お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


プロトテアトル KAVC FLAG COMPANY 2019-2020参加作品 X X

公演期間

2020年2月14日 (金) 〜2020年2月16日 (日)

会場

神戸アートビレッジセンター

取扱チケット

全席自由(一般):2,800円
全席自由(学生):2,000円
全席自由(高校生以下):1,000円
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 大阪を拠点として活動する劇団、プロトテアトルの九回目の本公演。 今回の作品は、プロトテアトルが近畿大学で上演した、第 2 回本公演「アサ村ショウ一 郎」をリライト、再構成を行い、新作として上演する。 神戸アートビレッジセンター主催の「KAVC FLAG COMPANY」参加作品となる。
~あらすじ~ 山を隔てた隣町では、近く大きなお祭りが行われるらしい。そのためこの街では人が少な くなってきている。
青年は、どこにでもいるようなごく普通の人間だった。 恋をしたり、幸せを夢見たり、 希望を持っていた。 街の中で起きたある事件をきっかけに、青年は変わっていく。 彼から延びた影は、ただただ光へと向かい突っ走る。
公演ホームページ http://www.prototheatre.com/
出演 小島翔太豊島祐貴宇垣サグ(聖なる犬殺し) / 大形駿也(ハコボレ) / 岡田望ガトータケヒロ(シイナナ) / 香川由依たろう(PROJECTおふざけチャン。) / 鶴隹(演劇研究会はちの巣座) / 友井田亮ナカメキョウコ(エイチエムピー・シアターカンパニー) / 浜田渉片彩眞璃(シバイシマイ) / 吉田凪詐(聖なる犬殺し)
スタッフ 作・演出: FO ペレイラ宏一朗 / 演出助手: 有川水紀皆都いづみ(シイナナ) / ドラマトゥルク: 呉光倩 / 舞台監督: 西野真梨子 / 美術: 松本謙一郎 / 音響: 廣岡美祐 / 照明: 幸野英哲(PAC west inc.) / 広報: 若旦那家康(コトリ会議) / 当日運営: (同)尾崎商店 / 宣伝美術: Mock Mop's / 制作: プロトテアトル
公演スケジュール <期間>
2020年2月14日 (金) 〜2020年2月16日 (日)

<公演日・開演時間>
2020 年 2 月 14 日(金)19:00★
2020 年 2 月 15 日(土)13:00 18:00☆
2020 年 2 月 16 日(日)13:00 17:00
★・・・初日割あり
☆・・・アフタートーク(KAVC FLAG COMPANY 関連企画) 
全5ステージを予定
※各回、受付開始時刻は開演の45分前、開場時刻は開演の30分前です。
チケット 一般 2,800円、学生 2,000円、高校生以下 1,000円
初日一般 2,300円、初日学生 1,800円、初日高校生以下 500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(一般):2,800円
全席自由(学生):2,000円
全席自由(高校生以下):1,000円
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
会場 神戸アートビレッジセンター
備考
団体概要 2013 年 6 月、主宰 FOペレイラ宏一朗を中心に近畿大学に通う同級生で旗揚げ。扱う作品に決まった形はないが、誰もが共感できる出来事を扱うことが多い。静かでリアルな会話を主とし、観客の過去の思い出や経験を呼び起こす。「借景」に似た作り方をしている。
短編演劇祭『フェスティバル』など、本公演だけでなく独自の企画や、ペレイラの母校でもある京都の夜間定時制高校を舞台にした作品で学校公演なども行っている。
2015年、第四回本公演『ノクターン』がウイングカップ 5 最優秀賞を受賞。
2019年、第七回本公演『どこよりも遠く、どこでもあった場所。あるいは、どこよりも近く、何もない。』が第26回OMS戯曲賞の最終候補にノミネート。

関連情報

関連サービス


ページトップへ