お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


観世九皐会 観世九皐会2月定例会

公演期間

2021年2月14日 (日)

会場

矢来能楽堂

取扱チケット

正面席(前売):5,500円
脇・中正面席(前売):4,400円
学生席(前売):2,200円
(税込)


  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について

カンフェティカード会員募集中!



この公演での新型コロナウィルス(COVID-19)感染予防の取組み

・体調不良の方は当日でもご来場をお控えください。
・ご入場の際と館内では、上演中も含め、必ずマスクをご着用ください。
・入口にて手指のアルコール消毒と検温にご協力下さい。
・37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りさせていただきます。

・受付の際は、他のお客様との間隔を充分にとってお並びください。
・チケット半券のもぎり・パンフレットのお受け取りは、入場の際にご自身でお願いを致します。
・感染防止のため、喫茶室は閉室とさせていただきます。場内でのお食事はご遠慮下さい。

・公演の前後および休憩中には会場内の換気をいたします。
・開演時間に遅れてご入場の方へは、別のお席を指定してお座りいただく場合がございます。
・ドアノブ、座席のひじ掛け等は公演前後にアルコール消毒を致します。
・ブランケットの貸出は当面いたしません。
・お席によっては空調が強く当たるところがございます。ご自身にて上掛け等をご持参ください。
・矢来能楽堂のお手洗いは数が大変に限られております。
なるべくご来場前にお済ませ頂き、公演前後や休憩中のお手洗いのご利用は、間隔をあけてお並びください。

・出演者、スタッフの検温ならびに体調確認を日々行っています。
・スタッフは、マスク・フェイスシールド・手袋等を着用させていただきます。

・上演にあたっては舞台上も出演者の感染予防対策を講じた形式での上演とさせていただきます。演目によっては上演時間短縮のための演出を行います。
・ご希望の方へは、フェイスシールドを貸出いたします。受付へお申し出ください。
・場内換気のため、上演中もロビーとの扉は開けさせていただきます。
・防音完備ではございませんため、屋外の音がご鑑賞の妨げになることがございますが何卒ご了解ください。
・上演中でもご気分の悪い方はご遠慮なくお席をお立ち下さい。
・1回目2回目とも続けてご覧になる方も、一旦退館をお願いいたします。

・出演者へのご面会、お差し入れは当面の間、ご遠慮ください。お呼び出しや受付でのお預かりもお断りいたします。
・ご来場の際「お名前・ご連絡先」等のご記入の協力をお願いする場合がございます。
・万一、来館者ならびに出演者・スタッフに感染が疑われる者が後日、発生した際は、所轄の保健所へご来場者様情報を提出させていただく場合がございます。

※この情報は公演主催者より提供を受けたものであり、カンフェティが実施を確認したものではございません。

公演情報詳細・注意事項

公演内容 【第1部】能「鶴亀」つるかめ
 新春、唐の朝廷では新年最初の四季の節会(季節の節目に行われる集会)が催される。そして、都の不老門において、皇帝(シテ)がお出ましになられ、役人や高官だけでなく、諸国万民も拝賀する。宮殿の庭園は金銀珠玉や錦などできらめき、池の汀には鶴と亀が戯れ遊んでいる。そのうちに大臣(ワキ)が、例年のように鶴と亀を舞わせ月宮殿にて舞楽を奏せられるよう、皇帝に申し上げると、緑の亀と丹頂のの鶴は共に舞い、千年万年の齢を皇帝に授け奉る。それを御覧になった皇帝は喜びのあまり、直々に舞楽を舞わせられるのであった。

【第2部】能「葵上」あおいのうえ
 左大臣の息女で、光源氏の正妻の葵上が、近頃病に臥せっていた。高名な僧に様々な加持祈祷を試させても一向に良くならない。原因を突き止めるために官人(ワキツレ)は、照日の前(ツレ)という、有名な梓巫女(梓弓という小弓を用いて神懸り、口寄せ、占等を行う祈祷師)を召出す。巫女が梓弓を鳴らし、呪文を唱えると、破れ車に乗った六条御息所の生霊(シテ)が現れる。御息所は源氏の愛を失った恨みを述べ、葵上に祟りをなそうとする。巫女が心を鎮めようとするも、御息所は嫉妬心を益々募らせ、葵上を連れて行こうとする。(物着)
そこで官人は急使(アイ)を立て、横川の小聖(ワキ)を呼び迎える。小聖が加持を行うと、御息所の怨霊(シテ)が鬼形となって現れ、なおも葵上を祟ろうと床に迫る。しかし怨霊は、小聖の必死の祈祷により祈り伏せられ、この世の苦しみから解放される。
公演ホームページ http://yarai-nohgakudo.com/
出演 第1部: 観世喜之 奥川恒成石井寛人森常好梅村昌功野口琢弘野村万作一噌庸二幸正昭亀井忠雄三島元太郎永島忠侈観世喜正長山耕三 桑田貴志、ほか / 第2部: 中森健之介河井美紀舘田善博野口能弘野村裕基八反田智子森澤勇司柿原光博大川典良中森貫太鈴木啓吾中所宜夫石田幸雄野村万作、ほか
スタッフ 観世九皐会
公演スケジュール <公演日>
2021年2月14日 (日)

<公演日・開演時間>
2月14日(日)
【第1部】12:30開演
【第2部】15:00開演

※開場は、開演の30分前です。
※上演時間 約1時間30分
チケット 前売:正面席5,500円 脇・中正面席4,400円 学生席2,200円
当日:正面席5,500円 脇・中正面席4,400円 学生席2,200円
(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
正面席(前売):5,500円
脇・中正面席(前売):4,400円
学生席(前売):2,200円
(税込)
会場 矢来能楽堂
備考
団体概要 東京・神楽坂の「矢来能楽堂」(国の登録有形文化財)を所有する、能楽観世流の演能団体。当主は観世喜之。
毎月第二日曜日に矢来能楽堂にて定例公演を行っている。

この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

若竹能 7月公演のチラシ画像

若竹能 7月公演

2021年7月25日 (日)

矢来能楽堂

月浪能のチラシ画像

月浪能

2021年2月14日 (日)

宝生能楽堂

祝祭大狂言会2021のチラシ画像

祝祭大狂言会2021

2021年4月25日 (日)

フェスティバルホール


関連情報

関連サービス


ページトップへ