お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


美貴ヲの劇 『アウトロー:マジカルガール』〜誰かを愛する人の気持ちが、少しだけマシになりますように〜

公演期間

2019年1月9日 (水) 〜2019年1月13日 (日)

会場

下北沢 OFFOFFシアター

取扱チケット

通常:3,400円/木曜割:3,200円/緊縛回:3,900円
1,000円割引!脚本入パンフレット付券:4,400円 → 脚本入パンフレット付カンフェティ席:3,400円!
(全席自由・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

劇団俳小公演「群盗」のチラシ画像

劇団俳小公演「群盗」

2018年12月12日 (水) 〜2018年12月16日 (日)

日暮里 d-倉庫

ROSE GUNS DAYS-Last Season-のチラシ画像

ROSE GUNS DAYS-Last Season-

2018年12月28日 (金) 〜2018年12月31日 (月)

シアターサンモール

ダンスセッション2019のチラシ画像

ダンスセッション2019

2019年1月27日 (日)

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

「陰獣 INTO THE DARKNESS」のチラシ画像

「陰獣 INTO THE DARKNESS」

2019年1月17日 (木) 〜2019年1月20日 (日)

赤坂レッドシアター

週刊少年てんぎょのチラシ画像

週刊少年てんぎょ

2019年1月23日 (水) 〜2019年1月27日 (日)

中野 ザ・ポケット


公演情報詳細・注意事項

公演内容 【あらすじ】

ポップなドロドロがキャッチコピーの美貴ヲの劇がお送りする、愛憎エンターテイメント劇!

玉川上水での心中直前、太宰治が「人間失格」を執筆した当時の人間関係も紐解きながら、
現代に生きる人間失格男性と魔法少女を描きます。

「魔法少女よ、あなたは鐘が鳴る前に、三度、大切な者のことを知らないと言うだろう」

まだ恋も知らない女子高生が、ある日突然、魔法少女に任命される。
とあるアパートの一室では、人間失格男性を女達が待ちわびている。

「ただ一切は過ぎていきます」

清らかな魔法少女の日常が、太宰治「人間失格」の世界に侵食されていく……
1時間と少々、その過程を見守ってください。

◎11日(金)は有末剛先生が物語に寄り添って緊縛を施してくださる特別公演!
◎木曜割で200円お得!
公演ホームページ http://mikiwo.com/cp-bin/wordpress/2018/10/16/magical-girl/
出演 あべあゆみ / 板倉萌井上実莉(劇団SHOW) / 岩ア舞(劇団物語研究所) / 久木田かな子サトモリサトル(ゆるふ酒) / 林弦太(birdh93) / ひきのさつき三森あかね / ★SPECIAL GUEST★: 緊縛師有末剛(11日のみ)
スタッフ 演出・脚本: 美貴ヲ / 舞台監督: 砂山イサヲ / 照明: 志佐知香(FictiF) / 音響: Mana-T(TEAM空想笑年) / 美術: 砂山イサヲ美貴ヲ / 衣装: vin(vinちゃん製作所&カンパニー) / 制作: 宮原翔美貴ヲの劇 / 当日制作: 小島萌香古谷蓮
公演スケジュール <期間>
2019年1月9日 (水) 〜2019年1月13日 (日)

<公演日・開演時間>
1月9日(水)19:30(初日乾杯)
1月10日(木)19:30(木曜割)
1月11日(金)14:00(緊縛+イベント)/19:30(緊縛)
1月12日(土)14:00/19:30
1月13日(日)13:00/17:00(千秋楽イベント)

※開場は開演の30分前
チケット 通常:3,400円/木曜割:3,200円/緊縛回:3,900円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
通常:3,400円/木曜割:3,200円/緊縛回:3,900円
1,000円割引!脚本入パンフレット付券:4,400円 → 脚本入パンフレット付カンフェティ席:3,400円!
(全席自由・税込)

会場 下北沢 OFFOFFシアター
備考
団体概要 「子宮に響くポップなドロドロ」がキャッチフレーズ。
女系家族女子校育ちの美貴ヲが作・演出・美術を手がけるセルフプロデュース演劇ユニット。
女性の悲喜こもごもを、一方的に被害者ぶったり自分語りしたりせずに、コミカルにシニカルに描きます。
文学作品や聖書をオマージュすることも多いです。劇のテーマに沿った毒々しくてガーリーなビジュアルも見所です。

関連情報

関連サービス


ページトップへ