CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

LAL STORY 『さけび』

メインチラシ画像

LAL STORY 『さけび』

その舞台は、虚構か、現実か──

公演期間

2019年10月17日 (木) 〜2019年10月27日 (日)

会場

サンモールスタジオ

取扱チケット

前売:5,500円
(全席指定・税込)


一般販売

カンフェティ会員なら1%ポイント還元 詳細はこちら

この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!

オンラインストア



公演情報詳細・注意事項

公演内容 <イントロダクション>
2018年 LAL STORY-sp- 第一弾が始動した。
東憲司と朴璐美。
この二人は、朴の古巣である演劇集団円にて2度タッグを組み、3度目のタッグは東のホームである桟敷童子に朴が主演し、4度目のタッグは互いのホームを飛び出し、LAL STORY-sp- 第一弾としてアリエル・ドーフマン作「死と乙女」を上演し、高い評価を得た。
そして 2019年10月 LAL STORY-sp-第2弾が鳴動する。
東憲司と朴璐美は5度目のタッグを組む。
そして今回も、菊田一夫賞演劇賞や毎日芸術賞を受賞し、「死と乙女」でも劇世界の中で自由自在に生き、観客を混乱の渦に叩き込んだ山路和弘を再び迎え、超難作に挑む。

それは───
テネシー・ウィリアムズ作
「さけび」


演劇界の寵児だったテネシー・ウィリアムズが名声を失い失意のどん底にありながらも10年に渡り改稿し続けた彼の告白的私戯曲『さけび』。

「あなたと妹さんは──    
 狂っている!」


フェリースとクレア。この二人の兄妹の芝居とも現実ともつかない台詞の応酬に作家自身の「心の叫び」が赤裸々に曝け出される。
コミュニケーション不全が問題視される現代社会に現実と虚構の間から彼の「魂の叫び」が問いかけてくる。
​冷たい牢獄のような劇場から金色の向日葵を超えてシャボン玉は飛んでいけるのだろうか・・・
「外」へ・・・

​従来の形態では、私が経験した狂乱状態を表現できなかったのです。
──テネシー・ウィリアムズ


<あらすじ>

​座付き作家兼俳優の兄・フェリースとその劇団の看板女優の妹・クレア。
彼らが率いる劇団が、ある辺鄙な土地へ旅公演にやって来たのだが、「あなたと妹さんは───狂っている!」と、劇団員一同の署名入りの電報を残し、 全員跡形もなく消えてしまった。

残された二人の兄妹。 すでにお客は幕の向こうにいる。
フェリースは嫌がるクレアを説得し、急遽演目を「二人だけの芝居」に変更し、幕を上げるのだが、その内容は、二人が抱える暗くて悲惨な過去の事件へと結びついていくーーー。

 「なぜはっきり言わないの?私たちは異常だって!」
 「やめろ!自分で着れるものは、自分で着る!
  ここはヘイヴン州立精神病院じゃないんだ!」


現実と妄想が交錯する───
これは芝居なのか?現実なのか?クレアは狂っているのか?フェリースが狂っているのか?それとも...?

ウィリアムズの魂の叫びが、脆くも繊細で美しく、静かに情熱的に炸裂する。

───クレア、誰に電話しているんだい?───

───この世界の終わりに電話する相手なんて、誰一人いないわ───

───じゃぁ、どうして受話器を握っているの?───

───まだつながっているかな、と思って。 ───
公演ホームページ https://lal-story.wixsite.com/cry00
出演 山路和弘朴璐美
スタッフ 作: テネシー・ウィリアムズ / 演出: 東憲司
公演スケジュール <期間>
2019年10月17日 (木) 〜2019年10月27日 (日)

<公演日・開演時間>
10月17日(木) 19:00
10月18日(金) 19:00
10月19日(土) 13:00 / 18:00
10月20日(日) 13:00
10月21日(月) 19:00
10月22日(火) 13:00
10月23日(水) 19:00
10月24日(木) 14:00 / 19:00
10月25日(金) 19:00
10月26日(土) 13:00 / 18:00
10月27日(日) 13:00
※受付は開演の1時間前
​※開場時間は開演の30分前を予定
チケット 前売:5,500円
当日:6,000円
U-20割:3,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
前売:5,500円
(全席指定・税込)
会場 サンモールスタジオ
備考 <開演時間に遅れる場合>
・本公演では、開演の5分前までのご来場をお願いいたします。
 開演5分前を過ぎてご来場された場合は、ご予約のお座席にはご案内できない可能性がございますのでご了承ください。​
・開演時間を過ぎてご来場された場合は、ご入場いただけない可能性がございます。
・開演5分前、または開演時間に遅れる場合は、必ず下記お問い合わせ先までご一報いただけますよう、お願い申し上げます。

<お子様のご観劇について>
・未就学児童のご入場をご遠慮いただいております。予めご了承ください。

<車椅子でのご来場について>
・お座席までのスムーズなご案内のため、ご観劇日の前日までにお問い合わせ先までご連絡くださいますよう、お願いいたします。
・お付き添いの方がご観劇される場合は、チケットが必要となります。

<劇場での注意事項について>
・入場の際、安全措置のために、待機列の規制や、開場・開演時間の変更をさせて頂くことがございます。
・劇場付近での待機・場所取りは近隣の方々のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
・会場付近での入待ちや出待ちは、近隣のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
・会場内でのカメラ・携帯電話等による写真や映像の撮影、音声の録音は固くお断り申し上げます。
・上演中は携帯電話、時計のアラームなど音の出る電子機器の電源はお切りください。
・運営側で確認している高額の転売チケットをお持ちのお客様につきましては、入場をお断りいたします。
・当日はスタッフの誘導にご協力いただきますようお願いいたします。ルール及びスタッフの指示に
 ご協力いただけないお客様は、ご入場をお断りする場合がございます。
・上記の受付、入場方法等につきましては、やむを得ず当日変更させていただく場合がございます。

【お問合せ先】■LAL STORY
メール:lalstory.customer@gmail.com
電話:080-7727-0754(平日12時〜17時/公演期間中10時〜22時)
団体概要

関連サービス


ページトップへ