お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

メインチラシ画像

江戸まちたいとう芸楽祭実行委員会 〜大序から討入まで一気に語り尽くす渾身の舞台〜 遊戯空間「全段通し仮名手本忠臣蔵」【台東区民割引】

公演期間

2020年1月29日 (水) 〜2020年2月2日 (日)

会場

浅草見番

取扱チケット

【台東区民割引】
全席指定:3,500円
(全席自由・税込)

※本公演は、お電話での受付のみとなります。※
【カンフェティチケットセンター:0120-240-540】までお問合せください。

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


※お電話での受付のみ※【カンフェティチケットセンター:0120-240-540】

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ★チケットのご予約は「電話受付のみ」となります。

300年以上日本人が愛してやまない人間ドラマ『仮名手本忠臣蔵』。この10時間にわたる超大作を3時間に凝縮し、古典の良さを生かした現代演劇として再編しました。現代のリズムで展開することで、スピードと密度を両立。同作品の一番の魅力である人間模様にスポットを当て、見た人からは「歌舞伎よりもわかりやすい」「はじめて物語の全貌が理解できた」と言われる作品となっています。2012年木馬亭での公演以降7回目となる今回は、会場を浅草見番に移し、スケールアップして挑みます。乞うご期待!

■イベント詳細■
【仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)とは】

江戸時代の一大事件「赤穂事件(あこうじけん)」をモチーフとした戯曲作品。通称『忠臣蔵』。理不尽な死を受け入れざるを得なかった主君の仇を討つため、何組もの従者、親子、夫婦、兄弟の人生が翻弄されていく、人間ドラマを描いた物語だ。年末のテレビ番組や映画などでよく知られているが、もともとは人形浄瑠璃のヒット作から生まれた、全十一段にも及ぶ歌舞伎の超大作である。

【見どころ】
(1) テレビ版より細やかに描かれる人間模様
今回遊戯空間が演じる『仮名手本忠臣蔵』は、原作を忠実に再現。そのため、テレビでおなじみの登場人物は少しずつ名前を変えて登場する。というのも、モチーフとなった赤穂事件は江戸の一大スキャンダル。当時は直接事件を扱うことができなかったため、名前や設定を、実際のものと変えているのだ。その差に注目することで、当時の時代背景までも楽しむことができる。

また、ストーリー展開もテレビとは少し違う。原作の魅力はなんといってもその「人間模様」。仇討ちする側だけでなく、それに対峙する側の心情も実に細やかに描かれており、それがひとつの群像劇としての面白さを作り上げている。

(2) 戯曲本来の魅力を活かした、密度の濃い脚本
本来、『仮名手本忠臣蔵』といえば、全十一段ある超大作。通しで見るには丸一日費やす覚悟が必要だ。しかし、遊戯空間版『仮名手本忠臣蔵』は、内容の濃さはそのままに、主要人物もあまさず登場させながら、全3時間で上演する。それを可能にしているのは、歌舞伎や文楽に見られる様式的な表現の省略と、ストーリーを中心としたスピーディーな展開。

そのため、歌舞伎の通し上演ですら見ることのできない展開まで収録。「これこそが本当のクライマックスと言うべき」と主宰の篠本氏が語る「仇討ちをしなければならない男とその原因を作ってしまった男、その両家の子どもたちの恋愛が引き裂かれてしまう九段目山科閑居に至るサブストーリー」にスポットを当てた、テレビや歌舞伎よりも一層ドラマティックな作品となっている。

(3) 古典の魅力を現在のリズムで表現
古典芸能は「言葉が難しいから」と見るのを敬遠している人も少なくないはず。そんな人にこそ、本作品をおすすめしたい。遊戯空間の強みは、伝統演劇の優れた点を生かしつつ、時代に愛される作品として蘇らせた現代演劇。今回の『仮名手本忠臣蔵』でも、全編通して古典の言葉を使ってはいるが、スピーディーな展開と現代的なリズム感のおかげでスッと意味が入ってくる。それがたとえ聞き慣れない言葉でも、日本人の根底に眠っているはずの音の響きに、心地よささえ感じるはずだ。

【遊戯空間について】
1988年旗揚げ。主宰・篠本賢一。小劇場、中劇場で、別役実、シェイクスピア、ロルカなど東西の戯曲やイヨネスコ、ベケット、正宗白鳥など前衛的な作品にも挑むなか、2001年、江古田ストアハウス提携公演の近松門左衛門『曾根崎心中』が「日韓アートフェスティバル」に招聘されソウル公演を果たす。中心女優の闘病と早逝により、2002年から三年半活動休止。2005年、和合亮一『あらゆるものからせみが生まれてしまえあらゆるものは脱け殻になってしまえ』で活動を再開後、現代詩と演劇のコラボレーションを模索する「詩×劇」シリーズに取り組む。古典芸能や落語などの舞台化も多数。2012年には『仮名手本忠臣蔵』を全段通して上演する意欲的公演で注目を浴びた。

【ワークショップのお知らせ】
◎特別ワークショップ『仮名手本忠臣蔵 試し読み』
日 時:1月30日(木) 13時〜17時 於:浅草見番
定 員:30名
参加費:2000円(仮名手本忠臣蔵ご観劇の方は1000円)
内 容:出演者が配役を替えて語る、一段を一人で語る、参加者が体験してみるなど、本上演とは違った角度で『仮名手本忠臣蔵』の魅力を掘り下げます。

●参加お申込み
info@yugikukan.com(遊戯空間)件名に『忠臣蔵WS』本文に『氏名、お電話番号』を記入し送信ください。返信をもって予約完了となります。
公演ホームページ http://www.taitogeirakusai.com/winter2019/program5/
出演 佐々木梅治(劇団民藝) / をはり万造内山森彦仲義代渡辺聡(劇団俳優座) / 川野誠一(劇団大樹) / 永尾斎草野峻平大野裕生(劇団民藝) / 川邉史也(劇団銅鑼) / 観世葉子神保麻奈渕野陽子(劇団青年座) / 古田美奈子(劇団東演) / 新藤みなみ(中野成樹+フランケンズ) / 青木恵(劇団櫂人) / 緒方美浮篠本賢一(遊戯空間)
スタッフ 作: 並木宗輔竹田出雲三好松洛 / 構成・演出: 篠本賢一 / 音楽演奏: 若月宣宏(太鼓)、設楽瞬山(尺八)
公演スケジュール <期間>
2020年1月29日 (水) 〜2020年2月2日 (日)

<公演日・開演時間>
01月29日(水) 14:00
01月31日(金) 14:00
02月01日(土) 14:00
02月02日(日) 14:00
※開場は、開演の30分前です。
チケット 一般:4,000円(台東区民割引:3,500円)
学生:2,500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
【台東区民割引】
全席指定:3,500円
(全席自由・税込)

※本公演は、お電話での受付のみとなります。※
【カンフェティチケットセンター:0120-240-540】までお問合せください。
会場 浅草見番
備考 ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
団体概要

関連サービス


ページトップへ