お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ひとり文芸ミュージカル 乙姫 -おとひめさま-

ひとり文芸ミュージカル

公演期間

2019年8月1日 (木)

会場

観世能楽堂

取扱チケット

S席:9,000円
A席:7,000円
B席:5,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 この作品は、万葉集「浦島伝説」に登場する乙姫に焦点を当てて作られた作品です。 誰もが知っている「浦島太郎」の物語ですが、高橋虫麻呂による万葉集の歌では、それはとても残酷に描かれています。 海で魚釣りに夢中になるあまり、海の境を通り越してしまった太郎が、海神(わだつみ)の娘である乙姫と出会い、夫婦の契りを結んで常世の国まで一緒に赴き、永遠に愛し合う。残酷なのはこの後です。乙姫との約束を破って玉手箱を開けてしまった太郎は、もがき苦しみ、断末魔の声を上げて息絶えるのです。

一方で島崎藤村の詩「浦島」は、二人の運命の出会いをとてもロマンティックに描き、それは現代の私たちにも共感を抱かせます。

この二つの作品をベースにして描かれる本作品は、永遠の命を持つ乙姫から見た 人間の愚かな行いである戦争への戒め、善と悪を背中合わせに持っている人間の罪を観る人に想像させます。そして、ラストシーンてでは、乙姫は永遠の命よりも太郎の側に行く事を選ぶのです。

この物語を日本古来の壮大なファンタジーとして見せるのがこの作品の特徴です。 島崎藤村の詩をメインテーマ曲とし、日本古来の沖縄舞踊を取り入れ、ひとり芝居仕立てのミュージカルという斬新な手法で舞台化。前口上には二人の役者を据え、乙姫の歌や舞いを引き立てる役割も担っています。

衣装は十二単を思わせる和の中に洋も感じさせる オリジナルの着物を製作。ミュージカルでもあり、オペレッタの様でもあるこの作品が、日本の伝統芸能の場である能舞台においてどのように昇華するのか、是非ご期待ください。

【原 作】万葉集「浦島伝説」
【原 案】島崎藤村「浦島」落梅集より

特別講座
【万葉と香 〜令和の新時代へ】
 稲坂良比呂(銀座香十 前社長・香の伝道師)

【浦島伝説いま・むかしー令和のヴィーナス誕生へー】
 倉持長子(文学博士)
公演ホームページ http://maruru.net/otohimesama/
出演 乙姫: 源川瑠々子 / 前口上: 柳志乃CAMIYU神津優花
スタッフ 脚本: スミダガワミドリ / 演出・音楽: 神尾憲一 / 衣装: ひろさわ美樹
公演スケジュール <公演日>
2019年8月1日 (木)

<公演日・開演時間>
08月01日(木) 13:00
※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約2時間予定 (特別講座30分 休憩10分 本公演90分)
チケット SS席:12,000円
S席:9,000円
A席:7,000円
B席:5,000円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:9,000円
A席:7,000円
B席:5,000円
(全席指定・税込)
会場 観世能楽堂
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ