコンサートvol.35

2018年7月20日 (金)

横浜市泉公会堂


公演情報詳細・注意事項

公演内容 昨年、中川賢一さんのために2台ピアノの新曲を書き下ろし、繊細かつダイナミックな中川さんのピアノに、即興や異ジャンル交流で培った野村のピアノが遭遇した。メシアンのスペシャリストでもあるピアニストと、メシアンに多大な影響を受け10代を過ごした作曲家で、メシアンに向き合う。野村が書き下ろす新曲では、様々な視線からメシアンを見つめる。メシアンを模倣し、メシアンを批評し、メシアンを解体し、メシアンを編集し、メシアンを敬愛し、メシアンを誤解し、メシアンを理解する全8曲の小品集(「移調の限られた旋法」は7種類あるので、7とカウントするなど、全曲で合計20)。相撲に関する2作品など、2015年以降の野村の2台ピアノ作品も、一挙上演。(野村誠)

野村誠作曲 「オリヴィエ・メシアンに注ぐ20のまなざし」(2018:世界初演)      
1) 異国の鳥とインドの古文書のまなざし
2) 音価と強度のまなざし 
3) 逆行不能な鐘のまなざし
4) ギリシアの詩と俳諧のまなざし
5) 時の終わりと瞬間の時間のまなざし 
6) 喜びのジャズと雅楽のまなざし
7) 移調の限られた銀杏のまなざし
8) 火の島とガムランのまなざし 
     
オリヴィエ・メシアン作曲 「アーメンの幻影」(1944)より
5)天使と聖人と鳥の歌のアーメン
6)審判のアーメン
7)成就のアーメン

野村誠作曲
「相撲聞序曲」(2017)
「相撲の譜」(2017)
「十年音泉」(2017)
「テキストのたね」(2017)
「おっぺけぺーの種を蒔け」(2015)
「日本センチュリー交響楽団のテーマ」(2015)

*プログラムは変更される可能性があります。
公演ホームページ http://www.monten.jp/20180904
出演 ピアノ: 中川賢一野村誠 / 主催: 野村誠
スタッフ 一般社団法人もんてん(両国門天ホール)
公演スケジュール <公演日>
2018年9月4日 (火)

<公演日・開演時間>
9月4日(火)19:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約2時間
チケット 前売:一般3,000円、学生・門天会員2,500円
当日:一般3,500円、学生・門天会員3,000円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):3,000円
全席自由(学生):2,500円
(税込)
会場 両国門天ホール
備考
団体概要 中川賢一(なかがわけんいち)
桐朋学園音楽学部ピアノ専攻卒業。同時に指揮も学ぶ。卒業後渡欧し、ベルギーのアントワープ音楽院ピアノ科を首席修了。在学中にフォルテピアノ、チェンバロも習得。1997年オランダのガウデアムス国際現代音楽コンクール第3位。ヨーロッパ国内外の様々な音楽祭に出演、日本ではサントリーサマーフェスティバル、東京の夏音楽祭、武生国際音楽祭に度々参加。NHK-FM、NHK-BSなどに多数出演、新作初演も多い。ダンスと音楽など他分野とのコラボレーションを行う他、「Just Composed in Yokohama 2003」、「超難解音楽祭」(仙台)音楽監督・ プロデュースなども行った。ピアノ演奏とトークを交えたアナリーゼ等を展開。クラングフォルムウィーン、ムジークファブリーク、アンサンブルルシェルシュ、アルテルエゴなどを指揮、アルディッティカルテットやバーバラ・ハンニガン、イエルーン・ベルワルツ等と共演する他、アンサンブ・モデルンとのコラボレーションは話題を呼んだ。メシアンピアノ曲全曲演奏、ケージ「ソナタとインターリュード」、ジェフスキー「不屈の民変奏曲」、リュック・フェラーリピアノ作品集演奏会、武満徹ピアノ曲全曲等数多くを演奏し、各方面から好評を博す。東京室内歌劇場、東京フィル、仙台フィル、広響他と指揮で共演。現代音楽アンサンブル「アンサンブル・ノマド」のピアニスト、指揮者。お茶の水女子大学、 桐朋学園大学音楽学部非常勤講師。
公式ホームページ http://www.nakagawakenichi.jp



野村誠(のむらまこと)
作曲家、ピアニスト、鍵ハモ奏者、瓦奏者。名古屋出身、京都在住。’96年、鍵盤ハーモニカ・オーケストラ”P−ブロッ”を結成。イギリス、インドネシアを筆頭に、様々な土地で作品を発表。2013年自作品によるソロアルバム「ノムラノピアノ」(とんつーレコード)発売。著書に「音楽の未来を作曲する」(晶文社)ほか多数。第1回アサヒビール芸術賞受賞。日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター、日本相撲聞芸術作曲家協議会理事、千住だじゃれ音楽祭ディレクター。公式ホームページwww.makotonomura.net    野村誠の作曲日記 http://d.hatena.ne.jp/makotonomura/

関連サービス


ページトップへ