お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

文学座 文学座公演 寒花(かんか)

公演期間

2019年3月4日 (月) 〜2019年3月12日 (火)

会場

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

取扱チケット

16名限定!一般6,000円 → 6,000円 +4,500Pゲット!(3/7 19時00分更新)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

「奇跡の人」のチラシ画像

「奇跡の人」

2019年4月13日 (土) 〜2019年4月29日 (月・祝)

東京芸術劇場 プレイハウス

十二番目の天使のチラシ画像

十二番目の天使

2019年3月16日 (土) 〜2019年4月4日 (木)

シアタークリエ

劇団かもめんたる第7回公演「宇宙人はクラゲが嫌い」のチラシ画像

劇団かもめんたる第7回公演「宇宙人はクラゲが嫌い」

2019年5月11日 (土) 〜2019年5月19日 (日)

赤坂 RED/THEATER

イキウメ「獣の柱」【東京公演】のチラシ画像

イキウメ「獣の柱」【東京公演】

2019年5月14日 (火) 〜2019年6月9日 (日)

シアタートラム


公演情報詳細・注意事項

公演内容 1910年、極寒の旅順監獄に伊藤博文を暗殺した朝鮮人青年・安重根が送られてくる。
彼を〈無事〉死刑にする服させるために派遣された外務省高官と、監獄という閉ざされた世界でぶつかりあう日本人職員たちの中で、危険なテロリスト安重根だけが誇り高い静けさの中で死と向き合っていた…。
1997年文学座アトリエの会にて初演、読売演劇大賞優秀作品賞・紀伊國屋演劇賞個人賞(鐘下辰男)受賞の衝撃作が、スケール・アップしてよみがえります。魂震わせる舞台との出会いにこうご期待。
公演ホームページ http://www.bungakuza.com
出演 大滝寛得丸伸二瀬戸口郁若松泰弘鈴木弘秋横山祥二佐川和正細貝光司 / 池田倫太朗 / 常住富大新橋耐子
スタッフ 作: 鐘下辰男 / 演出: 西川信廣 / 美術: 池田ともゆき / 照明: 阪口美和 / 音響効果: 中嶋直勝 / 衣裳: 岸井克己 / 音楽: 上田亨 / 舞台監督: 寺田修
公演スケジュール <期間>
2019年3月4日 (月) 〜2019年3月12日 (火)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
3月9日(土)13:30
3月10日(日)13:30
3月11日(月)18:30
各4名 計12名

※開場は開演の30分前

チケット 一般6,000円
夜割[3/4・8夜公演]4,000円
ユースチケット[25歳以下]3,800円
※ユースチケットは要証明書提示
※他、各種割引あり。詳細は団体HPにて
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
16名限定!一般6,000円 → 6,000円 +4,500Pゲット!(3/7 19時00分更新)
会場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
備考 ※最前列 1列〜20番はつぶし席となります。
団体概要 1937年、久保田万太郎、岸田國士、岩田豊雄の三人の文学者により創立。「真の意味における『精神の娯楽』を舞台を通じて知識大衆に提供する」を理念に”大人の鑑賞”に絶えうる演劇を送り出してきました。80年の劇団の歴史を支えた俳優やスタッフは数えきれず、現在も、江守徹、角野卓造、渡辺徹、今井朋彦らが舞台や映像で活躍。また洋画、海外ドラマの吹き替えにも活躍の場が広がっています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ