お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


文学座12月アトリエの会 ジョー・エッグ

公演期間

2018年12月7日 (金) 〜2018年12月21日 (金)

会場

文学座アトリエ

取扱チケット

前売:4,300円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

女と男とシェイクスピアのチラシ画像

女と男とシェイクスピア

2018年12月8日 (土) 〜2018年12月16日 (日)

劇団俳優座5階稽古場

鵜澤洋太郎の会のチラシ画像

鵜澤洋太郎の会

2018年12月23日 (日・祝)

国立能楽堂


公演情報詳細・注意事項

公演内容 日常の背後に潜む苦痛や残酷性を強靭な精神力と鋭い筆致で描き出すピーター・ニコルズ。英国を代表する劇作家の自伝的代表作を、小田島恒志による新訳で上演。

<あらすじ>
1967年、12月のある夜。すれ違いを抱える夫婦、ブライとシーラ。二人は重い障害をもつ娘が生まれてからの出来事を、幾度となく繰り返しているかのように芝居仕立てで再現していく。虚実の入り混じったやりとりの中から浮かびあがる、それぞれの思いと問いかけ。いつもと変わらぬ夜が更けていくように思われたが、ブライが発した言葉を聞いた時、一同に戦慄が走るのだった…。
公演ホームページ http://www.bungakuza.com/
出演 寺田路恵 / 奥山美代子 / 沢田冬樹 / 栗田桃子 / 神野崇 / 平体まひろ
スタッフ 美術: 石井強司 / 照明: 阪口美和 / 音響: 藤田赤目 / 衣裳: 宮本宣子 / 舞台監督: 加瀬幸恵 / 制作: 梶原優、佐藤竜太郎、後藤久美子、鈴木美幸 / イラストとチラシデザイン: チャーハン・ラモーン
公演スケジュール <期間>
2018年12月7日 (金) 〜2018年12月21日 (金)

<公演日・開演時間>
12月7日(金) 19:00
12月8日(土) 14:00
12月9日(日) 14:00
12月10日(月) 19:00★
12月11日(火) 14:00
12月12日(水) 14:00/19:00
12月13日(木)休演日
12月14日(金) 14:00
12月15日(土) 14:00
12月16日(日) 14:00★
12月17日(月) 14:00
12月18日(火) 14:00/19:00★
12月19日(水) 19:00
12月20日(木) 14:00
12月21日(金) 14:00

★=アフタートーク開催日
10日(月)19:00の回『“言葉”とどう向き合うか』
小田島恒志、今井朋彦、西本由香
16日(日)14:00の回『劇が描く“家族”とは』
寺田路恵、沢田冬樹、栗田桃子、平体まひろ
18日(火)19:00の回『これからの文学座アトリエ』所 奏、西本由香、生田みゆき
チケット 前売:4,300円
当日:4,600円
(全席指定・税込)

※当日券は開演の3時間前より、03-3353-3566 (文学座当日券申込専用) でご予約を承ります。

<カンフェティ取扱チケット>
前売:4,300円
(全席指定・税込)
会場 文学座アトリエ
備考 1937年、久保田万太郎、岸田國士、岩田豊雄の三人の作家により創立。「真の意味における『精神の娯楽』を舞台を通じて知識大衆に提供する」を理念に”大人の鑑賞”に耐えうる演劇を送り出してきました。80年の劇団の歴史を支えた俳優やスタッフは数えきれず、現在も江守徹、角野卓造、渡辺徹らが舞台や映像で活躍。また洋画、海外テレビドラマの吹き替えにも活躍の場が広がっています。
団体概要

関連サービス


ページトップへ