お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


NPO法人 国立オペラ・カンパニー青いサカナ団 国立オペラ・カンパニー青いサカナ団 創立30周年記念、第36回公演 歌劇『アメデオ、或いは芸術についての幾つかの考察』

公演期間

2019年1月18日 (金) 〜2019年1月20日 (日)

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

取扱チケット

全席指定(前売):7,000円
1,000円割引!7,000円 → カンフェティ席:6,000円!
(税込)

  • 先着先行

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

ミュージカル「30歳の頃に」のチラシ画像

ミュージカル「30歳の頃に」

2018年12月28日 (金) 〜2019年1月6日 (日)

TBS赤坂ACTシアター

ダンスがみたい!新人シリーズ17のチラシ画像

ダンスがみたい!新人シリーズ17

2019年1月4日 (金) 〜2019年1月15日 (火)

日暮里 d-倉庫

「陰獣 INTO THE DARKNESS」のチラシ画像

「陰獣 INTO THE DARKNESS」

2019年1月17日 (木) 〜2019年1月20日 (日)

赤坂レッドシアター

半月のチラシ画像

半月

2019年1月5日 (土) 〜2019年1月10日 (木)

小劇場B1


公演情報詳細・注意事項

公演内容 20世紀初頭、パリで出会った2人の若者、アメデオとパブロは共に新しい時代の絵画を描きたいと互いに競い合い、情熱を燃やす。時は過ぎ、パブロは時代を代表する気鋭の芸術家としてもてはやされ、片やアメデオは一枚の絵も売れないままであった。青いサカナ団の19作目となる今回の新作は、若い芸術家達の青春群像激であり、同時に今の時代に問う「芸術論」でもある。
公演ホームページ http://www.aoi-sakana.jp/
出演 アメデオ: 高柳圭 / ジャンヌ: 岩田有加 / パブロ: 所谷直生 / ノゥノゥ: 畠中海央 / レオポルド: 岡元敦司 / ココ: 瀬口杏奈 / 管弦楽: Orchestre du poisson bleu
スタッフ 原作/脚本/作曲/指揮/演出: 神田慶一 / 照明: 八木麻紀 / 音響: 田中翔平 / 舞台監督: 小谷武
公演スケジュール <期間>
2019年1月18日 (金) 〜2019年1月20日 (日)

<公演日・開演時間>
1月18日(金)18:30
1月19日(土)15:00
1月20日(日)14:30
チケット 全席指定:7,000円(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席指定(前売):7,000円
1,000円割引!7,000円 → カンフェティ席:6,000円!
(税込)
会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
備考
団体概要 国立オペラ・カンパニー青いサカナ団は日本語によるオリジナルオペラを創作し、上演する団体です。1989年に創立し、2019年に30周年を迎えます。スタンダードな古典的なオペラの作り方を踏襲しつつ、新しい時代のオペラを目指し活動を続けています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ