お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

イタリアの名門、ヴェルディ2作品を初演したゆかりの劇場! トリエステ・ヴェルディ歌劇場「椿姫」

公演期間

2019年11月9日 (土)

会場

フェスティバルホール

取扱チケット

先着限定!
S席:28,000円
A席:23,000円
カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 最高の歌手を得て、すべてを備えたオペラのすべてが引き出される!

《椿姫》にはすべてがある。私たちが人生を通じて味わう喜びも、苦悩も、救いもすべてが詰まっていて、終幕まで観る人の心を揺さぶり続けるのだ。イタリアでは「《椿姫》は豚だ」といわれる。肉から内臓や耳まですべてが美味しく食べられ、残すところがないという意味である。
ヒロインのヴィオレッタはパリの高級娼婦で、彼女に恋い焦がれるアルフレードへの真実の愛に目覚める。だが「汚れて」いるがためにブルジョワ社会から拒まれた挙句、結核で若い命を落とす。こうして悲劇へと向かう彼女の心の履歴が、名旋律を通じて聴き手の胸に生々しく届けられるのだ。華麗なコロラトゥーラで表された恋の芽生えには、胸のときめきを、恋人の父に強いられて自己犠牲を決める二重唱の心の移ろいには、涙を強いられ、死を前にしての心の叫びに、ますます涙を誘われる。ほかにもアルフレードや父ジェルモンのアリアなど、なにもかもが味わい深い。
 だが、《椿姫》の凝縮した魅力を引き出すには、華麗な表現から劇的な心の叫びまでを歌い描ける卓越したソプラノが欠かせない。それはだれか。筆者は迷いなく、「マリア・レベカ」と答える。宝石のような声であらゆる表現を歌いこなし、演技力も傑出している、いまスカラ座でもウィーンでもMETも、ヴィオレッタといえばレベカだ。ヴァルガスのノーブルなアルフレード、最高のヴェルディ歌いであるガザーレのジェルモンが加わり、極上の《椿姫》が約束されている。

※全3幕・イタリア語上演・日本語字幕付き
公演ホームページ https://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=1974
出演 ヴィオレッタ: マリナ・レベカ(ソプラノ) / アルフレード: ラモン・ヴァルガス(テノール) / ジェルモン: アルベルト・ガザーレ(バリトン) / ほか / 指揮: ファブリツィオ・マリア・カルミナーティ / 演奏: トリエステ・ヴェルディ歌劇場管弦楽団/合唱団
スタッフ 演出: ジュリオ・チャバッティ
公演スケジュール <公演日>
2019年11月9日 (土)

<公演日・開演時間>
11月09日(土) 15:00開演(14:00開場)
チケット S席:28,000円
A席:23,000円
B席:18,000円
C席:14,000円
D席:9,000円
BOX席:35,000円
SS席:32,000円
(全席指定・税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
S席:28,000円
A席:23,000円
カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)


理由あってなっトク価格!チケットとは?
会場 フェスティバルホール
備考 ※未就学児入場不可
団体概要

関連サービス


ページトップへ