お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


一乃会 独立25周年記念公演 第20回 一乃会

公演期間

2018年12月23日 (日・祝)

会場

矢来能楽堂

取扱チケット

SS席(前売):7,000円
S席(前売):6,000円
A席(前売):5,000円
B席(前売):4,500円
自由席(前売):4,000円
学生(前売):3,000円
1,000円割引!S席 6,000円 → カンフェティ席(S席) 5,000円!
500円割引!A席 5,000円 → カンフェティ席(A席) 4,500円!
500円割引!B席 4,500円 → カンフェティ席(B席) 4,000円!
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 屋島の浦で出会った老翁は源義経の勇ましさ、景清と三保谷の錣(しころ)引き、佐藤嗣信の最期などを詳しく語る。
老翁の正体は…。

源義経の栄光輝く勇姿、屋島の合戦でのさまざまなエピソードを描いた作品。
義経弓流しの物語と奈須与市の物語も併せてお楽しみいただきます。

<あらすじ>
能「屋島(やしま)」弓流・奈須与市語  鈴木啓吾
 屋島の浦で都の僧が出会った老翁は、源義経の勇ましさ、悪七兵衛景清と三保谷四郎の錣引き、佐藤継信が義経の身代わりに能登守教経の放った矢に斃れたその最期を語り、義経の霊であることをほのめかして姿を消す。
 そのあとに現れた浦人が語る、沖に浮かむ船上の扇の的を射て称賛された奈須与市(那須与一)の物語(間狂言小書)。
 微睡む僧の夢の中に、在りし日の凛々しい姿となって再び現れた源義経の霊が語る、取り落とした弓を末代までの名誉のためと、命を賭して取り返した義経弓流しの物語…。

仕舞「吉野静」クセ 観世喜正
仕舞「景清」    観世喜之

狂言「素襖落」 石田幸雄
 急に伊勢参りを思い立った主人、以前から同行を約束していた伯父をとりあえず誘っておこうと、太郎冠者を使いに出す。
 その折、餞別をもらうとお土産が用意するのが大変になると思い、伯父には「供は決まっていない」と言うように太郎冠者に命じる。
 伯父は、急なことなので同行を辞退するが、太郎冠者が供をするのであろうと察し、門出の酒を振る舞い、餞別に素袍まで渡す。お酒に餞別にと、太郎冠者は上機嫌で帰路につくが…。
公演ホームページ http://ichi-no-kai.jp/index.php?FrontPage
出演 鈴木啓吾観世喜之観世喜正石田幸雄深田博治野村太一郎中村修一殿田謙吉大日方寛野口能弘観世新九郎柿原弘和竹市学 / 他
スタッフ 主宰: 一乃会 / 協力: (公益社団法人)観世九皐会
公演スケジュール <公演日>
2018年12月23日 (日・祝)

<公演日・開演時間>
12月23日(日・祝)13時15分開場/14時開演

仕舞「吉野静」クセ
仕舞「景清」
狂言「素襖落」
  (休憩:20分)
能「屋島」弓流・奈須与市語

(16時半頃終演予定)

チケット 前売:
SS席7,000円
S席6,000円
A席5,000円
B席4,500円
自由席4,000円
学生(自由席)3,000円

当日:
SS席7,000円
S席6,000円
A席5,000円
B席4,500円
自由席4,000円
学生(自由席)3,000円

(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
SS席(前売):7,000円
S席(前売):6,000円
A席(前売):5,000円
B席(前売):4,500円
自由席(前売):4,000円
学生(前売):3,000円
1,000円割引!S席 6,000円 → カンフェティ席(S席) 5,000円!
500円割引!A席 5,000円 → カンフェティ席(A席) 4,500円!
500円割引!B席 4,500円 → カンフェティ席(B席) 4,000円!
(税込)
会場 矢来能楽堂
備考
団体概要 観世流シテ方能楽師 鈴木啓吾
(公社)観世九皐会所属、(公社)能楽協会会員。
重要無形文化財(総合)指定保持者。
一乃会 神楽坂 遊楽スタジオ代表。
観世九皐会、緑泉会での演能活動を中心に、自身の研究公演「一乃会」を主宰。また、能普及を目的としたイベント「ことのはかぜ」「遊楽のひととき」、テーマを併せた講談と能を一緒に楽しむイベント「古典をことばで旅する ことのはかぜ」などを企画・主催している。
著書:「能のうた−能楽師が読み解く遊楽の物語−」新典社。

関連情報

関連サービス


ページトップへ