お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団青い鳥ショートショートシアター 普通の人々【沖縄公演】

公演期間

2020年3月4日 (水)

会場

那覇市ぶんかテンブス館 テンブスホール

取扱チケット

一般:2,500円
大学生:1,500円
中高生:1,000円
小学生以下:500円
(全席自由・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

※還元方法はご契約のカード会社にお問合せください。



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

木ノ下歌舞伎 『三人吉三』のチラシ画像

木ノ下歌舞伎 『三人吉三』

2020年5月30日 (土) 〜2020年6月7日 (日)

東京芸術劇場 プレイハウス

ともだちや-あいつもともだち-のチラシ画像

ともだちや-あいつもともだち-

2020年5月5日 (火・祝)

横浜市戸塚区民文化センター さくらプラザホール

長雨と伽藍のチラシ画像

長雨と伽藍

2020年4月8日 (水) 〜2020年4月12日 (日)

中野ザ・ポケット

坂本龍馬アフター「刺客の娘」「葉蔭の露」のチラシ画像

坂本龍馬アフター「刺客の娘」「葉蔭の露」

2020年4月16日 (木) 〜2020年4月19日 (日)

早稲田小劇場どらま館

歳月/動員挿話のチラシ画像

歳月/動員挿話

2020年3月17日 (火) 〜2020年3月29日 (日)

文学座アトリエ


公演情報詳細・注意事項

公演内容 喫茶店で対峙するアンバランスな男と女
長い歳月をともにした夫婦が隠し続けた心の襞と部屋の壁
夜の帳が覆う河べりの道。ひとりぼっちで歩く少年が出会った暖かな奇跡
三人の役者が11人の役を演じ分け、まるで本のページをめくるように五つの物語を紡いでいく

2015年に東京を出発、大阪、茨城、鹿児島へ
2017年に東日本大震災の被災地、宮城、岩手へ
東北を旅する中で出会った東北の普通の人々。
その人たちが乗り越えなくてはならなかった予期せぬ悲しみや苦しみ、
それをかかえながら生きる姿勢に遭遇して、この作品は育てられた。

2020年劇団青い鳥として20年ぶりに訪れる沖縄を経て
東京に戻る

【あらすじ】
市井の人々の会話の断片に見え隠れする人間の建前と本性を鮮やかに描く。
喫茶店で対峙する謎の女と初老の男性『ゴス・ロリに祈る』
長年連れ添った夫婦には知られてはいけない秘密がある『サラサラ』
無骨な舞台俳優と付き人の物語『Sir.K』
漆黒の夜に出会う少年と女性が心を添わせる『漆黒のお月さま』
もう別世界へいってしまった母を見つめる息子を描いた『waterloo bridge』
一見何のつながりもないように見える五つの物語を、演出の芹川藍がその奥底にある人間の心理を浮き彫りにしながら一つの糸でつないでいく。
公演ホームページ http://aoitori.org/2019/12/10/001-5/
出演 天光眞弓葛西佐紀天衣織女
スタッフ 作: 天衣織女 / 演出: 芹川藍
公演スケジュール <公演日>
2020年3月4日 (水)

<公演日・開演時間>
03月04日(水) 18:30開演(18:00開場)
チケット 一般:2,500円 当日:3000円
大学生:1,500円
中高生:1,000円
小学生以下:500円
(全席自由・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
一般:2,500円
大学生:1,500円
中高生:1,000円
小学生以下:500円
(全席自由・税込)

会場 那覇市ぶんかテンブス館 テンブスホール
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ