お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


金春会定期能【4月】

公演期間

2019年4月7日 (日)

会場

国立能楽堂

取扱チケット

一般:6,000円
25歳以下優待券(脇正面):2,500円※当日、年齢のわかるものをご持参ください。
(全席自由・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

観世九皐会若竹能7月公演のチラシ画像

観世九皐会若竹能7月公演

2019年7月28日 (日)

矢来能楽堂

五蘊会のチラシ画像

五蘊会

2019年6月15日 (土)

十四世喜多六平太記念能楽堂

加藤眞悟 明之会のチラシ画像

加藤眞悟 明之会

2019年5月5日 (日・祝)

国立能楽堂

第四十六回花影会のチラシ画像

第四十六回花影会

2019年9月16日 (月・祝)

観世能楽堂


公演情報詳細・注意事項

公演内容 【演目】

能「田村」
シテ:金春穂高  ワキ:野口能弘 
笛:栗林祐輔  小鼓:鳥山直也  大鼓:亀井洋佑
主後見:横山紳一  地頭:金春安明

狂言「土筆」
シテ:山本則俊  アド:若松隆

能「東北」
シテ:本田布由樹  ワキ:宝生欣哉  アイ:山本則重
笛:藤田次郎  小鼓:幸信吾  大鼓:大倉栄太郎
主後見:櫻間金記  地頭:本田光洋

能「是界」
シテ:高橋忍  ツレ:中村昌弘  ワキ:福王和幸  アイ:山本則秀
笛:槻宅聡  小鼓:田邊恭資  大鼓:高野彰  太鼓:大川典良
主後見:辻井八郎  地頭:山中一馬

【あらすじ】

能「田村」
旅の僧が清水寺で桜の下を清める童子と出会う。童子は坂上田村丸が清水寺を建立したという縁起を語り、東山の名所を教え姿を消す。門前の男と話した僧が読経をしていると、武将姿の田村丸の神霊が現れ、千手観音の加護を得て、伊勢国鈴鹿山の賊を退けた武勲を語り、鬼神との戦いを見せて観音の霊験をたたえる。

狂言「土筆」
男が友人を誘って早春の野遊びに行き、土筆や芍薬を見つけ、歌を詠み、その歌のもとになった古い歌をあげるが、引いた歌の言葉を間違えていると言い争いになる。そこで相撲を取ることになり・・・。

能「東北」
旅の僧が東北院で梅を眺めていると、若い女が現れる。女は和泉式部が東北院に梅を植え、軒端の梅と名付けたと述べ、自分こそ花の主であると告げ、姿を隠す。門前の男から話を聞いた僧が読経をしていると、式部の霊が現れ、法華経の功徳によって歌舞の菩薩となったと語り、静かに舞を舞う。

能「是界」
大唐(古代の中国)の天狗の首領、是界坊が仏法を妨げようと日本へやって来る。是界坊は愛宕山の天狗太郎坊に会い、比叡山を標的にすることを決める。比叡山の飯室の僧正に仕える男が僧正よりも先に宮中へ向かうが、天狗の羽風で吹き飛ばされそうになる。祈祷の勅命を受けた僧正が車で宮中へ急いでいると、大天狗の姿になった是界坊が出現し威嚇するが、僧正の法力は強く、是界坊は不動明王や神々の吹き起こす風によって追い払われる。
公演ホームページ https://www.komparunews.com/schedule2019?_fsi=5ye7uuPQ#suke201904
出演 詳細は上記内容欄をご確認ください。
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2019年4月7日 (日)

<公演日・開演時間>
04月07日(日) 12:30(開場11:45)
※上演時間:約4時間50分
チケット 一般:6,000円
25歳以下優待券(脇正面):2,500円※当日、年齢のわかるものをご持参ください。
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:6,000円
25歳以下優待券(脇正面):2,500円※当日、年齢のわかるものをご持参ください。
(全席自由・税込)
会場 国立能楽堂
備考 ※都合により、演者・曲目が変更することがございます。予めご了承下さい。
団体概要

関連サービス


ページトップへ