お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

メインチラシ画像

新国立劇場 2018/2019シーズン オペラ「ファルスタッフ」

公演期間

2018年12月6日 (木) 〜2018年12月15日 (土)

会場

新国立劇場 オペラパレス

取扱チケット

S席:23,760円
A席:19,440円
B席:12,960円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

Def Tech Cloud 9 Tour 2018【新木場STUDIO COAST】のチラシ画像

Def Tech Cloud 9 Tour 2018【新木場STUDIO COAST】

2018年11月16日 (金)

新木場STUDIO COAST

向谷実 presents "East meets West 2018"のチラシ画像

向谷実 presents "East meets West 2018"

2018年11月16日 (金)

東京国際フォーラム ホールC

タンホイザーのチラシ画像

タンホイザー

2019年1月27日 (日) 〜2019年2月9日 (土)

新国立劇場 オペラパレス

ORANGE RANGE LIVE TOUR 018-019 〜ELEVEN PIECE〜のチラシ画像

ORANGE RANGE LIVE TOUR 018-019 〜ELEVEN PIECE〜

2019年2月8日 (金)

NHKホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 2018/2019シーズン
オペラ「ファルスタッフ」/ジュゼッペ・ヴェルディ
Falstaff / Giuseppe VERDI
全3幕〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

この世はすべて冗談!人生を笑い飛ばすヴェルディ最晩年の傑作喜劇

悲劇で名声を極めたヴェルディが、シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』『ヘンリー四世』を原作に、人生最後に手がけた極上の喜劇『ファルスタッフ』。ドラマも音楽も無類の楽しさと人生哲学にあふれた傑作です。強欲だが愛すべき老騎士ファルスタッフを中心に、快活で機知溢れる女性陣や若いカップルらが繰り広げる大人のコメディ。フェルメールを代表とする17世紀オランダ絵画にインスピレーションを得た英国の巨匠ジョナサン・ミラーの演出は、深い人間洞察が感じられる名舞台です。
指揮には、イタリアオペラの名手カルロ・リッツィを迎えました。ヴェルディの円熟のスコアをどのように聴かせてくれるか興味は尽きません。題名役を演じるのは、脂の乗り切った名ブッフォ、ロベルト・デ・カンディア。日本でも高い人気を誇るソプラノ、エヴァ・メイ、ヨーロッパで頭角を現しているイタリア人バリトン、マッティア・オリヴィエーリ、幸田浩子ら魅力的なキャストが揃い、喜劇を盛り上げます。

ものがたり
【第1幕】太鼓腹が自慢の好色な老騎士ファルスタッフは、ページ夫人メグとフォード夫人アリーチェが自分に気があると勘違いし、彼女たちへ恋文を書く。手紙を受け取ったメグとアリ―チェは、身の程知らずな内容の上、全く同じ文面であることに呆れ顔。クイックリー夫人ら女性陣で懲らしめようと画策する。一方フォードも、妻アリーチェ宛にファルスタッフが恋文を書いたと従者からの情報を受け、ファルスタッフをやりこめようと意気込む。

【第2幕】クイックリー夫人が、アリ―チェとの逢引きの時間をファルスタッフに伝えて、計画がスタート。フォードは偽名を使い、アリーチェを誘惑してほしい、とファルスタッフに頼む。引き受けたファルスタッフは、アリ―チェと会う予定だからお安いご用だと語り、フォードは驚愕する。迎えた逢引きのとき、ファルスタッフがアリーチェを口説いていると、筋書き通りメグが来て、彼は慌てて逃げる。そのとき、妻の浮気相手を捕らえようとフォードらが乗り込んでくる。彼がつい立ての向こうを確認すると、そこには彼の娘ナンネッタとフェントンが。2人の結婚を認めないフォードは叱る。洗濯籠の中に身を潜めていたファルスタッフは、籠ごと川に突き落とされる。

【第3幕】散々な目に遭っても懲りないファルスタッフは、再びアリーチェと会う約束をする。今回の場所は真夜中のウィンザー公園。精霊がさまようと言われる場所だ。約束の時間にファルスタッフとアリーチェが会うと、助けを求めるメグの声が響く。精霊があらわれたと怖がるファルスタッフは目をつぶって横たわる。実はフォードらが妖精を演じているのだが、すっかり怯えたファルスタッフは、これまでのことを謝る。また、女性陣の計らいで、フォードもナンネッタとフェントンの結婚を認める。ファルスタッフは、この世はすべて冗談、と語って大団円。
公演ホームページ https://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_011624.html
出演 ファルスタッフ: ロベルト・デ・カンディア / フォード: マッティア・オリヴィエーリ / フェントン: 村上公太 / 医師カイウス: 小山陽二郎 / バルドルフォ: 糸賀修平 / ピストーラ: 妻屋秀和 / フォード夫人アリーチェ: エヴァ・メイ / ナンネッタ: 幸田浩子 / クイックリー夫人: エンケレイダ・シュコーザ / ページ夫人メグ: 鳥木弥生 / 合唱指揮: 三澤洋史 / 合唱: 新国立劇場合唱団 / 指揮: カルロ・リッツィ / 管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
スタッフ 演出: ジョナサン・ミラー
公演スケジュール <期間>
2018年12月6日 (木) 〜2018年12月15日 (土)

<公演日・開演時間>
12月06日(木) 19:00
12月09日(日) 14:00☆
12月12日(水) 14:00☆
12月15日(土) 14:00

☆:託児サービス利用可

予定上演時間:約2時間35分(休憩含む)
*開場は開演の45分前です。開演後のご入場は制限させていただきます。
*12月9日(日)は4階の一部に、12月12日(水)は3階・4階の一部に学校団体が入る予定です。
チケット S席:23,760円
A席:19,440円
B席:12,960円
C席:7,560円
D席:4,320円
Z席:1,620円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:23,760円
A席:19,440円
B席:12,960円
(全席指定・税込)
会場 新国立劇場 オペラパレス
備考 ※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
※壁際、手摺の近く、バルコニー、上層階の一部のお座席で、舞台・字幕が見えにくい場合がございます。ご了承ください。
※公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※やむをえない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ