お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

メインチラシ画像

秋篠音楽堂運営協議会 強靱なパワーとテクニックは20世紀のピアニストとして尊敬されている ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル

公演期間

2021年4月18日 (日)

会場

秋篠音楽堂

取扱チケット

全席指定(前売):5,000円(税込)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


この公演は終了しました。
他の公演を検索するには、ページ上部の
検索窓にキーワードを入力して下さい。

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・検温や体調確認をお願いします。
   ※37.5度以上の発熱がある場合は、来館をお断りいたします。
    非接触型体温計にて体温を計測させていただきます。
・マスクの着用をお願いいたします。
・備え付けの消毒液にて手指消毒を必ず行ってください。
・来場者の距離の確保のため、間隔を空けてお並びください。
・チケットの裏面に「お名前」「ご住所」「電話番号」をご記入いただき、
 「チケット回収箱」にお入れください。
    ※途中退出時には「再入場券」をお渡しします。
・状況によっては、入場制限をさせていただく場合がございます。
・客席は、ソーシャルディスタンスの確保のため、使用できない席があります。
・クロークはご利用できません。
・プレゼントの受け渡し、お預かりはできません。ご了承下さい。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 お客様各位

平素は、秋篠音楽堂をご愛顧賜り、ありがとうございます。

2021 年 3 月 14 日(日)に開催を予定していた「ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル」は、日本国政府による緊急事態宣言に伴う入国制限の影響により、公演日を 4 月 18 日に延期しての開催を予定しておりました。しかし、このたび緊急事態宣言の2週間の延長により、外務省によるビザ発給等、入国に要する諸手続きのスケジュールが大幅に遅れることとなり、また、もし入国出来たとしてもゲルバー氏の身体的な負担も考慮され、今回のゲルバー氏の日本公演の全日程がキャンセルされることとなりました。

公演を楽しみにされていた皆様には、心よりお詫び申し上げます。

事情をご賢察いただき、ご了承賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

秋篠音楽堂運営協議会


---------------------------------------------------------------------

【プログラム】

ベートーヴェン:  Beethoven:
ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 op. 27-2 「月光」
Piano Sonata No. 14 in c-sharp minor, op. 27-2 “Moonlight”
ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 op. 53 「ワルトシュタイン」
Piano Sonata No. 21 in C Major, op. 53 “Waldstein”
----------------
ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調 op. 28 「田園」
Piano Sonata No. 15 in D Major, op. 28 “Pastoral”
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 op. 57 「熱情」
Piano Sonata No. 23 in f minor, op. 57 “Appassionata







公演ホームページ http://www.akishino-ongakudo.com/
出演 Bruno Leonardo Gelber
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2021年4月18日 (日)

<公演日・開演時間>
2021年4月18日(日)15:00開演

※開場は、開演の60分前です。
チケット 前売:5,000円
当日:5,500円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):5,000円(税込)
会場 秋篠音楽堂
備考
団体概要 オーストリア、フランス、イタリアの血を引く音楽家の両親のもとにアルゼンチンに生まれる。3歳半のとき母からピアノの手ほどきを受け、母は彼の生涯を通じて最も重要な音楽的影響を与えることになる。5歳でアルゼンチンでの初めての公開演奏を行った。しかし、7歳の時、重い小児麻痺にかかり、1年以上まったく寝たきりの生活を送ったが、両親はベッドの上でも弾けるようにピアノを改造し、ゲルバー少年は練習を続けることができた。15歳の時にはロリン・マゼール指揮の下、シューマンの協奏曲を演奏してゲルバーの名は南米中に知れ渡った。19歳でパリに留学。彼の演奏を聴いたマルグリット・ロンは「あなたは私の最後の、しかし最高の生徒になるでしょう」と語った。彼女からロン=ティボー国際コンクールへの出場を勧められたゲルバーは、第3位に入賞したが、彼こそ優勝にふさわしいとする聴衆とマスコミの間で大いに物議を醸した。日本には1968年以来たびたび来日しており、2011年には70歳記念ツアーを全国11か所で開催、喝采を浴びた。

関連サービス


ページトップへ