お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

guizillen 10llen 『センチメンタル・ジャーニーズ』

公演期間

2018年11月22日 (木) 〜2018年12月2日 (日)

会場

サンモールスタジオ

取扱チケット

先着限定!うどんなしチケット(一般予約券):3,300円 → 2,800円 !
(全席自由・税込)

  • 直前割引

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

劇作家と小説家とシナリオライターのチラシ画像

劇作家と小説家とシナリオライター

2018年11月21日 (水) 〜2018年12月16日 (日)

シアターKASSAI

喜劇 新オセロのチラシ画像

喜劇 新オセロ

2018年12月12日 (水) 〜2018年12月19日 (水)

アトリエファンファーレ高円寺

わが家の最終的解決のチラシ画像

わが家の最終的解決

2019年1月25日 (金) 〜2019年1月29日 (火)

恵比寿エコー劇場

OPUS No.10のチラシ画像

OPUS No.10

2019年2月22日 (金) 〜2019年2月24日 (日)

下北沢 ザ・スズナリ

TAP DO!劇場版16 〜8幡山だヨ!全員集合〜のチラシ画像

TAP DO!劇場版16 〜8幡山だヨ!全員集合〜

2018年12月25日 (火) 〜2018年12月30日 (日)

ワーサルシアター八幡山


公演情報詳細・注意事項

公演内容 <あらすじ>
当公演は「センチメンタル・ジャーニーズ」という同一タイトルの「二本立て公演」です。
Aチーム(オリジン版)は初演「センチメンタル・ジャーニー」の改良作。
Bチーム(アドバンス版)は「センチメンタル・ジャーニー」のテーマを引き継いだ新作。
となっております。ぜひ両方ご覧ください。


◯Aチーム(オリジン版)

オカマ(注1)たちが偶然出会った少年は、幼い妹を抱えていました。
「母親から逃げてきた」という彼らをオカマたちは手厚く保護します。
子どもを産めないオカマたちは、子どもをもつ夢が叶い浮かれていましたが、特殊執行部隊巡回査察員と名乗る物騒な連中に子どもたちを奪われてしまいます。
母親の元に連れ去られていく子どもたちを、自分たちの手に取り返す。
オカマに生まれた誇りをかけて。

◯Bチーム(アドバンス版)

オカマたちが偶然出会った女子高生は、お腹に子どもを宿していました。
「母親から逃げてきた」という彼女をオカマたちはしぶしぶ保護します。
母親との確執、恋人との離別、少女の境遇を知ったオカマたちは、次第に彼女と心を通わせていきます。
「お前の秘密を知っているぞ」
少女は巡回査察員に連れ去られてしまいます。秘密ってなに。
「助けに行く? ほっとく? どうせ他人事だものね。だけどね」
オカマたちは走り出します。
「産みたいって言ったあの子の想いは、きっとあたしたちの願いなんだわ」

(注1)本作中では「オカマ」という単語が多用されます。
近年LGBTに関する様々な議論が交わされ、以前よりも人々の関心が高まり、理解も深まっていると感じます。
その中で、オカマという言葉は蔑称であり、使うべきではないとする向きがありますが(注2)、今作中では、作者の明確な意思によって「オカマ」を「女性的な装い、言葉遣いをする(性自認が女性的な)男性」という意味合いで呼称しています。
そこに性的マイノリティの人々に対する侮辱の意図、また差別を助長する意図は一切ありません。

(注2)同性愛者にも、さまざまな方がいます。
肉体は男性として生まれたが、心が女性の方
肉体の性別を変えた方
また変えたくないと思う方
肉体的にも、性自認も男性であり、性愛の対象が男性の方…
などなど
これらの人々それぞれの性自認、性指向を理解しないまま、彼らを一緒くたに「オカマ」と呼んでしまうことは乱暴で、配慮されるべきことですが、この言葉そのものに差別的な意図があるとして、言葉を封印してしまうことには疑問が残ります。

これについては、様々な意見や議論が性的マイノリティの方のブログなどで閲覧できます。

なるほど、LGBTをテーマにした社会派の作品ね。
性的マイノリティの人々に対する理解を求めるための作品ね。
あなたの思想を啓蒙するための作品ね。

違います。
色々書きましたが、私はただおもしろいものが作れたらそれが一番です。
そのために誰かが不幸になったり、誤解されたりして欲しくないな、と強く願いますが、
「センチメンタル・ジャーニーズ」は「オカマが親になるために奮闘する、割とデリカシーのないバトルアクションファンタジーコメディ」です。
この作品はフィクションであり、いかなる実在の人物・団体・事件とも関係がありません。
公演ホームページ http://guizillen.under.jp/10/10
出演 Aチーム(オリジン版): やないさき(白米少女)、石井田拓己五十里直子田中正紀村田諒人野表つばさ梅田優作(重惑[omowaku])、川上憲心(劇団風情)、亀山浩貴(天使の左/亀山組)、榊原美鳳(ハダカレンチ)、高橋麻琴(劇団ほんしめじ/株式会社グッドラックカンパニー)、田村友紀(架空畳)、羽田敬之(KAMAYAN)、林大輔(マーカスフィルム株式会社)、細野哲平(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、永井一信(くによし組)、年代果林(EgofiLter)、山並洋貴(サムゴーギャットモンテイプ)、八木澤翔(MacGuffins)、横山貴文(MacGuffins)、片腹年彦(guizillen)、黒澤風太(guizillen)、佐藤辰海(guizillen)、末安陸(guizillen) / Bチーム(アドバンス版): 八島さらら(amuleto)、亀井陵市木内海美窪寺奈々瀬佐藤大地山海まなり末永全竹ヶ鼻彩菜長谷川弘鳩岡大輔菱田健介野澤文音三澤久美宮塚笑顔横山大河安部光希(ギャレエンタテインメント)、有賀太朗(TEAM空想笑年)、久間健裕(ネジマキトカゲ/MOONCALF)、須藤飛鳥(AM4:27-SELFISH)、林弦太(birdh93)、三浦仁(怪奇月蝕キヲテラエ)、門田友希(guizillen)、笹井雄吾(guizillen)、渡辺敏康(guizillen) / 特別ゲスト: 吉成豊(12/28出演)、青海アキ(12/29出演・レティクル東京座)、どん×みく(12/30出演)
スタッフ 脚本・演出: 佐藤辰海
公演スケジュール <期間>
2018年11月22日 (木) 〜2018年12月2日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
11月22日(木) 19:00【チーム】
11月23日(金・祝) 19:00【チーム】
11月25日(日) 14:00【チーム】
11月26日(月) 14:00 【チーム】
11月26日(月) 19:00【チーム】
11月27日(火) 14:00【チーム】
11月28日(水) 14:00【チーム】★特別ゲスト:吉成豊
11月29日(木) 14:00【チーム】★特別ゲスト:青海アキ
11月29日(木) 19:00【チーム】★特別ゲスト:青海アキ

※チームごとに出演者が異なります。
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
チケット 先行予約チケット:2,800円
先行予約限定うどん付きチケット:3,300円
(全席自由・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!うどんなしチケット(一般予約券):3,300円 → 2,800円 !
(全席自由・税込)
会場 サンモールスタジオ
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ