お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


パフォーマンスユニットTWT 第7回公演 第2回 江戸まち たいとう 芸楽祭 つか版『忠臣蔵』

公演期間

2020年1月22日 (水) 〜2020年1月26日 (日)

会場

浅草木馬亭

取扱チケット

全席指定(前売):4,500円
※得割(24日15時公演のみ) 4,000円
(税込)

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 「四十七人?死ぬのはその倍、九十四人どす。」
松尾芭蕉の弟子宝井其角は、父の葬儀で出会った”泣き女”の河原乞食志乃に恋をした。が、失恋。芭蕉の弟子もやめ、貧乏長屋のしがない物書きに身をやつし、荒んだ日々を送っていた。
そんなある日、松の廊下で刃傷沙汰を起こした浅野内匠頭の忠臣大石内蔵助が、主君の辞世の句を求めて其角の元を訪ねてきた。内蔵助は主君の切腹後、御家再興か他藩への再就職を考えていたが、其角はこの出来事を仇討ち話に仕立て上げようと、芝居一座も巻き込んだ一大ムーブメントを巻き起こす。
 藩の事よりマイホームのローンを気にする内蔵助。其角の企画を気に入り敵役になりきる善人、吉良上野介。関西の売れっ子サディスト物書き近松門左衛門に、其角を思いやる師匠の芭蕉。
 悪戦苦闘しながらも其角は全てを投げ打ち“忠臣蔵”を作り上げていく。全ては己が愛した、志乃のために……。

「これから始まる物語はフィクションであり、史実、時代考証を超越し、人物関係、生活パターンを無視した現代のドラマである」
これは1982年大晦日の紅白歌合戦の裏側で、本作がテレビドラマとして放映された際、最初に表示されたテロップです。1985年には小説にもなった本作は、皆様が想像する「忠臣蔵」とは全く異なる、あくまで"題材"として「忠臣蔵」を扱った、ユーモア溢れるつかこうへい作品の一つです。今回はテレビシナリオと小説をベースに、舞台用に構成した台本で上演します。
公演ホームページ https://twt.stage.corich.jp
出演 岩田玲渋谷飛鳥大場真人野田孝之輔六川裕史根岸薫子岩義人直江幹太永瀬千裕篠原麟太郎辻畑利紀山本キース孝一一瀬晴来山川琉華四大海滝佳保子渡辺有希森屋正太郎長谷川夏海
スタッフ <原作>: つかこうへい / <構成・演出>: 四大海木村孔三 / <美術デザイン>: 方勝 / <照明>: 石塚瑛美 / <音響>: 櫻内憧海 / <舞台監督>: 杉山小夜 / <舞台監督助手>: 西岡若菜 / <フライヤーイラスト>: おだ系 / <制作>: 綾部果穂 / <制作協力>: スワット事務所
公演スケジュール <期間>
2020年1月22日 (水) 〜2020年1月26日 (日)

<公演日・開演時間>
1月22日(水) 15:00/19:30
1月23日(木) 19:00
1月24日(金) 15:00/19:30
1月25日(土) 14:00/19:00
1月26日(日) 13:00

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約2時間
チケット 前売:4,500円
当日:4,800円
他:得割(24日15時公演のみ) 前売4,000円、当日4,500円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):4,500円
※得割(24日15時公演のみ) 4,000円
(税込)

※チケットの受取方法で電子チケット「モバパス」をご利用いただけます。(※カード決済のみ)
(電子チケット「モバパス」の詳細はこちら
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
会場 浅草木馬亭
備考
団体概要 パフォーマンスユニットTWTは2014年に下北沢の小劇場で旗揚げ公演行ったプロデューサー木村孔三の個人ユニットで、今上演したい作品を時には選び時には自ら書き、これまでに演劇公演を6回とダンス公演を2回上演してきました。既存戯曲の上演は、2018年に上演された唐十郎作『ジャガーの眼』以来2年ぶり2作目の挑戦となります。
当ユニットの公演は老若男女問わず楽しめ、メッセージが伝わる作品創りをおこなっています。小劇場という限られた空間の中で、高い熱量と正確なパフォーマンスを観客に楽しんでいただくことを目指しています。

関連情報

関連サービス


ページトップへ