お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

英国ロイヤル・オペラ 2019年日本公演 「ファウスト」【神奈川県民ホール】

”オペラ界の女王”、4年ぶりの来日!

公演期間

2019年9月22日 (日)

会場

神奈川県民ホール 大ホール

取扱チケット

S席:59,000円※1階席保証!
B席:45,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

「オテロ」のチラシ画像

「オテロ」

2019年9月14日 (土) 〜2019年9月16日 (月・祝)

神奈川県民ホール 大ホール

「ファウスト」【東京文化会館】のチラシ画像

「ファウスト」【東京文化会館】

2019年9月12日 (木) 〜2019年9月18日 (水)

東京文化会館(大ホール)

柴田智子 SOPRANO FOLKLOREのチラシ画像

柴田智子 SOPRANO FOLKLORE

2019年6月21日 (金)

豊洲シビックセンターホール

水平線が見える空間のチラシ画像

水平線が見える空間

2019年6月20日 (木)

スペースDo

北本フォークジャンボリー2019のチラシ画像

北本フォークジャンボリー2019

2019年8月11日 (日・祝)

北本市文化センター ホール


公演情報詳細・注意事項

公演内容 < あらすじ>
16世紀のドイツでの物語
老学者ファウストは、学問など無駄だったと嘆き、毒を飲もうとしている。そこに悪魔メフィストフェレスが現れ、欲しいのは金か名誉かと聞く。失った青春の快楽を望むファウストに、メフィストフェレスはそれを与える代償として死後の魂をわたすように言う。ためらうファウストだったが、美しい娘マルグリートの幻影に魅せられ、悪魔との取引に応じる。薬を飲んだファウストは一瞬で若者になる。

祭りで賑わう広場。ヴァランタンは明日戦地に向かうが、一人残していく妹マルグリートを心配している。そこにメフィストフェレスがやって来て人々に近づくが、悪魔であることがばれて退散する。一方ファウストはマルグリートに愛を告白。しかし慎み深く断られる。

ファウストとメフィストフェレスはマルグリートの家の前に宝石の入った箱を置く。マルグリートは美しい宝石を見て驚く。隣人のマルトと話しているところにファウストとメフィストフェレスが戻って来る。ファウストはマルグリートを、メフィストフェレスはマルトを、それぞれ口説く。頑ななマルグリートも、最終的にファウストの愛を受け入れる。

ファウストの子どもを身ごもったマルグリートが教会で祈っている。去って行ったファウストを忘れられずにいるマルグリートを悪魔たちの合唱が包む。

広場には兵士たちが集まっている。ヴァランタンも帰って来たが、妹が未婚の母になったことを知って激怒する。マルグリートへの行いを後悔するファウストだが、妹を弄んだことに怒るヴァランタンとは決闘となる。悪魔の力を借りたファウストに負け、ヴァランタンは命を落とす。

ファウストはワルプルギスの夜の騒ぎのなかに連れて来られる。ファウストは踊る美女たちのなかにマルグリートの幻影を見る(バレエの場面)。

ファウストはマルグリートのもとへ。彼女は生まれた子どもを殺した罪で囚われている。二人は再会を喜ぶが、マルグリートはすでに正気を失っていた。ファウストとメフィストフェレスは、マルグリートを牢から逃れさせようとするが、彼女はそれを頑なに拒む。やがてマルグリートの魂は昇天し、メフィストフェレスは大天使ミカエルの前に倒される。


<見どころ&ききどころ>
 オペラ『ファウスト』には、コンサートで単独でとりあげられるアリアがいくつもあります。“フランス近代歌曲の父”と呼ばれた作曲家グノーらしいといえるでしょう。また、このプロダクションでは、演出家マクヴィカーによるアイデアが作品の魅力を倍増しています。ここだけは逃さないで! (このプロダクションの設定は、1870年代のパリ)

第1幕
「私に快楽を!」は、ファウストが長らく秘めてきた願望を流麗な旋律に乗せて情熱的に歌いあげる最初の聴きどころです。悪魔との契約を結んだファウストが一瞬にして青年に変身するのもみどころの一つ。

第2幕
出征を控えたヴァランタンが歌う「祖国を離れる前に」は、のこしていく妹マルグリートを案じる歌。
メフィストフェレスが歌う〈金の小牛のロンド〉。金の小牛は神に対抗する邪教のシンボルであり、その周りで踊り狂う者たちの音頭をとるのが悪魔なのだ、とメフィストフェレスの邪悪な本性を表します。
踊り子たちが楽しげに踊り歌う〈ファウストのワルツ〉は管弦楽曲として演奏されることも多い一曲。このプロダクションでは、マルグリートは「キャバレー地獄」のウェイトレスという設定です。

第3幕
ファウスト、マルグリートの聴かせどころが続々! 「この清らかな住まい」はマルグリートへの愛慕の情を抒情の限りを尽くして歌うファウストの聴かせどころ。マルグリートが歌う〈トゥーレの王の歌〉は素朴なバラードふうの歌で、途中にレチタティーヴォ的な呟きが挟まれます。この後に歌われる〈宝石の歌〉はコロラトゥーラの技巧も要求される華麗なアリア。マルグリート役最大の聴かせどころです。

第4幕
オルガンの鳴る厳かな教会で繰り広げられるのは、マルグリートを地獄に落とそうするメフィストフェレスと敬虔なマルグリートの迫真の戦い。ゾクゾクさせられます。
帰還を喜ぶ兵士たちの合唱「武器を捨てよう」は勇壮で軽快な行進曲。

第5幕
ワルプルギスの夜に連れて来られたファウストの目の前で繰り広げられる「ジゼル」ふうのバレエにはお腹の大きいバレリーナや、死んだはずのヴァランタンが登場し、果ては乱痴気騒ぎへ。マルグリートの幻影を見たファウストは、彼女への想いを募らせます。
子どもを殺した罪で処刑されるマルグリートが繋がれた牢獄で悔恨の涙にくれるファウストと再会したマルグリートが歌うのは情熱的な愛の二重唱「わが心は恐れでいっぱいだ」。緊迫した「早く、早く!」は、彼女を逃がそうとするファウストとメフィストフェレスとそれを拒むマルグリートの三重唱。安らかな響きに幕が閉じるとき、マルグリートの魂の救済を表します。
公演ホームページ https://www.nbs.or.jp/stages/2019/roh/index.html
出演 ファウスト: ヴィットリオ・グリゴーロ / メフィストフェレス: イルデブランド・ダルカンジェロ / マルグリート: レイチェル・ウィリス=ソレンセン / 指揮: アントニオ・パッパーノ
スタッフ 演出: デイヴィッド・マクヴィカー
公演スケジュール <公演日>
2019年9月22日 (日)

<公演日・開演時間>
09月22日(日) 15:00
※開場は、開演の45分前です。
(上演時間約3時間40分 休憩1回含む)
チケット S席:59,000円
A席:52,000円
B席:45,000円
C席:37,000円
D席:30,000円
E席:23,000円
F席:16,000円
U29シート(「横浜音祭り2019」特別料金):8,000円※
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:59,000円※1階席保証!
B席:45,000円
(全席指定・税込)
会場 神奈川県民ホール 大ホール
備考 ※開演時間に遅れますと、休憩時間までお待ちいただくか、場合によっては指定された場所でのお立見になります。
※会場内での写真撮影・録音・録画等、著作権・肖像権を侵害する行為がなされた場合は、機材をお預かりし、記録されたメディアやデータを没収または消去させていただきます。
※本公演会場には駐車スペースがありません。
※未就学児童のご入場はお断りします。
※インターネットオークション等による営利目的での転売はお断りします。
団体概要

関連サービス


ページトップへ