お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


神楽坂芸者衆による唄・三味線と踊りの公演 神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018「覗いてみようお座敷遊び」

公演期間

2018年11月11日 (日)

会場

東京神楽坂組合・見番

取扱チケット

全席自由:2,500円(税込)
※座布団席となります。予めご了承ください。

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 神楽坂のまち全体を舞台にした、日本の様々な伝統芸能を楽しむフェスティバル!
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)とNPO法人粋なまちづくり倶楽部は、伝統と先端が融合する神楽坂で、まち全体を舞台にした「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018」を平成30(2018)年11月10日(土)〈前夜祭〉、11日(日)〈本祭〉に開催します。
この「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2018」は、幅広い世代や海外からの観光客を含む多くの方々に、江戸の趣きが残る神楽坂の魅力と合わせて、日本を代表する様々な伝統芸能を、気軽に見て、聞いて、触れていただけるフェスティバルです。6回目となる今年も、地元住民の方々と共につくり上げる「まちと人が一体になった祭り」として実施いたします。
神楽坂は、江戸・東京の文化とパリの洗練された雰囲気が調和・融合するまちとして今、人気を集めています。若手からベテランまで、神楽坂に縁(ゆかり)があり、第一線で活躍する様々なジャンルの伝統芸能のアーティストが集結。路地を歩きながら演奏する「新内流し」や、芸者さんとの「お座敷遊び」など、神楽坂ならではの企画をはじめ、初登場の端唄や民謡など多彩な伝統芸能を、人々の集まる路上や神社仏閣、公園などでご観覧いただけます。
情緒ある街並みの中に伝統文化が息づく街・神楽坂で、日本の伝統芸能を楽しむことができる祝祭の2日間。伝統芸能の普及とさらなる街の振興を目的として、今や全国から注目を集めるイベントとなっています。

【本祭】覗いてみようお座敷遊び
日本固有のおもてなしの一つに、宴席における芸者衆とのお座敷遊びがあります。普段は立ち入ることができない芸者衆のお稽古場「見番」を会場に、神楽坂芸者衆による唄や三味線、踊りを鑑賞した後、お客さまも一緒に"お座敷ゲーム"を体験できます。英語による通訳もあり、外国の方にもわかりやすく、気軽に楽しんでいただけます。

出演
神楽坂芸者衆
立方:桃子、小夏、㐂よ乃
地方:眞由美(唄)、夏栄・櫻子(三味線)、由みゑ(鳴物)

※当日英語パンフレット配布、英語逐次通訳あり
公演ホームページ http://kaguramachi.jp/
出演 神楽坂芸者衆
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2018年11月11日 (日)

<公演日・開演時間>
11月11日(日)
【第一部】13:00-14:00
【第二部】14:30-15:30

※内容は各回同じです。
※開場は、開演の20分前です。
チケット 全席自由:2,500円(税込)
※要事前申込

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:2,500円(税込)
※座布団席となります。予めご了承ください。
会場 東京神楽坂組合・見番
備考
団体概要 神楽坂芸者衆
江戸後期、牛込花街として開けた神楽坂花柳界は、明治以降の町の発展と共に隆盛。
関東大震災の被害が少なかった神楽坂は昭和初めには東京随一の繁華街となり、花柳界も戦前の最盛期を迎えていく。
戦後の復興も早かったものの花街の姿も時代と共に変わり、現在は東京に残る六花街の一つとして、約20名の芸妓が芸の向上に努めている。地元の文化イベントとの連携や、年に一度の芸者衆総出の踊りの会「神楽坂をどり」を通じて、日頃の技芸を多くの方々に披露している。

関連サービス


ページトップへ