お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

メインチラシ画像

日穏-bion- 第30回下北沢演劇祭参加作品 日穏-bion-第13回公演「明日花ーあしたばなー」

公演期間

2020年1月29日 (水) 〜2020年2月9日 (日)

会場

下北沢「劇」小劇場

取扱チケット

全席自由(一般):4,000円
全席自由(高校生以下):2,500円
(税込)

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 舞台は昭和25年(1950年)の東京近郊にある浅丘町。明治時代から続く小野花火店の隣にある中華料理店「りんどう」は、戦後初めて再開される花火大会の運営事務所となっている。そこで運営を仕切っている文山と名乗る男は、半年前、どうしても花火大会を開きたいと突然この町にやってきた。
彼はいったい何者なのか。
過去を語らない彼がこの町にやってきた理由とは・・・

2015年夏に東京と富山で上演し好評を博した作品の再演!
終戦から5年・・・誰もが人に言えない痛みを抱えていた時代。そんな傷ついた人々が戦後初めて開かれることになった花火大会を通じて再生していく物語を、笑いと涙と温もりたっぷりの日穏テイストでお届けします。
公演ホームページ http://bion.jp
出演 内浦純一岩瀬晶子山田将之本間剛菅井玲沖原一生和田裕太(Theatre劇団子) / 山崎和哉宮後真美たんじだいご
スタッフ 企画・脚本: 岩瀬晶子 / 演出: たんじだいご / 演出助手: 山田真実 / 照明: 松本永(eimatsumoto.Co.Ltd.) / 音響: 平井隆史 / 舞台監督: 村信保(劇団キンダースペース)、新井笙太 / 舞台美術: 吉野章弘 / 制作: 有限会社だるま企画 / 広告デザイン: 松浦周作(株式会社マッシュルームデザイン) / イラスト: 北野愛 / 協賛(敬称略): 高橋孝和子 / 協力(敬称略): CAMINO REALenchante吉本興業、クリオネ、東宝芸能Theatre劇団子内浦純一後援会UPS
公演スケジュール <期間>
2020年1月29日 (水) 〜2020年2月9日 (日)

<公演日・開演時間>
1月29日(水)19:00
1月30日(木)14:00/19:30
1月31日(金)19:00
2月1日(土)14:00/18:00
2月2日(日)14:00
2月3日(月)19:00
2月4日(火)14:00/19:30
2月5日(水)19:00
2月6日(木)14:00/19:30
2月7日(金)19:00
2月8日(土)14:00/18:00
2月9日(日)14:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 1時間40分
チケット 前売:4,000円
当日:4,300円
その他:高校生以下 2,500円 前半割引3,700円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):4,000円
全席自由(高校生以下):2,500円
(税込)

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
会場 下北沢「劇」小劇場
備考
団体概要 役者・脚本家・アナウンサーとして活動し、近年ドラマの脚本(テレビ朝日「特捜9」、NHKBSドラマ等)も手掛ける岩瀬晶子(いわせあきこ)がプロデュースする劇団です。

戦争やいじめ・差別など社会的問題を背景に盛り込みながらも、心にダイレクトに響くような、笑って泣ける密度の濃い作品を作っています。
昭和を舞台にした作品が多く、どこか懐かしさを感じさせる温かい世界観は、世代を問わず、多くの方々から好評を得ています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ