お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


Comodo arts project 中村征夫・中村卓哉写真展 永遠の海・2万7000時間の旅

公演期間

2019年9月21日 (土) 〜2019年10月27日 (日)

会場

熊本県立美術館

取扱チケット

期間中有効券(一般・大学生):900円
期間中有効券(高校・中学生):800円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 世界の海を撮り続けてきた中村征夫の半世紀を一同に紹介。九州初上陸の原寸大「ザトウクジラの母子」など圧巻の作品が登場。また、20年にわたり辺野古の海を撮る息子・中村卓哉の作品も展示。海にかける親子の生き様と海からのメッセージをお届けします。
公演ホームページ http://www.museum.pref.kumamoto.jp
出演 中村征夫 / 中村卓哉
スタッフ
公演スケジュール <期間>
2019年9月21日 (土) 〜2019年10月27日 (日)

<公演日・開演時間>
9月21日(土)から10月27日(日)
9:30から17:15(入館は16:45)
休館日は月曜日(祝休日の場合はその翌日)
チケット 前売:一般・大学生900円、高校・中学生800円
当日:一般・大学生1,000円、高校・中学生900円
(税込)



<カンフェティ取扱チケット>
期間中有効券(一般・大学生):900円
期間中有効券(高校・中学生):800円
(税込)
会場 熊本県立美術館
備考
団体概要 中村征夫(なかむらいくお)
1945年秋田県潟上市生まれ。19歳のとき独学で水中写真を始め、撮影プロダクションを経て31歳でフリーランスとなる。1977年初めて東京湾に潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。数々の報道の現場を経験し、新聞でスクープを取るなど「海の報道写真家」として活躍。出版物、テレビ、ラジオ、講演会と様々なメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。主な受賞歴に、第13回木村伊兵衛写真賞、第28回講談社出版文化賞写真賞、第26回土門拳賞、2007年度日本写真協会年度賞などがある。
写真家中村征夫公式ページ( http://www.squall.co.jp )

中村卓哉(なかむらたくや)水中写真家。
10歳の時に沖縄の慶良間諸島でダイビングと出会い海中写真の虜となる。ライフワークの辺野古の海へは17年以上撮影で通い続けている。海中の世界の命のドラマをテーマにコラムなどの執筆や講演、カメラメーカーのアドバイザーなどもおこなう。最近ではテレビやラジオ、イベントへの出演を通じて、沖縄の海をはじめとする環境問題について言及する機会も多い。パプアニューギニアダイビングアンバサダー、公益社団法人日本写真家協会会員
水中カメラマン中村卓哉のホームページ( http://www.t-nakamura.com/index.html )

関連サービス


ページトップへ