お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ゴツプロ! ゴツプロ!第五回公演 『狭間の轍』〜怒ったってしょうがねぇから、笑ってんだよ。〜

公演期間

2020年1月24日 (金) 〜2020年2月2日 (日)

会場

下北沢 本多劇場

取扱チケット

前売:6,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

※還元方法はご契約のカード会社にお問合せください。



公演情報詳細・注意事項

公演内容 <あらすじ>
明治27年、北海道江差町のはずれにある漁師町。毎年春のニシン漁時期には、東北や北海道の各地から多くの男たちが出稼ぎに来ていた。
 江戸から流れてきた所田朝一(石川よしひろ)は、とある番屋でもっこ担ぎの仕事を得る。中村喜助(佐藤正和)が親方を務めるその番屋では、番頭の立花伊之助(かなやす慶行)、漁師の野村吉松(渡邊聡)と小原正太郎(泉知束)、そして上川三兄弟の長男・一朗太(内谷正文)、次男・玄吾(44北川)、三男・十三郎(塚原大助)が働いていた。十三郎は今年から大船頭に抜擢され、波声船頭の玄吾とともに漁を取り仕切る重要な役割を担うことに。
 大漁祈願の宴会の夜、戦友の玄吾を頼って出稼ぎに来たと言う増毛の漁師・木村長治(浜谷康幸)とその義弟・南遼太(関口アナン)が番屋へやってくる。玄吾の戦場での過去を知る長治は歪んだ想いを抱えていた。
意地、後悔、葛藤、同情、失望、孤独。それぞれの想いが交差し、やがて番屋の存続を揺るがす事態が――。
『怒ったってしょうがねえから笑ってんだよ』
男たちの労働歌が、今日も海に響き渡る。
公演ホームページ https://52pro.info/
出演 塚原大助浜谷康幸佐藤正和泉知束関口アナン内谷正文石川よしひろかなやす慶行渡邊聡44北川 / 【演奏】: 小山豊(津軽三味線小山流三代目)、小山会青年部小湊昭(尺八奏者)
スタッフ 脚本: 竹田新 / 演出: 山野海 / 舞台監督: 金安凌平 / 舞台美術: 田中敏恵 / 照明: 林順之 / 音響: 岡村崇梓 / 演出助手: 山口直子 / 宣伝美術: 柏浩樹(PUNCH 01inc.) / 宣伝写真: MASA HAMANOI / 衣装: YOSHIKI / WEB制作: 山田大悟 / 広報: 木村陵子(Age Global Networks) / 制作進行: 遠藤いづみ / 民謡歌唱指導: 伊藤多喜雄 / 衣装協力: Y. & SONSIKIJI / プロデューサー : 塚原大助
公演スケジュール <期間>
2020年1月24日 (金) 〜2020年2月2日 (日)

<公演日・開演時間>
1月24日(金) 19:00開演
1月25日(土) 14:00開演/19:00開演
1月26日(日) 14:00開演 ☆♪
1月27日(月) 19:00開演
1月28日(火) 14:00開演 ☆/19:00開演
1月29日(水) 19:00開演
1月30日(木)14:00開演/19:00開演
1月31日(金)14:00開演
2月1日(土)14:00開演/19:00開演
2月2日(日)14:00開演♪

♪伊藤多喜雄ミニライブ
☆アフタートーク開催
チケット 前売:6,000円
当日:6,500円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
前売:6,000円
(全席指定・税込)
会場 下北沢 本多劇場
備考
団体概要 【男ばかりのゴツプロ!による、男たちの物語】 小劇場で10年20年活躍する脂の乗った40代男性俳優のみで構成する「ゴツプロ!」。2016年1月の旗揚げ公演以降着実 に人気を集めると、2018年の第三回公演『三の糸』で初めて本多劇場の舞台に立ち、海外進出も果たす。2019年に上演 した第四回公演『阿波の音』では約1年かけて阿波おどりに取り組み、東京・大阪・台北で多くの観客を魅了した。 脚本を担当する竹田新が描くのは、濃厚な人情喜劇。家族、親子、夫婦、兄弟、友達、恋人の間に渦巻く〈情〉を独特の 感性でえぐりだす世界観は、笑いながら泣く、泣きながら笑ってしまうと定評。

関連情報

関連サービス


ページトップへ