お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


有限会社劇団かかし座 るる島の秘密 ごめんね、ありがとう!(文京シビックホール)

公演期間

2019年3月30日 (土) 〜2019年3月31日 (日)

会場

文京シビックホール 小ホール

取扱チケット

全席指定(大人):3,000円
全席指定(小学生以下):2,000円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

野村萬斎 狂言の夕べ 江東公演のチラシ画像

野村萬斎 狂言の夕べ 江東公演

2019年4月17日 (水)

ティアラこうとう 大ホール

ICHIBANGAI -Dance Studio- Performance Vol.4  2019のチラシ画像

ICHIBANGAI -Dance Studio- Performance Vol.4 2019

2019年3月2日 (土) 〜2019年3月3日 (日)

新国立劇場 小劇場

十二番目の天使のチラシ画像

十二番目の天使

2019年3月16日 (土) 〜2019年4月4日 (木)

シアタークリエ

世界は一人のチラシ画像

世界は一人

2019年2月24日 (日) 〜2019年3月17日 (日)

東京芸術劇場 プレイハウス

第13回公演「ト音」【東京公演】のチラシ画像

第13回公演「ト音」【東京公演】

2019年3月27日 (水) 〜2019年4月7日 (日)

赤坂RED/THEATER


公演情報詳細・注意事項

公演内容 主人公ハルは都会に住む普通の女の子。ある日、両親の元を離れておじいさんの住む島、“るる島”へ出かけることになりました。たったひとりで、しかも、生まれてから一度も会ったことのないおじいさんに会いに。
るる島では、ハルに会いたくてたまらなかったおじいさんや、農場の動物たち、そして、おじいさんの飼い猫である黒猫のマルが、ハルを出迎えてくれました。島では楽しい日々が待っているはずだったのですが…。
るる島には、実は、ある秘密があったのです…。
韓国の人形劇団アートステージサンのパペットと、劇団かかし座のハンドシャドウが描く少女と黒猫の物語。
公演ホームページ http://www.kakashiza.co.jp
出演 Choi Seokwon(SAN) / Kim TaeU(SAN) / Kim Yanghee(SAN) / 城田龍生(かかし座) / 菊本香代(かかし座)
スタッフ 構成: ふじたあさや / 脚本: Yi Su Jin(イ・スジン) / 演出: Jo Hyunsan(チョ・ヒョンサン) / 音楽: Ryu Chan(リュ・チャン) / 人形 舞台美術、衣装: Ryu Jiyeon(リュ・ジヨン) / 影絵演出、映像プラン: 後藤圭 / 影絵映像製作: 小島直子とうたいよう小田純治(design Bee)、劇団かかし座美術部 / 照明: 坂本義美(龍前舞台照明研究所) / 音響: 都藤守(サウンドメソッド) / 言語指導、翻訳: Kim Bo Kyung(キム・ボギョン) / 舞台監督: 杉村向陽(Mars A Sol) / 大道具: イトウ舞台工房、Plan B(韓国) / 演出助手: 飯田周一(かかし座) / プロデューサー: Kim Bo Kyung / 制作: Kim Bo Kyung劇団かかし座
公演スケジュール <期間>
2019年3月30日 (土) 〜2019年3月31日 (日)

<公演日・開演時間>
3月30日(土) 16:00 / 19:00
3月31日(日) 10:30

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 1時間
チケット 前売:大人3,000円、小学生以下2,000円
当日:大人3,500円、小学生以下2,000円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(大人):3,000円
全席指定(小学生以下):2,000円
(税込)

会場 文京シビックホール 小ホール
備考
団体概要 この企画は、韓国を代表する人形劇団 Art Stage SAN と影絵専門劇団の劇団かかし座の合同企画公演。両劇団が海外(ブラジル)のフェスティバルで出会い、その力を認め合ったところから始まったお互いの交流を通じて生まれてきた合同企画公演です。
Art Stage SAN(アートステージサン)は、2001年より活動を開始した韓国の人形劇団です。人形劇の可能性を模索し、実験することを目的とした創造的な劇団です。舞台上の俳優として行動できるように人形を生き生きとドラマチックに動かします。積極的に海外の人形劇・演劇フェスティバルにも参加、好評を得ています。
劇団かかし座は、1952年、日本で最初の影絵専門劇団として活動を開始しました。現在は、影絵の技術を更に発展させた新たな舞台作品をはじめ、出版、テレビ、映像作品、シャドウ・アート(影絵展示物)などの総合エンターテイメントを国内外に発信しています。近年では手影絵のみの作品「Hand Shadows ANIMARE」で毎年海外のフェスティバルに出演、好評を得ています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ