お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

中井貴惠 〜小津安二郎映画を聞く〜音語り10周年記念公演 小津日和

公演期間

2019年10月10日 (木) 〜2019年10月14日 (月・祝)

会場

早稲田大学 小野記念講堂

取扱チケット

『小津映画と私』『音語り』公演
一般:4,000円
(全席指定・税込)

『映画』
一般 :1,000円
(全席自由・税込)※整理番号付き

※公演内容・出演者は公演ごとに異なります。公演スケジュールを必ずご確認の上ご購入ください。

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 音語り10周年記念公演を早稲田大学小野記念講堂で開催!

2009年から取り組んでいる『音語り 小津安二郎映画を聞く』シリーズ。
昭和の巨匠「小津安二郎」監督の映画を、朗読公演にするという大胆とも言える
アプローチにピアニスト松本峰明と共に取り組み、現在では「音語り」として
6作品を全国各地で上演しています。

中井貴惠にとっての小津安二郎監督は、両親の仲人でもあり、
また、孫のように可愛がられた思い出の方でもありました。

この活動の10周年を記念して、中井貴惠はもちろん、野田高梧(小津映画脚本家)、
佐田啓二(中井の父、小津映画出演俳優)の母校である、
早稲田大学の小野記念講堂にて、『小津日和』と題した5日間の記念公演をお届けします。
12日・13日には「音語り」作品の原作映画を同日上映!

〜音語りに寄せて〜
「それならシナリオを朗読してみたらどうだい?」
思いも寄らぬ一言だった。
「僕が朗読用の台本を作るよ。
 一人で出演者もナレーションもト書きも読むんだ。」
当時83才だった元小津組プロデューサーの山内静夫さんに
引っ張られるようにして、この「小津安二郎映画を聞く」
という音語りシリーズの制作が始まった。
「晩春」を皮切りに「秋日和」「東京物語」「お早よう」
「秋刀魚の味」「麦秋」と10年の間に小津監督の映画から
朗読作品を6作品つくった。
どの映画にも日本映画史を彩った名優たちが名を連ねる。
その名優がそれぞれの役に吹き込んだ「命」を
私は受け取り声にして伝える。
まさに声で聞く映画である。

小津組脚本家の野田高梧さん、父佐田啓二、
そして私自身の母校である早稲田大学で「小津日和」を
開催できることをとても嬉しく思っている。 

中井貴惠

----< あらすじ >----
「東京物語」 終戦から8年を経た夏、尾道に暮らす周吉と妻のとみは、子供たちが暮らす
東京に向けて旅立つ。久しぶりの再会を楽しみにでかけた夫婦であったが、
子供たちもそれぞれの暮らしに精一杯で、思うように面倒をみることが
出来ない。そんな中、戦死した次男の妻紀子だけが、親身になって二人の
面倒をみるのだった。力強い復興を始めた反面、戦争の爪痕が色濃く残る
日本の姿を、普遍的な「家族愛」とともに描き出した、小津安二郎監督の
世界に誇る代表作。

「秋刀魚の味」
妻に先立たれた平山は、娘の路子に家事一切を頼っていた。
同窓会に出席した夜、酩酊した恩師を送り、やもめの父の世話に追われ、
婚期を逃した恩師の娘の姿を目の当たりにした平山は、路子の縁談を
真剣に考え始める。終戦から17年が経ち、価値観が変わっていく世の中で、
老いと孤独を感じながらも、ひたむきに生きる人々を、喜劇的に描き出した
小津安二郎最後の監督作品。

「麦秋」
北鎌倉で3世代の家族と暮らす植物学者の間宮周吉と妻の志げ。
間宮家の気がかりは、適齢期を過ぎても呑気に独身生活を楽しんでいる娘
紀子のことであった。春のある日、大和から上京してきた兄茂吉は、
周吉にも大和で暮らすことを勧める。戦後大きく変わっていく家族のあり方、
女性の生き方、さらに老老介護など、現代に通じるテーマを取り上げ、
静かに描き出した秀作。

「晩春」 早くに妻を亡くし、それ以来娘の紀子に面倒をかけてきた大学教授
曾宮周吉は、娘が婚期を逃しつつあることが気がかりでならない。
周吉は自分に再婚話があると嘘をついて紀子に結婚を決意させようと
するのだが・・・。紀子は父への嫌悪と別れの予感にショックをうけてしまう。
原節子が小津映画に初主演。父娘の愛情を丹念に描き、小津独自のスタイル
を確立させた傑作。
公演ホームページ https://nakaikie.com/information.html
出演 中井貴惠(朗読) / 松本峰明(ピアノ) / 佐野史郎(10日トークゲスト)
スタッフ
公演スケジュール <期間>
2019年10月10日 (木) 〜2019年10月14日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
10月10日(木) 14:00 音語り公演10周年特別企画『小津映画と私』ゲスト:佐野史郎
10月11日(金) 14:00 『音語り 晩春』
10月12日(土) 14:00 『音語り 秋刀魚の味』
10月12日(土) 16:15 映画『秋刀魚の味』
10月13日(日) 14:00 『音語り 東京物語』
10月13日(日) 16:15 映画『東京物語』
10月14日(月・祝) 14:00 『音語り 麦秋』

※開場は、特別企画・音語りは開演の30分前、映画は15分前です。
チケット 『小津映画と私』『音語り』公演(全席指定・税込)
一般:4,000円
教職員・学生割引 :2,000円
(教職員証・学生証を当日提示)

『映画』(全席自由・税込)※整理番号付き
一般 :1,000円(当日1,300円)
教職員・学生割引 500円
(教職員証・学生証を当日提示)


<カンフェティ取扱チケット>
『小津映画と私』『音語り』公演
一般:4,000円
(全席指定・税込)

『映画』
一般 :1,000円
(全席自由・税込)※整理番号付き

※公演内容・出演者は公演ごとに異なります。公演スケジュールを必ずご確認の上ご購入ください。
会場 早稲田大学 小野記念講堂
備考 ※未就学児の入場はご遠慮ください。
団体概要

関連サービス


ページトップへ