お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

オフィスコットーネプロデュース 「山の声−ある登山者の追想−」オリジナルバージョン【東京公演】★当日引換券

大竹野正典没後10年記念公演 第3弾

公演期間

2019年5月17日 (金) 〜2019年5月19日 (日)

会場

GEKI地下リバティ

取扱チケット

[自由席(整理番号付)引換券]:3,500円(税込)

[自由席(整理番号付)引換券]
※当日、開演の45分前より受付にて自由席券とお引換えください。

  • 直前販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 大阪の怪優・戎屋海老と村尾オサムが東京の下北沢に降臨!

「山の声 −ある登山者の追想―」 第16回OMS 戯曲賞大賞作品

本作品は、小説「孤高の人」のモデル登山家・加藤文太郎の生き様と厳冬期槍ヶ岳の遭難事故をモチーフに描いています。

昭和初期、社会人登山家としての道を開拓し、果敢に独り雪山に挑戦し続けた加藤文太郎。いかなる場合でも周到な計画のもとに単独行動する彼が、岳友・吉田登美久と共に槍ヶ岳で消息を絶ったのは、昭和11年の厳冬だった・・・。

「人は死を賭けてまで何故、山に挑み続けるのか・・・」彼のこの果てしない問いかけはやがては「人は何故、生きるのか」という普遍的なテーマに繋がっていくのです。

オフィスコットーネでは、2012年から「山の声」を度々上演しておりますが、今回は 2009 年の初演・大竹野正典さん演出でオリジナルキャストによる上演です。
公演ホームページ http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/ootakeno10/yamanokoe.html
出演 戎屋海老村尾オサム(遊劇体)
スタッフ 作・演出: 大竹野正典 / プロデューサー: 綿貫凜
公演スケジュール <期間>
2019年5月17日 (金) 〜2019年5月19日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
05月17日(金) 19:00
05月18日(土) 14:00
05月19日(日) 13:00 / 17:00
※開場は開演の20分前、受付開始は開演の45分前。
チケット 前売・当日 自由席(整理番号付):3,500円(税込)
前売のみ  2作品通し券:7,300円(税込)

※2作品通し券のカンフェティでの取扱はございません。

<カンフェティ取扱チケット>
[自由席(整理番号付)引換券]:3,500円(税込)

[自由席(整理番号付)引換券]
※当日、開演の45分前より受付にて自由席券とお引換えください。
会場 GEKI地下リバティ
備考 ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ