お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ワンツーワークス#27 「鯨を捕る」

公演期間

2019年3月14日 (木) 〜2019年3月24日 (日)

会場

赤坂レッドシアター

取扱チケット

全席指定(一般):4,800円
★初日割:4,000円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

ひとつのはな ♯5のチラシ画像

ひとつのはな ♯5

2019年3月29日 (金)

矢来能楽堂

母と惑星について、および自転する女たちの記録のチラシ画像

母と惑星について、および自転する女たちの記録

2019年3月5日 (火) 〜2019年3月26日 (火)

紀伊國屋ホール

クロウラーのチラシ画像

クロウラー

2019年3月28日 (木) 〜2019年3月31日 (日)

萬劇場

血のように真っ赤な夕陽のチラシ画像

血のように真っ赤な夕陽

2019年3月15日 (金) 〜2019年3月31日 (日)

劇団俳優座5階稽古場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 平成30年度文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
公演ホームページ http://www.onetwo-works.jp/works/kujira-o-toru
出演 関谷美香子進藤忠長田典之山下真人吉村健洋小林桃子小熊綸千葉心弓上村正子増田和原田佳世子小山広寿成生隆倫
スタッフ [美術]: 礒田ヒロシ / [照明]: 磯野眞也 / [音響]: 黒澤靖博 / [舞台監督]: 尾崎裕 / [衣裳]: 友好まり子 / [大道具]: イトウ舞台工房 / [小道具]: 原田佳世子 / [演出助手]: 成生隆倫 / [舞監助手]: 小山広寿 / [衣装助手]: 増田和 / [イラスト]: 古川タク / [デザイン]: 西英一 / [スチール]: 富岡甲之 / [舞台写真]: 黒木朋子 / [票券]: 川井麻貴シーボーズ / [協力]: アイズアトリエトモヨシイッツフォーリーズオールスタッフ劇団朋友さいたまゴールド・シアターGプロダクションタクンボックスワタナベエンターテイメント(以上、50音順)、一二の会 / [助成]: 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会 / [制作]: 藤川けい子 / [製作]: 株式会社オフィス ワン・ツー
公演スケジュール <期間>
2019年3月14日 (木) 〜2019年3月24日 (日)

<公演日・開演時間>
チケット発売日:2019年1月31日(木)11時〜

3月14日(木) 19:00 ★初日割
3月15日(金) 19:00 公開ダメ出し「ガチでやります」 出演者の誰か×古城十忍
3月16日(土) 14:00
3月17日(日) 14:00
3月18日(月) 19:00 出演者トーク1。
        「役として生きる」 進藤忠+長田典之+上村正子+関谷美香子
3月19日(火) 19:00 出演者トーク2。
        「舞台表現の楽しさ」吉村健洋+小林桃子+小熊綸+関谷美香子
3月20日(水) 14:00
3月20日(水) 19:00 スペシャル対談1。
        「生きづらい理由」諸富祥彦(明治大学教授)x古城十忍
3月21日(木) 14:00 スペシャル対談2。
        「何を絵にするのか」古川タク(アニメーション作家)x古城十忍
3月22日(金) 19:00 バックステージ・ツアー
        「舞台からの眺め」 案内人:奥村洋治+小山広寿
3月23日(土) 14:00
3月23日(土) 19:00
3月24日(日) 14:00

*受付開始および当日券販売開始は開演の1時間前、開場は30分前です。
*10歳未満の児童はご入場いただけません。
*初日割」チケットは、11月22日(木)の回のみ
*「学生:3000円」はシーボーズのみの取扱い。
チケット 前売:4,800円
当日:5,000円
(税込)
※3月14日(木)のみ 初日割:4,000円 当日:5,000円
※「学生:3000円」はシーボーズのみの取扱い。

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):4,800円
★初日割:4,000円
(税込)
会場 赤坂レッドシアター
備考
団体概要 劇作家・演出家の古城十忍を代表とする演劇集団。元劇団一跡二跳の主力メンバーを中心に、2010年に死刑制度の是非を問う『死ぬのは私ではない』で活動をスタートさせた。古城十忍の新作書き下ろしオリジナル作品、翻訳劇、ドキュメンタリーシアターなど、幅広い作品を通して「社会に意見する演劇」を世に送り出し続けている。

関連情報

関連サービス


ページトップへ