お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


瀬川玄ピアノ・リサイタル

公演期間

2018年10月12日 (金)

会場

ヤマハホール

取扱チケット

全席自由:4,000円
1, 000円割引!4, 000円 → カンフェティ席3, 000円!
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

真心ブラザーズ『トランタン』のチラシ画像

真心ブラザーズ『トランタン』

2019年9月27日 (金) 〜2019年9月28日 (土)

日本青年館ホール

小ホールの音楽会・秋「NARUTRIO JAZZ LIVE!!」のチラシ画像

小ホールの音楽会・秋「NARUTRIO JAZZ LIVE!!」

2019年10月18日 (金)

海老名市文化会館 小ホール

日本の響・・・草加の陣2019のチラシ画像

日本の響・・・草加の陣2019

2019年9月15日 (日)

草加市文化会館ホール

ウィハン弦楽四重奏団with大下恵子のチラシ画像

ウィハン弦楽四重奏団with大下恵子

2019年10月3日 (木)

広島県民文化センター多目的ホール

ワンコインコンサートVol.11のチラシ画像

ワンコインコンサートVol.11

2019年9月6日 (金)

横浜市旭区民文化センター サンハート


公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★カンフェティ10月号インタビュー掲載記事はコチラ!


2013年にドビュッシー全曲演奏を完結させた瀬川玄が満を持してのリサイタル!C.A.ドビュッシー没後100年、J.S.バッハ生誕333年を記念してのピアノ独奏演奏会。クラシック音楽の神髄バッハ、その伝統の影響下に再び入った最晩年のドビュッシーの音楽芸術、演奏されることが非常に稀な《エチュード(練習曲集)》をヤマハ(日本製)とベーゼンドルファー(ウィーン製)2台のピアノで聴き比べられるのは銀座ヤマハホールならでは!

〜プログラム〜
J.S.バッハ作曲
《フランス組曲 第4番 変ホ長調》
《イギリス組曲 第5番 ホ短調》
C.A.ドビュッシー作曲

《練習曲集》(初期稿の曲順により演奏予定)
公演ホームページ https://blog.goo.ne.jp/pianist-gensegawa
出演 瀬川玄
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2018年10月12日 (金)

<公演日・開演時間>
10月12日(金) 19:00
※開場は、開演の30分前です。
チケット 全席自由:4,000円(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由:4,000円
1, 000円割引!4, 000円 → カンフェティ席3, 000円!
(税込)



カンフェティ席とは?
会場 ヤマハホール
備考
団体概要 瀬川玄(ピアノ)
静岡県浜松市に生まれ、幼少年期をアメリカ、ドイツ、フランスで過ごす。海外生活中、ピアノ調律師の父、音楽家の母に連れられて、ツール音楽祭やマントン音楽祭におけるスヴァトスラフ・リヒテル、サイトウ・キネン・オーケストラ・ヨーロッパ・ツアーにおける小澤征爾、その他にアルトゥール・ベネデッティ・ミケランジェリ、マルタ・アルゲリッチ、カルロス・クライバー、更に邦人では吉田秀和、遠山一行、遠山慶子などの数多くの音楽家から影響・薫陶を受けたことが今日の音楽活動理念の土台となっている。

日本帰国後、16歳の時にはじめてのソロリサイタルを開く。音楽の道を志しながらもあえて幅広い芸術全般を学ぶため、成城大学文学部芸術学科に籍を置き、定期的にソロリサイタルを行う。卒業後ドイツのヴァイマール・フランツ・リスト音楽大学にてドイツ・クラシック音楽の伝統を継承する名匠クラウス・シルデに師事し、2007年に優秀な成績で卒業。在学中の2006年には全9回に渡るベートーヴェン・ピアノソナタ全32曲連続演奏会を成し遂げる。留学を終えた日本帰国後は、ソロリサイタルをはじめ、サロンコンサート、室内楽、歌曲伴奏、コーラス伴奏、オーケストラとの協演、草津夏期国際音楽アカデミーでのアシスタント兼通訳、そしてレッスンやワークショップなど独自の活動を展開している。2007年にはピアニスト:マリア・ジョアオ・ピリシュによる日本で初めてのワークショップに参加し、女史の芸術性・音楽家観に示唆を受ける。その他にはシュナイト・バッハ合唱団《ドイツ・レクイエム》《ロ短調ミサ曲》演奏会の合唱に参加し、指揮者ハンス・マルティン・シュナイトの薫陶を受ける。

2010年春より、東京・表参道のMFYサロンにてクラシック音楽道場を主催。2012年のドビュッシー生誕150年に際しては一年をかけてピアノ独奏曲全曲演奏を達成、翌年には全曲単日演奏を成功させる。

これまでにピアノを安藤順子、林今日子、アンドレアス・ネメス、室井麻耶子、原田弘之、クラウス・シルデの各氏に師事。室内楽をラリッサ・コンドラチェヴァ、歌曲伴奏をトーマス・シュタインヘーフェル、即興演奏をハインリヒ・シュタインヘーフェル、ピアノ教授法をベッティーナ・ブルーン、音楽史をミヒャエル・ベルク、音楽理論・和声学を当摩泰久、野平多美、ヴォルフ・ギュンター・ライデル、音楽学・美学・哲学(成城大学時代)を戸口幸策、小林義武、津上英輔の各氏に師事。

また講習会など多数参加、草津夏季国際音楽アカデミーにてブルノ・カニーノとフェレンツ・ラドシュ、武蔵野音楽大学特修科にてコンスタンティン・ガネフ、キジアナ音楽院(イタリア・シエナ)にてヨアヒン・アチュカッロ、ヴァイマール夏期講習会(ドイツ)にてコンスタンティン・シェルバコフとパウル・バドゥラ・スコダに師事し、さらなる研鑽を積む。

関連情報

関連サービス


ページトップへ