お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


劇団グスタフ 劇団グスタフプロデュース公演vol.134 泉鏡花傑作選 夜叉ケ池

公演期間

2020年7月10日 (金) 〜2020年7月12日 (日)

会場

シアターグスタフ

取扱チケット

一般(前売):4,500円
500円割引! 一般4,500円 → カンフェティ席4,000円!
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

『グッバイ・エイリアン』★当日引換券のチラシ画像

『グッバイ・エイリアン』★当日引換券

2020年7月8日 (水) 〜2020年7月12日 (日)

草月ホール

GOHCAGO 〜御加護〜のチラシ画像

GOHCAGO 〜御加護〜

2020年7月10日 (金) 〜2020年7月19日 (日)

中目黒キンケロ・シアター

12人の怒れる男〜東京公演〜のチラシ画像

12人の怒れる男〜東京公演〜

2020年7月23日 (木・祝) 〜2020年8月2日 (日)

新宿シアターモリエール

バクステ!3rd stage.のチラシ画像

バクステ!3rd stage.

2020年7月29日 (水) 〜2020年8月10日 (月・祝)

赤坂レッドシアター

√のチラシ画像

2020年7月23日 (木・祝) 〜2020年8月2日 (日)

下北沢 ザ・スズナリ


公演情報詳細・注意事項

公演内容 幻想的で有りながら人間の愚かさを美しい言葉と、妖怪と人間という対立構造で見事に描くその世界観に魅了され、主演した渡邉宰希が昨年初めて挑んだ傑作「天守物語」に続いての主演。
シアターグスタフの高さ7mの天井高、2階建て作りの装置をフルに活かし、これまでにない泉鏡花の幻想世界が抱演出によってリアルに表出され大好評を博した「天守物語」に続き、傑作選として「夜叉ケ池」に挑む。

あらすじ
激しい日照りが続いたある夏の日、ある村に諸国を旅する山沢学円という学者兼・僧侶がくる。そこで出会った百合という美しい女性に山沢は、萩原晃という友人の学者が行方知れずになり、その足跡を辿って諸国を旅しているのだと語る。が実は百合の夫こそ萩原であり、萩原は自分がこの地に住み着いたいきさつを語る。
その昔、大水を起こしていた龍神を行力によって、山中にある夜叉ヶ池に封じ込めた時、人間との誓いを龍神に思い出させるために、村では昼夜に三度鐘を鳴らす決まりになっているという。この決まりを守っていた老人が死んだため、その意志を継ぐべく百合と結婚して村に留まり、鐘を撞いているのだと。
夜叉ヶ池の龍神・白雪姫は、遠く離れた剣ヶ峰の恋人のところに行きたくて仕方がないが、彼女が動くと大洪水となってしまう為、眷属たちが止めるのと萩原と百合が鐘を撞くのを疎ましく思っていた。
その頃、村では代議士・神官・村長達が雨乞いのため龍神への生贄に百合を連れ去ろうとしていたのだった・・・。

お客様へのお願い
●新型コロナウィルス感染防止対策として
 お客様が安心してご観劇いただけるよう以下の対応を取らせていただきます。
 何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。
・ご来場者様全員、マスクのご着用をお願いいたします。
・受付時、手洗い、手指の消毒(劇場側でご用意します)、及び体温測定をさせて頂きます。
・当日、発熱(微熱含む)・咳等感染の疑いがある方は、ご入場できません。
 入金済みの場合は其の場でチケット代金の払い戻しをいたします。
・受付及び、場内スタッフは全員マスク、手袋着用で御対応させて頂きます。
・開演間際は受付が混み合いますので、密集を避けるためにも
 時間に余裕をもってご来場ください。
・出演者との面会はご遠慮ください。
 当日出演者へのメッセージカードを御用意します。そちらも是非ご利用下さい。

●会場の感染防止策について
 密室・密集・密接に対しての対応
・開演前、及び上演中、終演後まで空気の滞留がないよう
 場内の空調、換気を常に行い密室にならないようにします。
・客席の前後、左右に間を空けて設置。お客様同士の接触を減らします。
・ご入場、退場の際、瞬間的に密集が起きないように、
 係員の誘導に従い、順番にご入場、ご退室頂きます。
・又、開演前の劇場ホワイエでのお客様同士の密集、密接を避ける為に
 ドリンク及び、軽食の販売を中止させて頂きます。
 ドリンクは劇場外に自動販売機がございます。そちらをご利用ください。
公演ホームページ http://www.gustaf-art.com/
出演 渡邉宰希今井尋也小池剛太郎丹聡 / 南風ゆり / 山本琢也高橋亮太郎西海勝次平田こころ中山萌美桜庭なな山本淳子元舞他予定
スタッフ 原作: 泉鏡花 / 脚色: わたなべ佳英 / 演出: 抱晴彦 / 音楽:生演奏: 今井尋也(小鼓) / 照明: サウンド工房輪と和 / 舞台美術: KAKAE組、村井重樹 / 衣裳・小道具: 劇団グスタフ / かつら: 株式会社山田かつら / 企画・制作・主催: 株式会社グスタフ / 協力: サンプロモーション有限会社J-beansスペースクラフト・エンタテインメントぱるエンターテインメント株式会社
公演スケジュール <期間>
2020年7月10日 (金) 〜2020年7月12日 (日)

<公演日・開演時間>
7月10日(金) 18:30
7月11日(土) 13:00/17:30
7月12日(日) 13:00/17:30

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約1時間半
チケット 前売:
プレミアム席(振込)6000円(特典 最前列席及び衣チェキ撮影)
一般(振込)4500円

当日:
当日券4800円

(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
一般(前売):4,500円
500円割引! 一般4,500円 → カンフェティ席4,000円!
(税込)

【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。※「モバパス」をご利用の場合、チケット買戻しサービス対象外となります。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら

カンフェティ席とは?
会場 シアターグスタフ
備考
団体概要 創立1994年。「演劇は精神を癒し、心を豊かにする文化活動である」を理念に掲げ活動。
作品はあくまでもドラマ性を重視し、作品中には生と死、生きる希望を描き込み、社会問題も取り入れ心揺さぶる作品作りを目指す。近年は特に時代劇に力を入れ、日本の伝統芸能との融合を図る革新的な舞台創作を行う。国の重要有形文化財である矢来能楽堂等で初の時代劇と能楽の融合劇「夢幻能劇」を上演し、以後、能楽堂での演劇作品の上演を意欲的に行う。演劇を通じて伝統芸能の発展に貢献すると共に、本物の日本文化の継承と発展、発信を目指す。
2000年に、東京都狛江市に専用スタジオを構え、創作活動に集中できる環境の中で良質の舞台作品つくりを目指す他、若手の育成、本物の殺陣の指導、ワークショップも行っている。

201-0002 東京都狛江市東野川1-5-17  03-5497-6996
所属者
磯村みどり 渡邉宰希 高槻純 南風ゆり 高橋亮太郎 西海勝次 他
劇団グスタフ 代表・演出家 抱晴彦
【株式会社グスタフ】大由鬼山(尺八奏者) 黒田月水(土佐琵琶奏者)

これまでの上演作品(抜粋)演出は全て抱晴彦  
これまでの上演作品数は130作品を超える(2020年1月現在)
海外戯曲 
「令嬢ジュリー」「強き者」「父」「恋の火遊び」「夢の劇」「ヘム島の住人」他 作:A、ストリンドベリィ
       以上全て、スウェーデン大使館内にて上演。
  「サロメ」 「アルジャーノンに花束を」
  「かもめ」「三人姉妹」 
  「ハムレット」「ロミオとジュリエット」  
  「ガラスの動物園」「欲望という名の電車」 
  「思い出のブライトンビーチ」「裸足で散歩」他多数
日本作家
泉鏡花「天守物語」
森本薫作[みごとな女」
川端康成原作「妹の着物」
三島由紀夫、宮沢賢治、坂口安吾等 他多数 
★オリジナル (脚本・脚色 わたなべ佳英)
 「真田十勇士 義に生きる兵」 戦国時代劇
「夢幻能劇シリーズ」伝統芸能能楽と本格時代劇の融合
「野望の時代」 矢来能楽堂
「野望の時代2」「夢の淵」「明智光秀」 梅若能楽学院会館 
 「飛鳥に咲く」古代飛鳥時代、大化の改新から壬申の乱までを描いた王朝絵巻 
 「月まんじゅう」 原作「高瀬舟」森鴎外作、脚色:わたなべ佳英
 「一瞬を生きる君へ 知覧からの手紙」特攻隊と女学生の出会いと別れを描いた群像劇

関連サービス


ページトップへ