お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


Being at home with Claude〜クロードと一緒に〜【当日引換券】

公演期間

2019年4月16日 (火) 〜2019年4月28日 (日)

会場

横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

取扱チケット

【一般席引換券】:8,300円(税込)

※日時によって出演者が異なります。事前にご確認の上お申込ください。

【一般席引換券】
※当日、開演の60分前より受付にて座席指定券とお引換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

※プレビュー公演の当日引換券はこちら
※学生チケットはこちら

  • 直前販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 速報!W(ダブル)キャスト、W(ダブル)演出によるW(ダブル)チームで、4回目の開幕!
『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜』


2014年の日本初演以来、W(ダブル)キャスト(初演)、スウィッチキャスティング(再演)、読み聞かせ〜Lecture-Spectacle〜(再々演)と、その上演形態を変化させながら進化してきた『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜』が、4度目の開幕を迎えます。
2019年は、その舞台であるモントリオールの雰囲気を色濃く湛えた、横浜赤レンガ倉庫。港町の風景が既にその道のりすらも演出しているかのような会場で今回展開されるのは、演出家、キャストともにW(ダブル)チームで臨むという新しい挑戦です。
ある“殺人”をめぐり、そのほとんどが、主役の「彼」と、彼を取り調べる「刑事」の二人による会話から構成される当作品。ふたりの攻防から浮き彫りにされていく人間ドラマに、特殊な舞台装置と客席の配置が、さらなる臨場感をもたらします。

田尾下哲氏演出によるチーム【Blanc】(ブラン)で今回3度目の「彼」を演じる松田凌は「この作品に携わると人生を少し変えてもらえるんです」と語り、石橋祐、福澤重文、鈴木ハルニとともに、作品が投げかける「愛とは、生とは、人とは」という問いかけに、ひりひりするような緊迫感と、深く繊細な心情表現で肉薄していきます。
また、保科由里子氏演出によるチーム【Cyan】(シアン)で主役の「彼」に初挑戦する小早川俊輔は、根本正勝、川野直輝、澤田拓郎とのチームで積み上げた時間について「創ってきたものを信じられ、相手役と影響し合えることに尊さを感じます」と語り、言葉で、身体で、ともにぶつかり合いながらの頭脳戦を展開。
同じ作品でありながら全く異なる色彩を見せる【Blanc】と【Cyan】。そのふたつの顔を同時期に覗き見ることができるのも、今回の上演形態の醍醐味の一つです。
是非、赤レンガ倉庫で、その特別な時間を体験してみてください。


W主演:松田凌と小早川俊輔。W演出:田尾下哲と保科由里子。
全キャストWで挑む4度目の上演!

★★★WEBインタビュー記事はこちら!★★★




1967年7月5日、月曜午前10時。
カナダ、モントリオール、裁判長の執務室。
容疑、殺人。

自首してきた若い男娼。
外には大勢のマスコミ。
刑事の取調べは36時間を超えた。

真実だけが、見付からない。

STORY
1967年 カナダ・モントリオール。裁判長の執務室。
殺人事件の自首をしてきた「彼」は、苛立ちながら刑事の質問に、面倒くさそうに答えている。男娼を生業としている少年=「彼」に対し、明らかに軽蔑した態度で取り調べを行う刑事。部屋の外には大勢のマスコミ。
被害者は、少年と肉体関係があった大学生。
インテリと思われる被害者が、なぜ、こんな安っぽい男娼を家に出入りさせていたか判らない、などと口汚く罵る刑事は、取り調べ時間の長さに対して、十分な調書を作れていない状況に苛立ちを隠せずにいる。
殺害後の足取りの確認に始まり、どのように二人が出会ったか、どのように被害者の部屋を訪れていたのか、不貞腐れた言動でいながらも包み隠さず告白していた「彼」が、言葉を濁すのが、殺害の動機。
順調だったという二人の関係を、なぜ「彼」は殺害という形でENDにしたのか。
密室を舞台に、「彼」と刑事の濃厚な会話から紡ぎ出される「真実」とは。
公演ホームページ https://www.zuu24.com/withclaude2019/
出演 松田凌小早川俊輔石橋祐根本正勝福澤重文川野直輝鈴木ハルニ澤田拓郎
スタッフ 原作: ルネ=ダニエル・デュボワ / 翻訳: イザベル・ビロドー、三宅優 / 総合演出: 田尾下哲 / 上演台本・演出: 保科由里子 / 演出補: 木村孔三
公演スケジュール <期間>
2019年4月16日 (火) 〜2019年4月28日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
04月16日(火) 19:30◇
04月17日(水) 19:30◆
04月18日(木) 13:00◇
04月19日(金) 19:30◆
04月20日(土) 13:00◆ / 18:00◇
04月21日(日) 13:00◇ / 18:00◆
04月22日(月) 19:30◇
04月23日(火) 19:30◆
04月24日(水) 19:30◇
04月25日(木) 13:00◆
04月26日(金) 19:30◇
04月27日(土) 13:00◇ / 18:00◆

◆:Blanc 松田凌、石橋祐、福澤重文、鈴木ハルニ(演出:田尾下哲)
◇:Cyan 小早川俊輔、根本正勝、川野直輝、澤田拓郎(演出:保科由里子)
チケット 一般席:8,300円
学生:3,900円(各回枚数限定/当日引換券)
プレビュー公演:3,900円(Cyan:4月13日、Blanc 4月14日)
(全席指定・税込)

※「プレビュー公演」「学生」のチケットは、2月23日(土)10:00より発売となります。

<カンフェティ取扱チケット>
【一般席引換券】:8,300円(税込)

※日時によって出演者が異なります。事前にご確認の上お申込ください。

【一般席引換券】
※当日、開演の60分前より受付にて座席指定券とお引換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

※プレビュー公演の当日引換券はこちら
※学生チケットはこちら
会場 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
備考 ※15歳未満入場不可
映画のR-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りします。
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ