お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

託児8周年

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


アトリエ・センターフォワード アトリエ・センターフォワード 第15回公演 あじわうとき 2018【東京公演】

公演期間

2018年10月24日 (水) 〜2018年10月28日 (日)

会場

新生館シアター

取扱チケット

全席自由(前売):3,500円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


ご予約はお電話で

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

綾小路きみまろ笑撃ライブ【相模女子大学グリーンホール】のチラシ画像

綾小路きみまろ笑撃ライブ【相模女子大学グリーンホール】

2018年12月18日 (火)

相模女子大学グリーンホール(大ホール)

初春バレエ祝賀コンサート【小美玉市小川文化センター 大ホール】のチラシ画像

初春バレエ祝賀コンサート【小美玉市小川文化センター 大ホール】

2019年1月19日 (土)

小美玉市 小川文化センター アピオス 大ホール

初春バレエ祝賀コンサート【市川市文化会館 大ホール】のチラシ画像

初春バレエ祝賀コンサート【市川市文化会館 大ホール】

2019年1月17日 (木)

市川市文化会館 大ホール

命売りますのチラシ画像

命売ります

2018年11月24日 (土) 〜2018年12月9日 (日)

サンシャイン劇場

初春バレエ祝賀コンサート【藤沢市民会館 大ホール】のチラシ画像

初春バレエ祝賀コンサート【藤沢市民会館 大ホール】

2019年1月10日 (木)

藤沢市民会館 大ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 こちらのご公演はお電話でご予約を承ります。

カンフェティチケットセンター

0120-240-540
(受付時間 平日10:00〜18:00・オペレーター受付)


▽お電話でのご予約の場合、会員登録は不要です。※カンフェティポイントは付きません。

-------------------------------------------------------------------

スイ カ アマイ カ、ツイ ハ モウスグ。

戦後の昭和から21世紀まで。
焼野原を駆け抜け、バブルに踊り狂ったミツ子。

幸運が不幸に姿を変えたり、
足を引っ張ることが後に助けてくれたり…。
時代を駆け抜けながら、
生きるためになんでもしてきた。

戦災孤児。巨額詐欺事件。闘病拒否。
7歳から80歳までの数奇な人生を
「頭の中のお友達」とともに
今、あじわう。

2年前の初演を経て
大幅にバージョンアップして贈る
濃密な二人芝居。
公演ホームページ http://centerfw.net
出演 七味まゆ味(柿喰う客/七味の一味) / 矢内文章
スタッフ 作・演出: 矢内文章 / 照明・音響: 内田誠 / 衣装: 有島由生 / バックステージ: 岡村尚隆 / 宣伝美術: 工藤彩 / 撮影コーディネート: 鈴木カズオ / 制作: 藤井円 / 共同制作: IKSALON表現者工房池田直隆 / 主催: アトリエ・センターフォワード / 協力: 寺田真理(同)尾崎商店若旦那家康鶴永チヒロ
公演スケジュール <期間>
2018年10月24日 (水) 〜2018年10月28日 (日)

<公演日・開演時間>
2018年10月24日〜28日
24日(水) 19:00
25日(木) 14:00/19:00
26日(金) 19:00
27日(土) 14:00/19:00
28日(日) 14:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約1時間45分
チケット 前売:3,500円
当日:4,000円
(税込)
※公式サイトより学生割・遠方割をお申し込みいただけます。

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):3,500円(税込)
会場 新生館シアター
備考
団体概要 2008年、矢内文章のオリジナル作品を上演するために結成。年2回程度の公演で様々な角度から「個人では抗えない大きな流れのなかで必死に闘う人々」を描く。2013年には海外戯曲シリーズも創設、2014年には劇場で交流を広げる外国人無料招待企画『バックパック&シアター』も開始し、挑戦の幅を広げている。

“センターフォワード”は、あらゆる感覚を研ぎ澄まし、知恵と労力をフル活用してゴールを奪う。舞台上での大胆かつ繊細なプレイを目指し、サッカーを愛してやまない代表の矢内が最もこだわりを持つこのポジションを団体名に冠する。

硬質な題材を、皮肉やユーモアを交えた自分たちの言葉と感覚で「ストーリー」と呼ばれるものに紡ぐ作風。安易に説明的にならず、イメージが先行しすぎもしない。目指すは「硬質でいて軽やか、精緻かつダイナミックな表現」。その手法は、社会や人間の深淵を覗き見したいがためのオーソドックスな正面突破。これが私たちのエンターテイメントです。

関連情報

関連サービス


ページトップへ