お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


conSept LLC グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!2018

公演期間

2018年7月18日 (水) 〜2018年7月29日 (日)

会場

新宿村LIVE

取扱チケット

20名限定!5,800円(全席指定・税込) → 4,800円 さらに500Pゲット!(7/5 18時15分更新)

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


完売しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 【帽子の数だけ人生がある】

たった二人の出演者、ピアノと帽子と小道具だけの舞台装置。
でもこの作品の中にはミュージカルの歴史があり、ミュージカルを愛する心が詰まっていて、夢を追いかける凸凹コンビの二人の姿に思わず笑いながらもほっこり出来てしまいます。

世界6カ国で上演された本作は、観客を「プロデューサー」や「スポンサー」に見立てた【バッカーズ・オーディション(舞台作品のプレゼン)】の形式と20以上の役を二人で演じる劇中劇の面白さが相まって、それぞれの国で最高のコメディ作品と絶賛され、今もなお上演が続いています。

そしてダグ&バドが演じるのはなんちゃってな20役ではありません。主役のグーテンバーグ、悲恋のヒロイン・ヘルベティカ、権力の亡者・修道士、心やさしき見習い修道士・・・などなど、中世ドイツの架空の町シュリマー村に存在したかも知れない個性豊かな登場人物たちを、たった二人で全力で演じきっているのです。

その努力が報われ日本初演は完売公演が続出し、有料入場率90%超という驚異の記録を残し話題となりました。


【ダグ&バド、最強の二人が強力な仲間を連れて帰ってくる!!】

2017年3月、新宿の大久保でひっそりと幕を上げたミュージカル・プレゼン公演『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル!』。
情報と人種の境界線を越えて、更には国境と宗教の壁までを突き破り、人類と世界平和を守ろうとしたが夢半ばで力尽きた印刷機の発明者・グーテンベルクの仮想物語を全世界に伝播しようと立ち上がった、互いを天才と称して止まない最強友情コンビ、作家=ダグ・サイモン(福井晶一)と作曲家=バド・ダベンポート(原田優一)が帰って来ます!

いや本音はちょっとだけ売れてみたい・・・いやブロードウェイに進出したい!!
去る3月の公演はそのための資金集めのはずだったのに・・・まだブロードウェイにたどり着けずバイト三昧の二人。夢を叶えるためにはもっとたくさんのスポンサーやプロデューサーの方に見ていただきたいということで、プレゼンの日数も倍増いたしました。そして今回新たに加わったニュー・ダグ&バドは鯨井康介と上口耕平!

でも待てよ・・・強力な仲間と言いつつ、実はブロードウェイ進出のライバルじゃないのか・・?!果たしてどっちのダグ&バドが世界平和と世界進出を成し遂げることができるのか?
公演ホームページ https://www.gutenberg-jp.com/2018
出演 福井晶一原田優一鯨井康介上口耕平
スタッフ 原作: アンソニー・キング(Anthony King)、スコット・ブラウン(Scott Brown) / 日本語上演台本・訳詞・演出: 板垣恭一 / 翻訳: 工藤紅 / 音楽監督・ピアノ: 桑原まこ / 振付: 当銀大輔 / 美術・舞台監督: 岩戸堅一 / 照明: 中村嘉雄 / 音響: 吉村卓也(エディスグローヴ) / 衣裳: 尾村あや / 演出助手: 守屋由貴 / 宣伝美術: 本多アツシ(volg) / 制作: たけだのりこ / アシスタント・プロデューサー: 杉本宏岡田徹也 / プロデューサー: 坂紀史、宋元燮 / 企画・製作・主催: 株式会社ショウビズconSept LLC
公演スケジュール <期間>
2018年7月18日 (水) 〜2018年7月29日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
7月18日(水)◆19:30
7月19日(木)★19:30
7月23日(月)★19:30
7月24日(火)◆19:30
7月25日(水)★19:30
各4名 計20名
◆福井&原田 ★鯨井&上口

※開場は開演の30分前

<上演時間>
約1時間45分(休憩15分)
※上演時間はおおよその目安です。
 主催者側の都合により前後する場合がございます。
チケット 5,800円(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
20名限定!5,800円(全席指定・税込) → 4,800円 さらに500Pゲット!(7/5 18時15分更新)
会場 新宿村LIVE
備考
団体概要 【conSept】
conSept(コンセプト)は「Simple, Small but Special」をモットーに2016年10月に立ち上げた映像制作及び舞台公演制作を専門とするプロダクションです。
舞台公演において、過去には主に小中劇場向けのオペラやミュージカルの制作及び海外公演、招聘公演のコーディネーターを務めてきました。
現在は主に小劇場向けのミュージカルを中心に手掛け、より身近な場所で、もっとカジュアルにミュージカルを楽しめる場を提供することを目指しています。
映像ではサイネージや4K向けのコンテンツ制作に注力直近では『In This House〜最後の夜、最初の朝』を主催。

【ショウビズ】
株式会社ショウビズ
オリジナルミュージカルや音楽劇、ミュージカルレビューなどを企画・製作・主催し、共同プロデュースでオフブロードウェイ・ミュージカルも手掛けています。
これまでの上演実績は、「100年のI love you」、ミュージカルレビュー「KAKAI歌会」、音楽劇「瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々」、オフブロードウェイ・ミュージカル「bare」、オフブロードウェイ・ミュージカル「グーテンバーグ!ザ・ミュージカル」、オリジナルミュージカル「デパート!」、朗読ミュージカル「カラフル」等。

関連情報

関連サービス


ページトップへ