お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ANTIBO東野祥子×SFFW コラボレーション企画 『CORPO SURREAL』(コーポ・シューレアル)【東京公演】

公演期間

2020年2月23日 (日・祝) 〜2020年2月24日 (月・祝)

会場

スパイラルホール

取扱チケット

一般 前売:3,800円
(全席自由・税込)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 日本を代表するダンサー東野祥子と現代音楽家カジワラトシオが率いるパフォーマンス集団ANTIBODIES collectiveが、デンマークのネオ・パペットリーカンパニーSew Flunk Fury Wit (ソウ・フランク・フリィ・ウィット)と初のコラボレーション作品に挑戦します。
ダンスと音楽、映像、光、美術を駆使し、感覚の境界を超えるダイナミックな世界を展開し、国際的にも高い評価を得て来た東野祥子とカジワラトシオの二人が、等身大の人形に命を吹き込み、人間世界を摩訶不思議に描くSFFWとタッグを組み、2020年2月、新作『CORPO SURREAL』を上演します。その創作過程で生み出される様々な化学反応が、どのような作品となって舞台に展開されるのか期待されます。 2019年12月にデンマークでクリエーションした後、翌2月初頭にデンマーク第2の都市Aarhusオーフスで初演を迎え、次にコペンハーゲンのロイヤルオペラPlay Houseで上演し、日本での東京・京都Tourに向かいます。翌4月にはエジプトのカイロ、5月にはアンデルセンの生まれ故郷オデンセOdenseでの公演も予定されています。


新作『CORPO SURREAL』について 作家ノート by Svend E. Kristensen
『CORPO SURREAL(コーポ シューレアル)』は、グロテスクでユーモラスな7体の等身大の人形とダンスが、観客を不可思議な夢の世界に誘うハイパーシュールな音楽劇です。舞踊家東野祥子とSew Flunk Fury Witのユニークな技術の融合、そしてメキシコのサウンドアーティスト・作曲家Murcofとカジワラトシオによる現代オペラの共作。光り輝くような歌声のソプラノ歌手Nina Sveistrupによって物語は紡がれていきます。

私たちの体を夢の世界に変換し拡張したとき、人間はどうなるでしょうか?
CORPO SURREAL の発想の源は、人間であることの意味とは何かという疑問への探求です。 この作品を通して、身体性やジェンダー、セクシュアリティ、文化的に固定された役割として理解されている自身のアイデンテティから自己を解放する出口を模索します。
デジタル世界の自由なリアリティに浮遊する現象は、私たちのアイデンテティという考えにどのように影響するのでしょうか?
古い神話やおとぎ話は、自分自身を見つけることでした。しかし ポストモダニティの道のりでは、個人はすべての文化的枠組みと生物学的リンクから完全な自由を求めています。現代の広範する整形手術を通じて改造される身体や変容の誘惑。 新しい神話はあなた自身になることではなく、終わりも無いのです。それはむしろ、豊かな想像力を通してなされる継続的な変容です。自由への脱出にも見える、ハイパーシュールで終わりの無いおとぎ話なのです。

存在の境界を押し広げる願望から、人形は繊細で壊れやすく、恐怖や喪失感、怒りで炎症を起こしているといった夢想のキャラクターを体現しています。超現実的な生き物である彼らは、現実とハイパーシュールとの軋轢で湾曲し奇形となり、ねじれて不可思議な仮想の夢の状態を表現します。人間が突然変異したような怪物的な人形たちは、人形師スヴェンドとダンサー東野祥子によって操られ、詩的でダンサブルな宇宙の中で、ディスプレイと現実、ジェンダー、身体、自然と操作、静止と動き、生と死の間で揺れ動きます。それは主題と哲学の出発点としてのハイパーシュルレアリスムです。
人形たちはこの作品の中で、グロテスクでユーモラス、遊び心のある新しい身体と新しい声に挑戦します。彼らの動きの基礎は、ダンサーと同じように呼吸に依存しています。呼吸は両者の共通言語です。ダンスと人形の動き、この2つの強く輪郭を描いた表現は並行して実行され、相互に呼応して新しい創造の方法や動きのパターンを発見します。
公演ホームページ http://www.kaibunsha.net/
出演 Sew Flunk Fury Wit東野祥子 / 他
スタッフ 演出: Jesper Pedersen / 音楽: Murcof aka Fernandoカジワラトシオ / 脚本・歌詞: Neill C.Furio
公演スケジュール <期間>
2020年2月23日 (日・祝) 〜2020年2月24日 (月・祝)

<公演日・開演時間>
02月23日(日) 19:00
02月24日(月) 13:00 / 18:00
※開場は、開演の30分前です。
チケット 一般 前売:3,800円/当日:4,000円
ユース(25歳以下) 前売:2,800円/当日:3,000円 ※カンフェティ取扱なし
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般 前売:3,800円
(全席自由・税込)
会場 スパイラルホール
備考
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ