お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

マーティン・シュレップァー演出 バレエ・アム・ライン 《白鳥の湖》

バレエ・アム・ライン 初来日公演!

公演期間

2019年9月20日 (金) 〜2019年9月21日 (土)

会場

Bunkamura オーチャードホール

取扱チケット

12名限定!A席17,000円 → 13,500円さらに500Pゲット!

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★カンフェティ9月号インタビュー掲載記事はコチラ!


ヨーロッパの最先端! 話題のバレエ・カンパニー
バレエ・アム・ライン 衝撃の初来日!


世界中が大悲鳴! 連日チケット売切れで観たくても観られないファンが続出!!
“バレエの中のバレエ”と称されるチャイコフスキーの《白鳥の湖》は、1877年のモスクワ・ボリショイ劇場で世界初演され、1895年にサンクトペテルブルクにてマリウス・プティパとレフ・イワーノフによって改訂・振付が施され、現在もプティパとイワーノフの改訂版を基に世界各地で上演されている。バレエ・アム・ラインでは、マーティン・シュレップァー版《白鳥の湖》を2018/19のシーズンにデュッセルドルフとデュースブルクで上演、チケットは発売早々全公演が売り切れた。“魅惑的な暗闇、精神的な秘密と原形”に焦点を当て、肉体的にも表現力の豊かさにも富んだシュレップァーの個性的な振付で演出されたステージは、幽霊や超自然的な現象など未だ解明されていない事柄に対する私たちの想像力を掻き立てる。
公演ホームページ https://ballettamrhein.jp/
出演 バレエ・アム・ライン(ライン・ドイツ・オペラ バレエカンパニー) / 指揮: 小林資典(ドルトムント市立オペラ 第一指揮者) / 演奏: シアターオーケストラトーキョー(東京公演)、大阪交響楽団(兵庫公演)
スタッフ 演出: マーティン・シュレップァー(バレエ・アム・ライン芸術監督/振付家)
公演スケジュール <期間>
2019年9月20日 (金) 〜2019年9月21日 (土)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
09月20日(金) 18:30
09月21日(土) 11:30 / 18:30
各4名 計12名

公演時間:約2時間45分(休憩1回)

※開場は、開演の45分前です。
チケット SS席25,000円
S席20,000円
A席17,000円
B席14,000円
C席11,000円
D席8,000円
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!A席17,000円 → 13,500円さらに500Pゲット!

理由あってなっトク価格!チケットとは?
会場 Bunkamura オーチャードホール
備考 ※未就学児入場不可
※やむを得ない事情により、出演者等が変更になる場合がございます。その場合もチケットの払い戻しは承りかねます。予めご了承ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ