お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ピアノ・デュオ 稲島早織 and 大石真裕 ピアノ・デュオ 稲島早織&大石真裕 2nd CD発売記念リサイタル

公演期間

2019年11月17日 (日)

会場

音楽の友ホール

取扱チケット

全席自由(一般):3,500円
全席自由(学生):3,000円
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ドヴォルザークが作曲した交響曲を、自身でピアノ連弾に編曲された内容で行われるピアノコンサート。
交響曲7,8,9番(ピアノ連弾版)ほか、関連する序曲を収録した大変珍しいCDを10月7日に発売する記念として、収録曲から3曲を演奏。
開演前に、演奏者らによる作品の解説などのトークも行われる。
公演ホームページ
出演 稲島早織大石真裕
スタッフ 調整中
公演スケジュール <公演日>
2019年11月17日 (日)

<公演日・開演時間>
13:00 開場
14:00 開演

※上演時間 約2時間
※13:15-13:45頃にかけて、舞台上にて演奏者による作品解説などが行われます。
チケット 前売:3,500円
当日:3,800円
その他:学生 3,000円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):3,500円
全席自由(学生):3,000円
(税込)
会場 音楽の友ホール
備考
団体概要 ピアノ・デュオ 稲島 早織 & 大石 真裕
2015年にプラハのスメタナ博物館にて初公演を開催し、チェコ国内の音楽情報誌にて好評を得る。
2016年にデビューCD【スメタナ:連作交響詩「わが祖国」ピアノ連弾版】を全国発売(ALCD-7196)。レコード芸術誌にて準特選盤に選出、日経新聞電子版にインタビューの記事と動画が掲載されるなど、各紙から高い評価を得る。同年5月12日、チェコ共和国大使館にて、プラハ春・国際音楽祭の開催を記念したスメタナ作曲「わが祖国」全曲公演を駐日チェコ共和国大使同席のもと開催。
第10回 かやぶき音楽堂デュオコンクール第1位。第13回 ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門 第2位。第34回 愛知ピアノコンクール連弾部門、ならびに2台ピアノ部門にて金賞。ピアノグランプリ2019最高位。


稲島 早織 Saori INAJIMA
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部、同大学研究科修了後、同大学にて嘱託演奏員を務める。在学中、学内オーディションに合格し、桐朋アカデミー・オーケストラ定期演奏会にてピアノ協奏曲のソリストを務めたほか、学内選抜演奏会、卒業演奏会、日本ピアノ調律師協会主催新人演奏会に出演。
全日本学生音楽コンクール東京大会、ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会、ピティナ・ピアノコンペティション特級など、数々のコンクールで入賞、入選。
日本、チェコ、フランス、ポーランドにて多数の音楽祭・コンサートに出演。文化庁主催「文化芸術による子供育成総合事業」のワークショップ公演にて、東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーと共に、各地の小・中学校で演奏。
これまでにピアノを飯田春美、楠原祥子、玉置善己の各氏、ソルフェージュ・和声を佐々木邦雄氏に師事。国内外のマスタークラスにおいて、数多くの著名なピアニストの指導を受ける。
現在、ピアニスト、ピアノ講師、ピアノ教材開発者として、幅広い活動を行っている。
公式サイト https://saoriinajimapf.wixsite.com/saori-officialsite


大石 真裕 Masahiro OISHI
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、プラハ音楽院を修了。
在学中よりピアノ・デュオの研究に力を入れ、横浜国際音楽コンクール、岐阜国際音楽祭コンクール、大阪国際音楽コンクール、国際ピアノデュオコンクール(東京)などで優秀な成績を収める。サントリーホール主催「レインボウ21 デビューコンサート」、愛知県文化振興事業団主催「若き音楽家による企画コンサート」、など、各地の企画公募で多数の選定経験を持ち、企画と演奏の双方で実績を重ねている。その他、現在では絶版となったアンサンブル作品の譜面から希少な作品を積極的に演奏する活動を行っており、スメタナ博物館、チェコ共和国大使館、公立ホールや美術館などで、様々な企画公演を開催している。
これまでに、糸川玲子、秦はるひ、川島伸達、斉木隆、田中麗子、村上弦一郎、M.ランゲルの各氏に師事。
また、公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)正会員として、プロカメラマンとしても活動しており、欧州方面を中心に撮影した作品が写真展や各専門誌等で発表・掲載されている。

関連サービス


ページトップへ