お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Go Toイベントキャンペーンでおトクに楽しもう!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


ソロデビュー20周年 上妻宏光「生一丁!」Tour 2020-2021 “伝統と革新”

公演期間

2020年9月12日 (土)

会場

スターツおおたかの森ホール

取扱チケット

全席指定:6,000円(税込)

※未就学児入場不可
※新型コロナウイルス感染症防止対策のため、定員の50%で販売します。
(今後の状況により変更になる場合があります)
※密着・密集を避けるため、当日会場にて同列内にてお席の移動をお願いする場合があります。予めご了承ください。
※前売の時点でチケット完売の場合、当日券販売はありません。


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



公演情報詳細・注意事項

公演内容 2020年、原点回帰。

通算100公演を数える「生一丁!」Tourが、5年ぶりに決定!

数々の津軽三味線大会で優勝するなど輝かしい実績を持ち、
ジャンルを超越して国内外の様々なアーティストと共演しながら伝統楽器の可能性を追求してきた上妻宏光。

真骨頂である津軽三味線の一流の技術と“生音”の響きを体感できるプレミアムな公演を体感して欲しい!


〜上妻宏光「生一丁!」について〜

津軽三味線は元々、“門付け”(かどつけ)という家々の前で三味線を弾いたり、唄ったりして、お金や食べ物を貰ったりする芸から始まったと言われている。

新潟に、瞽女(ごぜ)という盲目の女性達が“門付け”をしながら津軽に流れて行き、津軽で唄や踊りを取り入れた民謡の一座を組まれるようになったことから、各地で演奏が行われるようになった。  

それまで伴奏楽器であった三味線の前弾きが、(唄の前奏に入るアドリブ)聴衆の心を掴み、ソロ楽器として認められるようになった。

現在、伝統楽器の演奏もスピーカーを通し聴かせるのが大半であり、“生音”で聴く機会もほとんどなくなってしまった。

上妻宏光は、“洋楽器と三味線の融合による進化の可能性”を追求すると反面、三味線の歴史を考えたときに“生音にこだわる自分”がいてもいいとの思いから、このツアーを行っており、通算公演数は100公演を超えている。
公演ホームページ https://agatsuma.tv/contents/313861
出演 上妻宏光
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2020年9月12日 (土)

<公演日・開演時間>
09月12日(土) 13:30開場/14:00開演
チケット 全席指定:6,000円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:6,000円(税込)

※未就学児入場不可
※新型コロナウイルス感染症防止対策のため、定員の50%で販売します。
(今後の状況により変更になる場合があります)
※密着・密集を避けるため、当日会場にて同列内にてお席の移動をお願いする場合があります。予めご了承ください。
※前売の時点でチケット完売の場合、当日券販売はありません。
会場 スターツおおたかの森ホール
備考 ■お問合せ
スターツおおたかの森ホールチケットセンター
04-7186-7638(8:30〜22:00)
※受付時間は変更になる場合があります。
団体概要

関連サービス


ページトップへ