お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


東京演劇アンサンブル トゥランドット姫 あるいは嘘のウワヌリ大会議

公演期間

2018年9月7日 (金) 〜2018年9月17日 (月・祝)

会場

ブレヒトの芝居小屋

取扱チケット

全席自由(一般): 3,800円
全席自由(学生): 3,000円
その他:☆=LowPriceDay(一般・学生) 2,500円
1,000円割引!(一般)3,800円 → カンフェティ席2,800円!
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

−sai−【座・高円寺2】のチラシ画像

−sai−【座・高円寺2】

2018年10月18日 (木) 〜2018年10月19日 (金)

座・高円寺2

ザ・ニュースペーパーLIVE2018【大宮】★当日引換券のチラシ画像

ザ・ニュースペーパーLIVE2018【大宮】★当日引換券

2018年9月22日 (土)

大宮ソニックシティ 小ホール

アラジン[東京公演/2019年3・4月]のチラシ画像

アラジン[東京公演/2019年3・4月]

2019年3月1日 (金) 〜2019年4月29日 (月・祝)

大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]

夢の四人会のチラシ画像

夢の四人会

2018年10月4日 (木)

新宿文化センター大ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 汚職といいかげんな財政管理が原因で、財政難に陥っている国…昔々の架空の中国。
皇帝が木綿の専売権を握ることで、国家は経済基盤を成り立たせていたのだが、
今年は綿花の大豊作により、木綿の値段が大暴落。
二服目のパイプを節減された皇帝はお怒りだ。“余は退位する”
国家の要人たちはこの危機を乗り越えようと木綿を隠し、市場を操作するのだが…
突然の物価高騰に市民だって黙ってはいない。市民はデモをくりだし宮殿前は大騒ぎ。
それと同時に地方では、カイ・ホーという謎の人物が噂されるようになる。
カイ・ホーとは誰なのか? カイ・ホーは存在するのか?
困った皇室は、汚職を覆い隠すため、御用学者たちの会議を開く。
見事その難問を解決した学者には、皇帝の娘であるトゥランドット姫を与える!という特典をつけて。
学者たちはこぞって会議に参加するが、うまい嘘のつけない者は次々にさらし首に…
そこへギャングのゴーゲー・ゴーグ登場。
民衆に意見を求めるなど愚かであると皇帝に言い寄り、あっという間にゴーゲーの天下。
ゴーゲーは国家の治安維持のために皇帝に武器の使用を求めるが…
カイ・ホーの声は国全土へと広がっていく。

…どこかで聞いたことのあるような話が展開するブレヒト晩年のおとぎ話。
これは夢か現実か。公家義徳と黒田容子がブレヒトを解体して現代劇に。
ブレヒトの芝居小屋最後のブレヒト作品。どうぞお楽しみに!!!
公演ホームページ http://www.tee.co.jp
出演 正木ひかり永野愛理志賀澤子三木元太竹口範顕篠原祐哉伊藤克山崎智子和田響き原口久美子雨宮大夢浅井純彦真野季節町田聡子奈須弘子洪美玉坂本勇樹小田勇輔大橋隆一郎上條珠理仙石貴久江永濱渉
スタッフ 作: ベルトルト・ブレヒト / 訳・ドラマトゥルグ: 黒田容子 / 上演台本・えんしゅつ: 公家義徳 / 音響: 島猛 / 衣裳: 稲村朋子 / 映像アドバイザー・撮影: 飯名尚人 / 照明: 真壁知恵子 / 制作: 小森明子太田昭
公演スケジュール <期間>
2018年9月7日 (金) 〜2018年9月17日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
9月7日(金)19:00
9月8日(土)14:00
9月9日(日)14:00
9月10日(月)休演
9月11日(火)19:00☆
9月12日(水)19:00☆
9月13日(木)19:00
9月14日(金)19:00
9月15日(土)14:00
9月16日(日)14:00
9月17日(月)14:00

☆=LowPriceDay 2,500円
チケット 前売:一般3,800円 学生3,000円
当日:4,500円
(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(一般): 3,800円
全席自由(学生): 3,000円
その他:☆=LowPriceDay(一般・学生) 2,500円
1,000円割引!(一般)3,800円 → カンフェティ席2,800円!
(税込)
会場 ブレヒトの芝居小屋
備考
団体概要 戦後日本の新劇活動の一翼を担った演出家・広渡常敏を中心に1954年に創設し、「演劇行為の中に人間の変化の契機をつくる」ことを根底においた創造の集団をめざしてきた。1977年、東京練馬区・武蔵関の辺境に on the corner をこころざして劇場「ブレヒトの芝居小屋」を建設。オープンスペース、ブラックボックス、客席数可変の前衛的な劇場で、約70名の劇団員が、常にアクチュアルな演劇を求めつづけ、時代と世界に向きあった活動を、年間250〜300ステージの規模で展開している。広渡の死後、入江洋佑、志賀澤子の両名が代表を務める。
モスクワ、ロンドン、イタリア、ベトナム、韓国、ルーマニアなど海外公演実績も豊富。学校演劇への協力にも積極的におこなっている。

関連情報

関連サービス


ページトップへ