お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ会員100万人突破キャンペーン

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


オフィスコットーネ レパートリーシアター 「山の声 ーある登山者の追想ー」【東京公演】

第16回OMS戯曲賞大賞作品

公演期間

2020年3月25日 (水) 〜2020年3月29日 (日)

会場

Space早稲田

取扱チケット

一般:3,800円
(全席自由・整理番号付・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

※還元方法はご契約のカード会社にお問合せください。



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

三遊亭円楽独演会のチラシ画像

三遊亭円楽独演会

2020年6月21日 (日)

関内ホール 大ホール

舞台「ニューロストレガシー」[東京]のチラシ画像

舞台「ニューロストレガシー」[東京]

2020年3月26日 (木) 〜2020年3月29日 (日)

テアトルBONBON

伝えたいことはヤマほどあるが、今ナニを言えばいいのか分からないのチラシ画像

伝えたいことはヤマほどあるが、今ナニを言えばいいのか分からない

2020年3月18日 (水) 〜2020年3月22日 (日)

ウッディシアター中目黒

組踊公演 「伏山敵討」のチラシ画像

組踊公演 「伏山敵討」

2020年2月22日 (土)

国立劇場おきなわ 大劇場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 「人は死を賭けてまで何故、山に挑み続けるのか―――」

2009年不慮の事故により48歳という若さで世を去った大阪の劇作家・大竹野正典さん。彼の遺作であり 最高傑作である「山の声」を上演致します。

本作品は、小説「孤高の人」のモデル登山家・加藤文太郎の生き様と厳冬期槍ヶ岳の遭難事故をモチー フに描いています。昭和初期、社会人登山家としての道を開拓し、果敢に独り雪山に挑戦し続けた加藤文 太郎。いかなる場合でも周到な計画のもとに単独行動する彼が、岳友・吉田登美久と共に槍ヶ岳で消息を 絶ったのは、昭和11年の厳冬だった・・・。

「人は死を賭けてまで何故、山に挑み続けるのか―――」彼のこの果てしない問いかけはやがては「人は何故、生きるのか」という普遍的なテーマに繋がっていくのです。
公演ホームページ http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/repertoryTheater/yamanokoe_202003.html
出演 登山者1: 河野洋一郎 / 登山者2: 山田百次
スタッフ 作: 大竹野正典(くじら企画) / 演出: 綿貫凜
公演スケジュール <期間>
2020年3月25日 (水) 〜2020年3月29日 (日)

<公演日・開演時間>
03月25日(水) 19:00★
03月26日(木) 15:00★
03月27日(金) 19:00★
03月28日(土) 14:00 / 18:00★
03月29日(日) 11:00 / 15:00
※開場は開演の20分前 受付開始は開演の30分前

★…毎回終演後、ミニイベントあり。内容は決まり次第コットーネHPにて発表いたします。
チケット 一般:3,800円
シード(U-25歳) :2,500円
シニア(65歳以上) :3,500円
高校生以下:1,000円
(全席自由・整理番号付・税込)
※すべて前売・当日共

<カンフェティ取扱チケット>
一般:3,800円
(全席自由・整理番号付・税込)
会場 Space早稲田
備考 ※未就学児童の入場はご遠慮ください。
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ